サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 技術・工学・農学の通販
  4. 農学・農林水産業の通販
  5. 誠文堂新光社の通販
  6. 秘伝・鈍穴流「花文」の庭 慶応元年、近江に咲いた造園業の源流と展開・魅力を探るの通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/04/09
  • 出版社: 誠文堂新光社
  • サイズ:26cm/407p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-416-61812-7
  • 国内送料無料
アート本

紙の本

秘伝・鈍穴流「花文」の庭 慶応元年、近江に咲いた造園業の源流と展開・魅力を探る

著者 近藤 三雄 (編著),山村 文志郎 (著),山村 眞司 (著)

慶応元(1865)年、滋賀県近江の地で創業した「花文造園土木株式会社」。江戸末期の作庭家・勝元宗益の起こした「鈍穴流」を継承し、今に至るまで153年、造園業を営む「花文」...

もっと見る

秘伝・鈍穴流「花文」の庭 慶応元年、近江に咲いた造園業の源流と展開・魅力を探る

税込 6,380 58pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

慶応元(1865)年、滋賀県近江の地で創業した「花文造園土木株式会社」。江戸末期の作庭家・勝元宗益の起こした「鈍穴流」を継承し、今に至るまで153年、造園業を営む「花文」の足跡を多数の庭園写真と共に辿る。【「TRC MARC」の商品解説】

慶応元年に創業し、由緒正しい作庭流派「鈍穴流」の継承者である
造園業「花文(はなぶん)」のルーツから現代に至る150有余年の業績(作品)と営み(生活史)を
秘伝書や大福帳等から説き明かした造園家必読の一大叙事詩!

「花文」こと山村家は、
五代150有余年にわたり営々と滋賀県東近江市五個荘金堂の地で造園業を営んでいる。
特に明治から昭和の初期にかけては雪月花を愛でる100指に余る「近江商人」の本邸・別荘ならびに有名社寺の作庭を手がけてきた。
その出来映えは「鈍穴の庭」として専門家からも高い評価を得ている。

本書は、山村家に代々保管されている開祖・勝元宗益直筆の秘伝書・自叙伝や庭景図(日本最古の部類の庭園設計図)
ならびに歴代「花文」の代表的庭園作品39選、それらを支えた一子相伝の伝統工法や造園道具類の解説。
また、それぞれの庭園ごとに使用された庭園材料(庭石、燈籠、植木等)の種類や単価等が克明に記録されている「大福帳」も掲載。
さらには、これまで不明であった著名な近江商人の別荘庭園の所在の解明や明治期の庭師の生活史の紹介など話題満載。
それらは近代の庭園史上の資料的価値が高い。

「花文」とは…
茶道「遠州流」の中興の立役者として著名な辻宗範の弟子で、
『平安人物誌』『長浜先人誌』でも紹介されている文化的万能天才、勝元宗益が開祖の由緒正しい作庭流派「鈍穴流」の継承者。

近江の地にあっても、近現代を代表する著名な造園家や昭和の初期に胎動した造園系の学協会とも数々の接点を持ち続け、
昭和・平成を代表する造園設計家の戸野琢磨氏や伊藤邦衛氏とも作品づくりで協働している。
地元である「五個荘金堂地区」の美しい歴史的風土の形成・保存にも代々が尽力している。

現代においても造園の生業を支えるために、経営効率の良い石材会社を立ち上げ、グリーンインフラ時代の到来をにらみ、
伝統技法を生かした低環境負荷型「花文」式環濠雨水貯留工法を開発している。

■目次抜粋
1章 「花文」が誕生した滋賀・近江は庭園の宝庫
2章 「花文」の由来と系譜
3章 鈍穴流開祖・勝元宗益
4章 「花文」代々が書き記した「山村家文書」の全容
5章 鈍穴の庭、歴代「花文」の代表的庭園作品選
6章 近江商人によって育まれた「花文」の庭園業
7章 近代から現代に継承される作庭の流派としての「鈍穴流」の評価と価値
8章 鈍穴流「花文」の作庭を支えた伝統工法や道具類
9章 庭園に使用した材料から見た鈍穴流作庭の特徴について
10章「 山村家文書」に見る近代の庭仕事の手間賃ならびに庭園材料の値段と仕入れ先
11章「 花文」の歩みを彩る歴史秘話
12章「 花文」を守り育てるための新たな挑戦
13章 本書の成果とそこから展望できる今後の造園界が取り組むべき課題

******************************************【商品解説】

目次

  • はじめに―本書の刊行にあたって―
  • 本書のねらいと内容
  • 1章 「花文」が誕生した滋賀・近江は庭園の宝庫
  • 2章 「花文」の由来と系譜
  • (1)屋号「花文」の由来
  • (2)「花文」の系譜
  • (3)「花文」歴代の人物像と逸話
  • Column.1 二代目文七郎を支えた弟2人の存在

著者紹介

近藤 三雄

略歴
〈近藤三雄〉東京農業大学造園学科卒業。同大学名誉教授。農学博士。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。