サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 漫画・コミックの通販
  4. マンガ評論・読み物の通販
  5. 河出書房新社の通販
  6. 石ノ森章太郎 総特集 萬画の天才、誰がために闘う。の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

石ノ森章太郎 総特集 萬画の天才、誰がために闘う。
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/04/22
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:21cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-97969-4
ムック

紙の本

石ノ森章太郎 総特集 萬画の天才、誰がために闘う。 (KAWADEムック)

著者 河出書房新社編集部 (編)

SF、時代劇、戦隊ヒーローなど数多くのジャンルのマンガを描いた石ノ森章太郎を総特集。石ノ森章太郎へのインタビューや「サイボーグ009完結編」構想ノート、すがやみつるによる...

もっと見る

石ノ森章太郎 総特集 萬画の天才、誰がために闘う。 (KAWADEムック)

税込 1,404 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

SF、時代劇、戦隊ヒーローなど数多くのジャンルのマンガを描いた石ノ森章太郎を総特集。石ノ森章太郎へのインタビューや「サイボーグ009完結編」構想ノート、すがやみつるによる「石ノ森マンガの技術論序説」などを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

なかなか充実の石森章太郎総特集

2019/06/25 23:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

おそらく生誕80周年かつ没後20周年を記念して編集されたものであろう。そうでなければ、平成から令和になろうという時代に石ノ森章太郎を取り上げる理由が殊更あるとも思えない。まあ、ファンからしてみれば、どのような理由であっても石ノ森章太郎の作品や人となりに触れられるようなものは何でもありとは思うけれど。
それでも、この総特集は良く出来た1冊だと思う。
巻頭のギャラリーはすでに見たことのあるイラストばかりだし、アルバムもまあまあ有名な写真を並べて石ノ森の生涯をコンパクトに見せてくれる。
デビュー作である「二級天使」の1話が再録されていて久しぶりに読むことができたのは良かったが、それにも増して手塚治虫の解説を付けてくれているのが面白い。
資料として「石森章太郎マガジン」と「サイボーグ009完結編」の構想ノートが載せられているのもうれしい。特に「石森章太郎マガジン」はカラーページで載せてくれているので、石ノ森のタッチが良く見える。そして、解説として中野晴行による石ノ森の考えていたマンガなるものの意味に触れられているのは興味深かった。
その石ノ森の考えていたマンガの一端を証言しているとでも言えるのが、平成仮面ライダーシリーズ関係者のエッセイということになるのかもしれない。
さらに、元アシスタントへのインタビュー、特に永井豪のインタビューは面白かった。あの009の「地底帝国ヨミ編」のクライマックスシーンなどの絵を「これは僕だね」なんて話しているのは、もうそれだけで興味津々だった。
そんな中で最も興味深かったのは、みなもと太郎の論評で「石ノ森は滅びゆくものに惹かれ」ていたと指摘していたことと、福田淳一による009完結編にまつわる石ノ森と手塚治虫、009と「火の鳥」との関係性を指摘していたところだろう。普段何気なく読んでしまう石ノ森作品だが、こういった読み込み方もあるのだと教えてくれた。
そして、個人的意外に受けたのは、上野の「神々との闘い(番外編)」だったりする。これはマンガなので、ともかく見てもらうしかないのだが、わずか5ページのマンガに石ノ森章太郎のマンガの魅力が詰っているように思えてならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/05/06 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

マンガ評論・読み物 ランキング

マンガ評論・読み物のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。