サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 双葉社の通販
  6. むかしむかしあるところに、死体がありました。の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 294件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/04/17
  • 出版社: 双葉社
  • サイズ:19cm/243p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-24166-2

紙の本

むかしむかしあるところに、死体がありました。

著者 青柳碧人 (著)

お姫様を鬼から守った一寸法師。打ち出の小槌で大きくなった彼は、ある計画を心に秘めていて…。「一寸法師の不在証明」をはじめ、日本の昔ばなしを、密室などミステリのテーマで読み...

もっと見る

むかしむかしあるところに、死体がありました。

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

お姫様を鬼から守った一寸法師。打ち出の小槌で大きくなった彼は、ある計画を心に秘めていて…。「一寸法師の不在証明」をはじめ、日本の昔ばなしを、密室などミステリのテーマで読み解く作品集。『小説推理』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

"昔ばなし、な・の・に、新しい!
鬼退治。桃太郎って……え、そうなの?
大きくなあれ。一寸法師が……ヤバすぎる!
ここ掘れワンワン。埋まっているのは……ええ!?
「浦島太郎」や「鶴の恩返し」といった皆さんご存じの《日本昔ばなし》を、密室やアリバイ、ダイイングメッセージといったミステリのテーマで読み解く全く新しいミステリ!「一寸法師の不在証明」「花咲か死者伝言」「つるの倒叙がえし」「密室龍宮城」「絶海の鬼ヶ島」の全5編収録。"【商品解説】

収録作品一覧

一寸法師の不在証明 5−47
花咲か死者伝言 49−91
つるの倒叙がえし 93−141

著者紹介

青柳碧人

略歴
〈青柳碧人〉1980年千葉県生まれ。「浜村渚の計算ノート」で「講談社Birth」小説部門受賞、デビュー。ほかの著書に「ブタカン!」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー294件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

思わず、ため息が漏れました。

2021/09/05 08:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なっとう - この投稿者のレビュー一覧を見る

全てのお話が、とてもよくできていて面白いです!
私は「鶴の倒叙がえし」が好きです。鳥肌が立ちました。
「赤ずきん旅の途中で〜」と比べると、全体的に切ない印象のストーリー、結末が多いのも、日本の昔話っぽさを感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

いいよ!この本

2021/06/27 18:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ボイルドキャベツ - この投稿者のレビュー一覧を見る

非常に読みやすく、おもしろい短編集でした。
とくにオススメしたいのは、「一寸法師の不在証明」という話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良かった

2020/11/30 17:56

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱーぷる - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルだけ見ると、なんだか怖いのかなと思ってしまいますが、読みやすく面白かったです。誰もが知っている童話をこのようなアレンジで、新しいなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリーなのに面白い!!

2020/09/21 09:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スヌーピー - この投稿者のレビュー一覧を見る

意外な展開に驚きお話が面白くて何度でも読めます!!
お話が面白いので次はどんなことが起きるのかなとワクワク、ドキドキしながら読みました!
私が知っているお話からミステリーへと展開していく中で主人公と一緒に事件を解決していくような気持ちになりました!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

予想外の流れ

2019/04/20 18:14

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つきたまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔話を改変したお話は時々見ます。その中にも、登場人物が殺される話はありました。が、ここまでゴリゴリのミステリー仕立てはあまり無かったのではないでしょうか。
この本の凄いところは、「よく口頭で聞く昔話」の概要は変化させないまま(「出来事の全てを語っていたとは限らないが」というものもありますが)、事件を起こしてしまうところです。

花咲かじいさんは、衝撃でした。まず、爺さんが死んだ時点で、とても悲しかったです。イヌの奮闘がまた涙を誘います。衝撃のラスト。

鶴の恩返しは、思わず読み返しました。コテコテのミステリー小説でした。「倒叙返し」って、なるほどね。

桃太郎で、全部まとめてきましたね。この話自体は、そこまで好きじゃなかったけど、この本のラストを飾るには良い作品だったのではないかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「本当は怖い童話」系と違って意味で大人向けな童話

2021/08/09 23:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:S910 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本の昔ばなしを題材にしたミステリー短編集。

一寸法師は「一寸しか扉が空かない家の中で人が死んでるかどうか確認できなくない?」という疑問があり、それが最後まで解決されなかったので微妙な気持ちになった。
いや、ホントあのせいで死んでるのを知ってるよねが犯人だと思ったからね!

ただ、つるの倒叙がえし以降の三遍のトリックは昔ばなしのファンタジー要素もありながらなかなか本格寄りで面白かった。

次作の「赤ずきん」を先に読んでしまったし、あちらのほうが短編連作形式で繋がりがあって面白かったけど、こちらの方が後味悪くないかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

発想がおもしろい

2021/07/31 08:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:owls - この投稿者のレビュー一覧を見る

続編のほうを先によんでしまったのですが、おもしろかったので、こちらも読んでみました。
どれもダークな感じですが、一つ一つは短めなので気軽に読めます。昔話の設定をつかった、新たなミステリという感じでした。 発想がおもしろいな、と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい発想力のミステリー

2020/11/07 20:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当によくできているなぁと思いました。一寸法師や花咲か爺さんなどの昔話を題材にしたミステリー。この発想力に拍手を送りたくなります。この人?動物?は犯人でないやろと思って読んでいると見事にやられます。また、トリックもなかなか。軽いノリで読める割には、結構ガッツリ、ミステリーしていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすい

2020/10/18 14:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しろくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりのミステリー小説。本屋大賞のみだしに目が止まって購入。一章毎に完結してるから、寝る前にちょうどいいボリューム。皆性格が良くて容姿も美しいイメージのグリム童話がリアルな感じも◎

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

粒揃いのよく練られた短編集

2020/03/03 00:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K.ザムザ - この投稿者のレビュー一覧を見る

全5編の短編集。どれも単純な謎解きではなく人間の業の深さを描いている。個人的には最後の『絶海の鬼ヶ島』が特に傑作だと思う。登場キャラの名前が「鬼太」とか「鬼広」とかみんな「鬼○」なので紛らわしいという難点はあるが、伏線回収が見事。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あの話のその後だったり裏だったり

2019/08/11 19:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「一寸法師」「鶴の恩返し」「桃太郎」「花さか爺さん」「浦島太郎」など誰もが知ってる日本昔話のその後や裏話です。
っていうかしっかりミステリーになってて、なかなか面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

動機ありき

2021/07/21 18:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マリコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔話をリメイクした。でも、ただそれだけ。自分としてはトリック云々よりも、犯行に至った動機を掘り下げて欲しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

捻ってます。

2021/04/08 20:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔話をモチーフにしたミステリふう物語。それが伏線になって活きていると感じる部分もあれば、流石にそりゃ捻りすぎだと感じる部分あり。『本当は怖いナントカ』みたいな話ではなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意外とブラック

2020/03/28 09:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔話にミステリーを加えちゃったよ。ミステリーが足された別物にはなったけど、忘れかけてた昔話の内容も思い出す。たげど話はブラックというかなんというか…だね。今の世知辛い現代を象徴してるのかなとも思う。純真な子が読んだら泣くぞ(笑)肩肘はらずに読めて、面白かったです。もし、『さるかに合戦』があったら、ものすごくグロく残酷なサバイバルな話になりそうだし、『もちもちの木』だったら、ホラーな世界になりそうだと想像してしまった。*限定カバーで桃太郎のちょい足しが読めてラッキーでした*

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

おもしろいけれど

2019/10/31 16:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nap - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔話をモチーフにして、ミステリーに仕立て上げてます。
おもしろいんですけど、テクニカルに走ってるような感じが。
もっとユーモアを感じさせるお話だったらよかったのにと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。