サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 詩歌の通販
  5. 福音館書店の通販
  6. ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 63件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2019/04/12
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:19cm/158p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-8340-8457-3

紙の本

ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集

著者 斉藤倫 (著),高野文子 (イラスト)

詩はよくわかんないかもしれないけれど、おもしろくて、たのしくて、そして自由だ−。子どもと大人の、20篇の詩をめぐるストーリーを通して、詩のこと、そしてことばのことを、楽し...

もっと見る

ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

詩はよくわかんないかもしれないけれど、おもしろくて、たのしくて、そして自由だ−。子どもと大人の、20篇の詩をめぐるストーリーを通して、詩のこと、そしてことばのことを、楽しみ、考える。【「TRC MARC」の商品解説】

きみはいつものように、あけっぱなしの玄関から、どんどんぼくの部屋にあがりこみ、ランドセルをおろしながらこういった。「せんせいが、おまえは本を読めっていうんだ。ことばがなってないから」。ぼくは一冊の詩集をきみに手渡す。「ここんとこ、読んでみな」。詩は、おもしろい。そして、詩はことばを自由にし、ことばはわたしたちを自由にする。20篇の詩を通して、詩人斉藤倫と楽しみ、考える、詩のことそしてことばのこと。【商品解説】

目次

  • 1.ことばのじゆう
  • 2.いみなくない?
  • 3.こころの、あと
  • 4.いみの、手まえで
  • 5.くりかえし、くりかえし
  • 6.オノマトペのよる
  • 7.きせつは、めぐらないで
  • 8.ことばなきもの
  • 9.ほんとのこと?
  • 10.そして、ほんとうのこと

著者紹介

斉藤倫

略歴
〈斉藤倫〉1969年生まれ。詩人。「どろぼうのどろぼん」で日本児童文学者協会新人賞、小学館児童出版文化賞を受賞。他の作品に「波うちぎわのシアン」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー63件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

ゆびをぱちんとならすのもやさしくない

2021/10/17 07:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

詩を読むって難しい?
 物語のように長くないから難しくないかな。
 でも、どんな詩だって聞かれても、物語のようにうまく話せないから、読めているっていうのかな。
 それに、例えばこの本のように「詩集」なんて言葉がタイトルになっているけど、どうみてもこれは「詩集」じゃない。
 でも、この長いタイトル、どこで切れるのかわからないけど、ちょっとかっこいいと思わないかい。

 この本の奥付き、ほら本のおしまいにある発行の日や発行した出版社の名前とか出ているページがあるだろ、に英語表記のタイトルが出てて、そこには「Good Kid,Good Poems」とある。
 その方がわかりやすいけど、日本語の長いタイトルの方がやっぱり好きかな。

 この本は小学生の男の子が亡くなったお父さんの友だちだったおじさんを訪ねて、詩とかの話をすることで、詩の世界がわかるようにできている。
 詩の世界っていっても、ひとつの詩をどんなふうに読むかは自由だし、そもそも正しい読み方はないかもしれない。
 この本でも、これが正しい詩の読み方なんて書いてない。
 でも、こんな文章があったりする。
 「ひとは、ことばをつくって、こころを、あらわそうとした。それでも、あらわせないものが、詩になった」
 だったら、詩って存在するの?

 もし、子どもたちがこの本を読んで、詩が書けたらいいけれど、書けなくても、詩って何だろうとちょっと考えてみるだけで、この世界の見え方は少し違ってくるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

20篇の詩とそれにまつわるお話

2023/05/07 16:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

詩集とあるが、詩集ではなく20篇の名詩とともに、その詩について魅力を伝えてくれる文章がつづられた一冊です。
有名な日本の現代詩について、理解を深めたい人にもお勧め。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/03/27 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/09/17 14:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/29 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/15 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/10/26 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/01/23 07:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/04/10 01:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/23 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/31 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/04/23 14:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/18 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/17 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/07 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。