サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  懐かしくて新しい "昭和"に遊ぶ ~8/24

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/04/20
  • 出版社: 毎日新聞出版
  • サイズ:20cm/548p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-620-32425-8

紙の本

思い邪なし 京セラ創業者稲盛和夫

著者 北康利 (著)

京セラ創業・第二電電設立・JAL再生と超人的な手腕を発揮した新・経営の神様、稲盛和夫。その半生を、大物経営者と向き合ってきた作家・北康利が、本人へのロングインタビューや関...

もっと見る

思い邪なし 京セラ創業者稲盛和夫

税込 2,420 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

京セラ創業・第二電電設立・JAL再生と超人的な手腕を発揮した新・経営の神様、稲盛和夫。その半生を、大物経営者と向き合ってきた作家・北康利が、本人へのロングインタビューや関係者への周辺取材を通じて克明に描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

「フィロソフィ」「アメーバ経営」の原点はここにある!

「新・経営の神様」稲盛和夫氏、初の完全評伝!

京セラ株式会社名誉会長・稲盛和夫氏は同社を創業して世界的な大企業に育てあげ、創業以来60年間ずっと黒字経営を継続するという偉業を達成した、日本が世界に誇る希代の名経営者である。

京セラのほかにも、電電公社(現NTT)民営化時に第二電電(DDI)を設立し、日本の通信料金引き下げに大きく貢献。
その際「動機善なりや、私心なかりしか」と、新会社の設立が自分の私利私欲を満たすためではなく、広く公益に資するためであることを、何度も自問自答したという。経営を志す者ならば誰もが知るエピソードである。

また経営破綻したJALの再建を引き受け、徹底した意識改革によって同社をV字回復へと導いた経営術は、「奇跡」とまで称された。

本書は、「経営の神様」松下幸之助に続く、「新・経営の神様」の呼び声も高い稲盛和夫氏の初の完全評伝である。

『白洲次郎 占領を背負った男』で第14回山本七平賞受賞に輝く作家・北康利が、膨大な資料の綿密な考証と、本人へのロングインタビューを元に、「利他の経営者」の全貌に迫る。

「売上を最大に、経費を最小に」
「経営は〝トップの強い意志〟で決める」
「値決めは経営なり」

など、稲盛氏本人の経営思想が生まれた背景やエピソードを、高度経済成長期からバブル華やかなりし頃まで、日本経済が活況を呈していた時代の風景とともに、迫真の臨場感をもって描き出す。

稲盛氏が「利他の経営」を提唱し、その生涯をつうじて「思い邪なし」の境地を追い求め続けたのはなぜか。
その答えこそ、経営塾「盛和塾」の解散を宣言した稲盛氏が、時代の転換期を生きる日本人に贈る「最後のメッセージ」となる。
(毎日新聞に連載、大好評を博した連載「思い邪なし」に大幅加筆し書籍化)【商品解説】

目次

  • 序 章 誓いの血判状
  • 第一章 勝ちに見放されたガキ大将
  • 第二章 ファインセラミックスとの出会い
  • 第三章 世界の京セラへ
  • 第四章 第二電電への挑戦
  • 第五章 奇跡のJAL再生
  • 第六章 「利他の心」を永久(とわ)に

著者紹介

北康利

略歴
〈北康利〉昭和35年愛知県生まれ。富士銀行入行。富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を経て、作家。“100年経営の会”顧問。「白洲次郎占領を背負った男」で山本七平賞を受賞。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

稲盛和夫氏の評伝決定版がついに登場

2019/06/14 08:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

経営者と呼ばれる人は世の中に星の数ほどいる。
 それでも、名経営者ともなると両手の指ほどになるだろう。
 その内でも、今でも「経営の神様」と称賛される松下幸之助氏は別格である。そして、その次となれば、この人の名前をあげる人も多くいるにちがいない。
 京セラ創業者の稲盛和夫氏。
 稲盛氏もまた松下幸之助氏を見て育った経営者だが、一方で「自分なりの独創を加え、松下幸之助を超えようと頑張って初めて、松下幸之助の境地にたどり着けるのではあるまいか」とも思ったという。
 松下氏と稲盛氏に共通しているのは、多くの著作を残している点だろう。
 まさに二人の「経営の神様」は、言葉の錬金術師でもあった。

 この大部の本は、多くの経済人の評伝を書いている北康利氏が稲盛氏本人とのインタビューなども含め多くの関係者や関連本に接触して描いた、稲盛和夫氏の評伝である。
 もちろん、稲盛氏の業績については自身の著作だけでなくさまざまな媒体で紹介されているので、既視感もないではないが、こうしてその人生の大半を振り返ってみると、圧巻であり、決定版評伝といってもいいのではないだろうか。

 稲盛氏の有名な逸話として、電信事業に参戦しようとした際に「動機善なりや、私心なかりしか」と呪文のように反芻し、決断した話がある。
 この本のタイトルはここからかと思っていたが、そうではなく、稲盛氏の故郷でもある鹿児島、旧薩摩藩の名君だった島津斉彬が座右の銘としていた言葉「思無邪」からきている。
 新しい時代を見すえていた斉彬公は西郷隆盛だけでなく、時を経て、稲盛和夫という名経営者もまた生み出したといえる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/12/30 03:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/08 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/04 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/11 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/18 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/24 08:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。