サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 光文社の通販
  6. アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した 潜入・最低賃金労働の現場の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 58件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/03/14
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:19cm/340p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-96227-2

紙の本

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した 潜入・最低賃金労働の現場

著者 ジェームズ・ブラッドワース (著),濱野 大道 (訳)

何気ないワンクリックに翻弄される労働者たちの現場から見えてきたのは、資本主義、管理社会の極地だった−。アマゾンの倉庫からウーバーのタクシーまで、英国で“最底辺”の労働に就...

もっと見る

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した 潜入・最低賃金労働の現場

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

何気ないワンクリックに翻弄される労働者たちの現場から見えてきたのは、資本主義、管理社会の極地だった−。アマゾンの倉庫からウーバーのタクシーまで、英国で“最底辺”の労働に就いたジャーナリストがその体験を報告する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジェームズ・ブラッドワース

略歴
〈ジェームズ・ブラッドワース〉英国のジャーナリスト。ウェブサイト『Left Foot Forward』元編集者。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー58件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

人のプラットフォームでは吸い上げられるだけ?

2022/10/01 07:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Monty - この投稿者のレビュー一覧を見る

軽い気持ちで手に取ったけど、労働とは何か?を考えさせられた一冊。イギリスのルポなので一概に日本と比べられないけど、本質的には同様の流れかなぁ?個人的にはプラットフォーム資本主義というのが、しっくりきた。映画マトリックスが頭に浮かんだ…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

二十一世紀の「イギリスの労働者階級の状態」

2019/05/16 15:49

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:garuhi - この投稿者のレビュー一覧を見る

筆者ブラッドワースは元トロキストで、英国のジャーナリストである。本書はかれがアマゾンのピッカーやウーバーのドライバーとして体験した「ギグ・エコノミー」のルポルタージュである。それはまさしく、現代のイギリス労働者階級の最底辺で労働している最貧困者・移民労働者の現状と本音を代弁している。アマゾンの巨大倉庫でトイレにも行けず昼食の時間をも「節約」して、伝票に指示された商品をかき集めベルトコンベアに流し込む作業を一日中繰り返すのである。一日の歩行距離はじつに一六キロメートル以上にのぼるというのだ。また、この職場で圧倒的に多いルーマニア人の劣悪な食住生活も克明に記録されている。さらにかれは、訪問介護の介護士・コールセンターのオペーレター・ウーバーのドライバーになり、そこでの労働者の状態を克明に浮き彫りにするのである。それは、あたかも若き鎌田慧による『自動車絶望工場』に似ている。
 日本にも上陸したのにもかかわらず、全然普及しないウーバーであるが、英国とりわけロンドンでは爆発的に増殖したようである。ドライバーとして採用されるのは非常に簡単ではあるが、そこで一人親方として生計を立てていくのは如何に困難であるかを、かれは見事に証明してみせた。
 日本でもまた、インターネットを媒介とした商売が拡がっている中で、英国のそれを”隣の芝生”と見るか”他山の石”と見るか。少なくても本書は日本のそれを考える上でその機会を与えてくれるであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/05/07 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/07 17:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/18 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/19 05:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/18 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/08 10:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/08 16:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/24 07:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/17 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/19 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/14 15:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/09 02:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/23 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。