サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蜜蜂と遠雷 下(幻冬舎文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 237件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/04/10
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/508p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-42853-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

蜜蜂と遠雷 下 (幻冬舎文庫)

著者 恩田 陸 (著)

【直木賞(156(2016下半期))】【本屋大賞(第14回)】2次予選での課題曲「春と修羅」。マサルの演奏は素晴らしかった。が、明石は自分の「春と修羅」に自信を持ち、勝算...

もっと見る

蜜蜂と遠雷(下)

税込 763 6pt

蜜蜂と遠雷(下)

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.0MB 無制限
Android EPUB 9.0MB 無制限
Win EPUB 9.0MB 無制限
Mac EPUB 9.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

蜜蜂と遠雷(幻冬舎文庫)セット

  • 税込価格:1,60614pt
  • 発送可能日:24時間

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【直木賞(156(2016下半期))】【本屋大賞(第14回)】2次予選での課題曲「春と修羅」。マサルの演奏は素晴らしかった。が、明石は自分の「春と修羅」に自信を持ち、勝算を感じていた。3次、本選に勝ち進むのは誰か。そして優勝を手にするのは…。【「TRC MARC」の商品解説】
2次予選での課題曲「春と修羅」。この現代曲をどう弾くかが3次予選に進めるか否かの分かれ道だった。マサルの演奏は素晴らしかった。が、明石は自分の「春と修羅」に自信を持ち、勝算を感じていた……。12人が残る3次(リサイタル形式)、6人しか選ばれない本選(オーケストラとの協奏曲)に勝ち進むのは誰か。そして優勝を手にするのは――。【本の内容】

著者紹介

恩田 陸

略歴
恩田陸
一九六四年宮城県生まれ。九二年『六番目の小夜子』でデビュー。二〇〇五年「夜のピクニック」で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、〇六年「ユージニア」で日本推理作家協会賞、〇七年「中庭の出来事」で山本周五郎賞、一七年「蜜蜂と遠雷」で直木三十五賞と本屋大賞を受賞。主な作品に『球形の季節』『三月は深き紅の淵を』『光の帝国』『ライオンハート』がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー237件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

表紙が・・・

2019/06/13 01:18

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papakuro - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻と下巻の表紙が区別がつかない。
危うく上巻だけ持ってレジに行きそうになった。
地方都市の国際コンクールを、様々な背景を持った4人のコンテスタントを通して描いている。
若者がお互いに影響し合って、どんどんいい方向に進んでいくというハッピーな内容。
天狗の鼻をへし折ったり、頑張った人を評価したり、意外と(?)王道な内容。
どんでん返しがありそうでないのがどんでん返し?
巻末に結果が載っているので、ネタバレしたくない人は見ないように。
解説に「ピアノコンクールというマイナーかつ専門的な話」とありますが、読書家の多くはクラシック好きだと思うし、ピアノのお稽古をしていた人も多いのではないかと。決してマイナーではない(ある意味失礼)と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本で読んでこそ

2019/10/19 20:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画「蜜蜂と遠雷」を見てきました。丁寧に作られたよい映画で、音楽も素敵でした。それでもやはり、2時間に収めることによる無理が随所に感じられました。4人の日本人コンテスタントの織りなすテキスタイルが、映画では、亜夜と明石の縒り紐のようにバッサリ削られたようで残念でした。
映画を見たあと、「原作」を再読し、4人を語るにはこれだけの紙数がいるのだなぁとあらためて思ったのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

巻末に注意

2019/09/09 22:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

下巻の巻末にコンクールの審査結果が載せられてあるので、結果を知りたくない方は注意してください。私は、この3人なら誰が勝ってもいいやと途中から思えたので気になりませんでしたが

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハラハラドキドキのピアノコンクールの二次予選、三次予選、そして本選の結果は!?

2019/04/22 09:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、読者を常に魅了するストーリーを世に世繰り出してきた恩田陸氏の最新文庫の下巻です。同巻では、4人の天才たちがピアノコンクールの二次予選に進みます。4人それぞれは違った意味で勝算を確かなものとしていましたが、次の3次予選、そして、本選へと駒は進んでいきます。4人はどうなっていくのでしょうか。果たして誰が最後に勝利を掴むのでしょうか?本当にハラハラドキドキの連続です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

まずは二次予選まで読んでほしい

2020/05/13 23:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わに♂ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どのコンテスタントからの目線も興味深く、そのコンテスタントを他がどう聴いているのかも興味深い。個人的には明石さんのファンです。
“音”を文字で表すってすごいし、みんなそれぞれの感じ方があるのがおもしろい。すぐに下巻やで読みました。
(以外下巻読了後)
美しい。音楽という世界に魅了された作品でした。クラシックというジャンルどうこうというのではなく、世界には音楽があって音楽には世界がある。そんな壮大だけど、二十歳前後の少年少女が演奏する小さくも未来のあるお話でした。二次予選の盛り上がりも束の間、三次予選で更なる盛り上がりを起こし、コンテスタントと同じような気持ちで本選という“結”に向かい合った。自分にはそんな耳はないんだろうけど、生で聴きたくなる気持ちになった。実際、ウィーンの小さなオーケストラを聞いたけど、音っていいなって思ったのと同時に、古くに作ったんだから今の時代にも新しい音があるんじゃないの、作れるんじゃないのとも思った。マサルがその代弁をしてくれたし、風間塵が音を連れ出してくれる、栄伝亜夜がそれらを後押しもしくは引導するだろう、高島明石が成熟した夢を見させてくれる、そう感じた心地よいフィナーレだった。ありがとうございます。拍手。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

一気に読み終えました

2020/04/24 18:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゅう - この投稿者のレビュー一覧を見る

音楽を文章で表現したことにただ圧倒されて、上下巻ともに一気に読み終えました。
出てくる登場人物が皆、魅力的でした。
恩田陸さんの作品は「夜のピクニック」も夢中になって読みましたが、こちらの作品にも出会えたことに感謝します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

恩田陸作品のTOP3

2020/01/12 18:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:匿名希望 - この投稿者のレビュー一覧を見る

恩田陸さんの作品がいろいろ読んでいるのですが
TOP3に入る作品です

コンクールの話なのにどろどろとしたものがなくて
心が温まる展開です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

夢中で読んだ数時間

2019/11/16 20:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

当然ながら、型破りな自然児っぽい主人公が並み居るエリートを蹴散らし、頭の固い審査員たちの度肝を抜いて優勝、というどこかで見たことのあるような話ではなかった
とにかく面白い、夢中で読んだ数時間は至福の時間だった
コンテストでの話なのだから順位をつけるものなのだろうが順位などどうでもよいと思えてしまう
それよりこれからの彼らの生き方の方が気になる
演奏に限らず更なる高みを目指して歩んでいるに違いないと思う

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画を見て

2019/10/31 09:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴーた - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画を見てその帰りに上下巻とも購入しました。映画にはないエピソードが満載で、もう一度映画を見たくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

蜜蜂と遠雷 下

2019/06/30 14:42

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

第二部から本線第四部まで一揆に読みました。順位はマサルが優勝、二位、亜衣、三位、風間という順番でしたが最後に結果を書かなかったのはどれも素晴らしい演奏で紙面では甲乙つけがたかったところがいいたかったのではないかと思いました。そして、音楽に対する一貫された思いが伝わる作者の渾身な作品だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

圧巻のシーンが

2019/05/31 11:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

他の人物が弾く曲を、誰かの視点でってスタイルが、ある一曲だけは、本人の感覚で表現している場面。圧巻です。これだけでも読む価値ありと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

上下巻一気読み

2019/05/26 00:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気読みの面白さだった。

グランドピアノなしで最高位、というのが実話
というのもすごい話。

クラシックの世界というのはどうにも好きではないのだけれど、
コンクールは一度聞いてみたいな、と思わされた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

結局、風間塵って何者?

2019/05/14 14:22

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻の勢いを保ったまま読み始めた。
でも、正直、途中で少し飽きてきた部分もあった。

音楽を文学的に表現する巧みさには、素直に素晴らしいと感じるが、さすがにそれが続くと・・・。
いかに巧みに表現されているとはいえ、結局のところ、音が本当に聴こえてくるわけではない。
だから、もっと話に他の要素も組み込んで欲しかった。

例えば、テレビでよくやっているグルメリポートなどでも、ずっと食べている感想を言うだけだったら面白くない(見ているこちら側は食べられないのだから)。
マスターがどんな人だとか、繁盛店になるまでにどんな苦労があったとか、様々なエッセンスを入れた方が、番組に膨らみが出てくる。
なんか、それと似た構図をこの本に感じた。

そう言う意味では、風間塵の生い立ちをもっと詳細に描いて欲しかった。
何故、彼は養蜂家の息子なのに、天性の音楽の才能があったのか?
最後まで謎のままだったのは残念。
タイトルに堂々と「蜜蜂」とつけているにも関わらず、そういう設定にした必然性が全くわからなかった。

ひとつ良かったのは、ステージマネージャー・田久保の存在。
彼の目から見たコンクールの風景は、非常に興味深かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

音楽とは何かを考える

2019/08/14 20:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃころ - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻を読んでワクワクし、下巻をとても楽しみに読みました。

上巻は「才能とは何か?」「自分の音楽とは何か」「他者と自身の違い」「コンテスタントとしての葛藤」等、登場人物について作者が外面的に語って物語が進んでいるように感じました。

下巻に於いては、
”風間塵”、”栄伝亜夜”、”マサル”を中心に「音楽とは何か?」が彼らの感情が爆発しながらスピード感をもって描かれていました。コンサートそのものに意味があるのではなく、コンサート自体は箱に過ぎず、そこに参加した彼らの中に音楽の意味を感じました。

私がこの物語で、個人的に好きな人物は”高島明石”です。
彼の「春と修羅」のカデンツァを、すべてを聴きたい。この身に感じたいと思いました。
己自身が他のコンテスタントとは異なる普通の生活者でありながら、自分の中に才能を見出したいと葛藤する彼に、凡人である私自身をふと重ねて読んでいました。
この作品で本当に才能を開花させたのは、彼ではないかと思います。


「生活の中の音楽」を探し求める風間塵と、彼に共鳴した亜夜、マサルによって、下巻では音楽が違うものに見えてきました。彼らの音楽に触れた審査員、すべての観客の視点を通して「音楽とは何か」を読中、読後にずっと考えていました。


終わり方はさっぱりした印象を受けますが、作者がその後を言及せずにラストを描いたことで、爽やかな彼らに続く未来に期待を抱きました。
音楽の可能性を、実際には音のない本の中に音を聴き、感じることがあるなんて思いもしませんでした。素晴らしい作品です。


恩田陸先生の作品は、読むのはこれが初めてでした。
他の作品も読んでみたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

音楽がわからなくても読んで、聴こえる

2020/02/13 23:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うれい - この投稿者のレビュー一覧を見る

風間塵シフトを敷いてくれる浅野さんやコールしてくれる田久保さん。コンテスタント以外の内面も描写されていてそこが好きだなあ。風間塵はワンピースのルフィに少し似ている。突然現れた風来坊は周りをどんどん巻き込んで、ひとつの渦にしてしまう。第三次予選で風間塵が「ああ、ピアノが買ってもらえなくなる」と呟いた時、風間塵はどこまで行っても風間塵なんだ、凡人と違う尺度で生きている、それに畏怖を抱くと共にいつの間にかこのギフトを好きになっている。「無我の笑み」とか「重力の軛を逃れるための」とか、細かい言い回しも好き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します幻冬舎文庫 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。