サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ソヴィエト旅行記(光文社古典新訳文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/03/12
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/350p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75396-2
文庫

紙の本

ソヴィエト旅行記 (光文社古典新訳文庫)新刊

著者 ジッド (著),國分俊宏 (訳)

共産主義に傾倒していた20世紀前半の知識人たち。ジッドもまた壮大な実験場となったソ連を嬉々として訪れたものの、旅行客向けに案内される綺麗な施設の裏には…。理想国家への失望...

もっと見る

ソヴィエト旅行記 (光文社古典新訳文庫)

税込 1,188 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

共産主義に傾倒していた20世紀前半の知識人たち。ジッドもまた壮大な実験場となったソ連を嬉々として訪れたものの、旅行客向けに案内される綺麗な施設の裏には…。理想国家への失望を作家として誠実に綴った紀行文。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「プロレタリアートの祖国ソ同盟」を素直に見ると

2019/03/19 21:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジッドが見たままのソ連を書いた事で有名な本の新訳。勿論、ソ連当局がおめでたい「進歩的知識人」や「ソ連の友人」といった連中に見せる為の見学者コースだが、それでも素直に見れば、それなりの事は見えてくる。見たまま書いたからソ連をはじめフランス共産党などから罵倒されたが、どちらが正しいのかは未だに「プロレタリアートの祖国ソ同盟」を崇拝するようなスターリン主義者でもない限り明白だ。
 ただしこの本が書かれた時期での「浮浪児たち」とは「革命後」ではなく所謂「農業集団化」とホロドモールで家族を失った子供達が殆どだろう。
 「修正」の方でソ連批判を書いた人達の名前が出て来るが、邦訳のある人はどの位いるだろうか?もっともジッドも「修正」に出て来るので「ソヴィエト旅行記」を書いてから読んだようだが。トロツキーや「裏切られた革命」のフランス語訳の仕事をしてからトロツキーと敵対関係に入ったヴィクトル・セルジュ、邦訳者が惚れ込んだので邦訳が出ていたスヴァーリンの「スターリン」といった本は読んでいたが、セリーヌの「懺悔」は彼の著作だから邦訳があるだろうと探して入手した。
 セリーヌはジッドと同じ1936年にソ連を旅行したが、訳注では「ソヴィエト政府の招待を受けてソ連を旅行したが」とあるが、国書刊行会から出た「懺悔」の解説では「夜の果ての旅」のロシア語訳がアラゴンの妻によって「セリーヌの同意なく大幅に削除した箇所がいくつかあった」ものがソ連で刊行されて「そしてこの翻訳の印税がソ連邦内で消費すべく定められていたので」彼がソ連を旅行したとある。これではセリーヌがソ連に招待されたというより問題のある翻訳で得た印税を消化する為(おそらくルーブリをソ連から持ち出せないからだろう)に訪ソした事になる。こんな話しは初めて読んだ。セリーヌの「懺悔」は彼の狷介な文体が災いして読みづらいが、ソ連批判は読み取れる。
 「修正」にはジッドのようにソ連礼賛者からソ連批判に回った人達の名前が出て来るが、ソ連の実態を見たり粛清の報道や独ソ不可侵条約などでソ連に幻滅してから、かつてのフランス共産党の幹部だったジャック・ドリオのフランス人民党に加わった人もいるかもしれないし、トロツキストになった人もいるだろうし、ユダヤ教やカトリックに帰依した人もいるだろう。スヴァーリンの「スターリン」のようにポグロムで生地から追われてヴィシー政権に逮捕された事もあるユダヤ人でも晩年にヴラーソフ将軍を礼賛する記述を付け加える人もいる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。