サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/02/25
  • 出版社: 一葉社
  • サイズ:19cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87196-076-2

紙の本

いま、言わねば 戦後編集者として

著者 松本 昌次 (著)

埴谷雄高、花田清輝、野間宏ら戦後の文学者・思想家の伴走者として、名著の多くを手がけた伝説的な戦後編集者の遺言集。近づく自身の寿命を見つめながら、現在の惨憺たる日本の状況に...

もっと見る

いま、言わねば 戦後編集者として

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

埴谷雄高、花田清輝、野間宏ら戦後の文学者・思想家の伴走者として、名著の多くを手がけた伝説的な戦後編集者の遺言集。近づく自身の寿命を見つめながら、現在の惨憺たる日本の状況に平易な言葉で異議申し立てを述べる。【「TRC MARC」の商品解説】

埴谷雄高、花田清輝、富士正晴、野間宏、杉浦明平、武田泰淳、竹内好、平野謙、丸山眞男、藤田省三、木下順二、上野英信、井上光晴等、戦後の名著の多くを手がけた伝説的な「戦後編集者」の遺言集――。
これまで戦後文学者や戦後思想家の伴走者として、「戦後」を創造し先行し体現した上記の人たちの証言、いわば語り部に徹していた著者が、今のこの国の惨憺たる現状に黙っていられず、時々刻々と近づいてくる自身の寿命を見つめながら、この破廉恥でモラルハザードな日本の状況に平易な言葉で異議申し立てを述べ続ける。このままでは死んでも死に切れないと、まるでそれが戦後に生きた者としての最大で不可欠な責任と使命であるかのように。
この全身編集者の著者が最期までこだわり続けた「戦後」には、三つの意味がある。一つは、「戦後の継続」。つまりは二度と戦争をしない(「起こさない」はもちろん)ということ。いかなる理由や状況下であろうとも、いったん戦争をすれば、そのときから「戦後」は終わってしまう。戦争は絶対悪である。二つ目は、「戦後精神」。天皇(制)の呪縛と国家の抑圧からの解放による、個の確立をはじめとした、人権、平等、自由、民主主義などを優先し尊重する精神のあり方である。著者は、編集者として戦後文学者や戦後思想家と同時代を共にしながら、その精神をまるごと体現化したと言ってもいい。そして三つ目が「戦後責任」。この国に属する限り決して免れない、誰もが対峙し続けなければならない基本的な責務。にもかかわらず、この国のマスメディアをはじめとした大勢はこの責務に鈍感で、いまだに直視しようとしない。それどころか、昨今は「取り返しのつかないことを」一切なかったことにしてしまおうという人でなし状態である。著者は、この破廉恥さ加減には、心底怒っていた。本書のどの文章も、すべてこの「戦後」から生まれ出たものと思っている。
わたしたち一人ひとりは、著者が全身で訴えたこの「戦後」を継承するためにどうすべきか、いかにあるべきか、それを根底から考えさせ、見つめ直させる本である。【商品解説】

目次

  • まえがきに代えて 〝アレ〟と〝コレ〟とは同根
  •    Ⅰ
  • 「天声人語」子にふたことみこと
  • 「ハナハ/ハナハ/ハナハ/サク?」
  • 村上春樹氏への違和感
  • 〝意見広告〟への疑問
  • 「非国民」の光栄
  • アメリカにはヘイトしない「在特会」
  • 〝内なる天皇制〟について
  • 真の歴史認識のために

著者紹介

松本 昌次

略歴
〈松本昌次〉1927〜2019年。東京生まれ。編集者。著書に「戦後編集者雑文抄」「わたしの戦後出版史」「戦後出版と編集者」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。