サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

7周年施策(ポータルページ)(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 本・読書・出版・全集の通販
  4. 出版・編集の通販
  5. 皓星社の通販
  6. 明治出版史上の金港堂 社史のない出版社「史」の試みの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

明治出版史上の金港堂 社史のない出版社「史」の試み

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2019/03/29
  • 出版社: 皓星社
  • サイズ:22cm/415p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-7744-0671-8
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

明治出版史上の金港堂 社史のない出版社「史」の試み新刊

著者 稲岡 勝 (著)

明治8年創業の教科書会社・金港堂は、明治20年代には資本金50万円の株式会社となり、教科書疑獄事件以後経営を誤って急速に没落していった。金港堂を主軸に膨大な資料を収集、検...

もっと見る

明治出版史上の金港堂 社史のない出版社「史」の試み

税込 8,640 80pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

明治8年創業の教科書会社・金港堂は、明治20年代には資本金50万円の株式会社となり、教科書疑獄事件以後経営を誤って急速に没落していった。金港堂を主軸に膨大な資料を収集、検証、批判し、近代出版史を紐解く。【「TRC MARC」の商品解説】

近代出版史研究の画期
膨大な資料の収集、検証、そして批判。
先行研究なき教科書肆の歴史を記述し、未開の「史」の研究手法を明らかにする。

 稲岡さんは怖かった。都立中央図書館特別文庫室の受付で相好崩さず終始作業に集中している姿に、まだぺいぺいのころの私は近寄りがたい威圧感を覚えていた。「なぜ役人附ばかり見ているのか」と突然声を掛けられた時など私の何かがきゅっと縮んだ。これは稲岡さんの論文を読んでしまっていたことが大きい。
 「金港堂小史―社史のない出版社『史』の試み」は衝撃であった。近代出版史における教科書出版の重要性を初めて具体例を以て説得的に示した画期的な大論文である。透徹した見通しの下、徹底した資料収集とそれらを駆使した論の盤石たること、そして先行研究をバッサリ切り伏せる筆の切れ味、対象とする時代や分野は異なっていたものの、同様に出版史研究を志す私をびびらせていたのである。その後も若輩を縮み上がらせるような論文を精力的に執筆し続け、今なお近代出版史研究の最先端としてこの分野を牽引している。
 今回上梓の一冊は、今後も揺るぎない指針としてわれわれを導き続けてくれるにちがいない。背表紙を見て、きゅっと引き締まりながら、私も後を追いかけていくことにする。

(中央大学文学部教授 鈴木俊幸)


 近代史に足を踏み入れた者ならば、書肆「金港堂」や社主の「原亮三郎」とはどこかで出会っていることだろう。たとえば明治期の教科書や二葉亭四迷『浮雲』等の奥付で、あるいは多額納税者として、あるいは商務印書館の設立者として。
 本書は、その金港堂の営為を主軸にして近代出版史を記述するものである。そして、その記述をがっしりと根底から支えているのが副題「社史のない出版社「史」の試み」だ。既存の史資料や社史は信頼するに足るのか。他にどのような史料がどこにあり、どのようにアプローチしていけばよいのか。その史料をどのように読み、解釈するのか。そもそも史料の信頼性とはなにか。およそ「史」を構築する=語るにあたって取るべき調査・検証・批判の実例がここにある。本書は出版史研究書であるとともに、近代史研究における史料論・方法論の書でもあるのだ。
 今後、「史」に携わる者にとって必読となるであろう、鶴首待望の書の刊行である。

(奈良女子大学研究院人文科学系准教授 磯部敦)【商品解説】

目次

  • 第一部 「社史」の方法および出版史料について
    • 第一章 金港堂「社史」の方法について
    • 第二章 近代出版史と社史
    • 第三章 明治出版史から見た奥付とその周辺
    • 第四章 「原亮三郎」伝の神話と正像
    • 第五章 近代出版に関する複刻版資料
    • 第六章 『大勢三転考』の出版願と版権免許証
    • 第七章 見立からみた明治十年代の出版界
  • 第二部 出版史料としての公文書
    • 第二部口上 明治出版史と学事文書

著者紹介

稲岡 勝

略歴
〈稲岡勝〉1943年上海生まれ。早稲田大学政治学科および図書館短期大学別科卒業。東京都立図書館勤務、都留文科大学国文学科教授情報文化担当を務めた。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

出版・編集 ランキング

出版・編集のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。