サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 芸術・美術の通販
  5. ありな書房の通販
  6. 光彩のアルストピア レオナルド・ダ・ヴィンチからミケランジェロへの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

光彩のアルストピア レオナルド・ダ・ヴィンチからミケランジェロへ
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/01/21
  • 出版社: ありな書房
  • サイズ:22cm/306p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7566-1964-8
  • 国内送料無料

紙の本

光彩のアルストピア レオナルド・ダ・ヴィンチからミケランジェロへ (イタリア美術叢書)新刊

著者 足達 薫 (責任編集・著・監修),遠山 公一 (著),喜多村 明里 (著),出 佳奈子 (著),金山 弘昌 (著),伊藤 博明 (著),石井 朗 (企画構成)

「盛期ルネサンス」をテーマに、イタリア美術の流れを作品論を通して読み直す論考集。15世紀末〜16世紀初頭のイタリアの絵画、建築、文学について、多角的な視点から捉え直し、同...

もっと見る

光彩のアルストピア レオナルド・ダ・ヴィンチからミケランジェロへ (イタリア美術叢書)

5,184(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「盛期ルネサンス」をテーマに、イタリア美術の流れを作品論を通して読み直す論考集。15世紀末〜16世紀初頭のイタリアの絵画、建築、文学について、多角的な視点から捉え直し、同時代の広い文脈のなかにおいて再検討する。【「TRC MARC」の商品解説】

本書での分析がもたらす美的発見は、一五世紀末から一六世紀にかけてのイタリアで、文化的創造の過程においてひとつの変容が起きていたと考えられることである。レオナルド、ラファエッロ、コレッジョやアラルディ、ティツィアーノ、ミケランジェロ、そしてアルド・マヌーツィオと著述家たちは、いずれも、求められた課題──作品の規模、技法と素材、フォーマット、必要な機能、受容者の文化経験および知的背景、等々──に対して、先例や古代からの伝統の力を借りつつ、それぞれおびただしい新機軸と新創意を注ぎこんでいた。それらの過程では、しばしば美術家が、もはや注文者やパトロンのための奉仕者の立場にとどまらない能動的な存在として立ち現われている。「時代の眼」の提唱者であるバクサンドールによれば、一五世紀イタリアでは、概して美術家の立場はパトロンや注文者よりも弱く、かなり窮屈な環境で制作せざるをえなかったと想像されるが、本書で浮彫りにされる美術家たちは、しばしば、注文者やパトロンよりも一歩先、あるいは一段上の場所から作品の機能と意味をとらえて創造していた。食堂でのイメージの機能を刷新したレオナルド、円形フォーマットの魔術的力を操作したラファエッロ、酒神バッコスのイメージと観者のあいだに意味と身体の反映現象をつくりだしたティツィアーノたち、建築そのものを文化的議論の文脈におけるマニフェストに変えたミケランジェロは、いずれもすでにアーティスト(artist)と呼ばれる能動的創造者に変身しているように感じられる。本書で描かれた美術家たちの事例は、一五世紀イタリアにおける「時代の眼」のさらに先に第二のフェーズが現われたことを告げている。本書で再構成された多様な「時代の眼」は、ルネサンスという概念そのものの正当性や適用をめぐる議論に対して具体的な事例の光をあてるとともに、前近代における多様な文化的因子とその記憶を現代において再び想い起こすためのリソースになる。美術史学者ジョン・シアマンの、そして小説家フォースターの、助言を想い起こしながら、過去と現在を「」という言葉を本書のモットーとして最後に掲げよう。【商品解説】

目次

  • プロローグ 光彩の時代──盛期ルネサンスのイタリア美術再考  金山弘昌
  • 第1章 レオナルド・ダ・ヴィンチ《最後の晩餐》──誰が見たのか  遠山公一
  • 第2章 ラファエッロ・サンツィオの《聖母子》像──個人礼拝用板絵の〈聖母子〉と〈書物〉をめぐって  喜多村明里
  • 第3章 女子修道院のなかのルネサンス──サン・パオロ修道院と古代神学的思考  足達薫
  • 第4章 眠れるアリアドネ、あるいは嘆称にたる美──ティツィアーノ《アンドロス島の人々》における裸婦図をめぐって  出佳奈子
  • 第5章 「多様かつ新奇な方式で」──サン・ロレンツォ聖堂新聖具室における建築家ミケランジェロ  金山弘昌
  • 第6章 文化的 アルド・マヌーツィオと『ポリーフィロの愛の戦いの夢』の謎  伊藤博明
  • エピローグ アルストピアの第二フェーズ──盛期ルネサンスの「時代の眼」  足達薫
  • 人名索引

収録作品一覧

光彩の時代 金山弘昌 著 7−8
レオナルド・ダ・ヴィンチ《最後の晩餐》 遠山公一 著 9−48
ラファエッロ・サンツィオの《聖母子》像 喜多村明里 著 49−98

著者紹介

足達 薫

略歴
弘前大学人文学部教授/イタリア美術史

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2019/01/28 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

芸術・美術 ランキング

芸術・美術のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。