サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

お買い物金額分全額還元キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. ベストセラーズの通販
  6. 生きづらさを抱えるきみへ 逃げ道はいくらでもある #withyouの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

生きづらさを抱えるきみへ 逃げ道はいくらでもある #withyou
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2019/04/22
  • 出版社: ベストセラーズ
  • サイズ:19cm/290p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-584-13912-7

紙の本

生きづらさを抱えるきみへ 逃げ道はいくらでもある #withyou新刊

著者 withnews編集部 (著)

命を絶つぐらいだったら、学校になんか行かなくたっていい。学校だけが人生ではないから−。キンタロー。をはじめ、蛭子能収、寺坂直毅らの意外な過去とともに“逃げ方”を紹介する。...

もっと見る

生きづらさを抱えるきみへ 逃げ道はいくらでもある #withyou

税込 1,512 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

命を絶つぐらいだったら、学校になんか行かなくたっていい。学校だけが人生ではないから−。キンタロー。をはじめ、蛭子能収、寺坂直毅らの意外な過去とともに“逃げ方”を紹介する。樹木希林の直筆メッセージも収録。【「TRC MARC」の商品解説】

2014年に朝日新聞社がスタートしたニュースサイト「withnews」内の1コーナーが「#withyou」です。この#withyouは2018年4月に始まった「生きづらさを抱える10代」に向けた企画で、「いじめ」や「不登校」、「DV」などを経験したことのある著名人(タレント、ミュージシャン、YouTuber、クリエイター等)が自らの体験談をサイトに掲載したものです。その体験談をひとつにまとめたのが本書。新生活が始まる中、「学校に行きたくない」「死にたい」といった悩みを抱え苦しむ人に、著名人たちが「自分も学校にいかなかった」「自分も不登校生活をしていたけど、今はしっかりと生活できている」「学校に行くだけがすべてじゃない」「好きなことをずっとやり続けていれば大人になっても暮らしていける」といった“安心できる”提案をしています。学校や友達付き合いに悩んでいる人に“学校に行きたくなければ行かなくても全然大丈夫”“今の時代、生きていく道はたくさんある。自ら死を選ばないで”という輪を広げていくことをいちばんの目的とした一冊です。【商品解説】

目次

  • 樹木希林さん(女優)
  • 「自分で命を絶つことだけはやめようと生きてきた」
  • 樹木希林さんが若者に送る直筆メッセージ 
  • 戦慄かなのさん(アイドル)
  • 「子どもは絶対に悪くない」
  • 虐待を受け非行…。少年院で出会った先生
  • 蛭子能収さん(漫画家)
  • 「仲間外れにしてほしかった」

収録作品一覧

「子どもは絶対に悪くない」虐待を受け非行、少年院で出会った先生 戦慄かなの 述 11−17
「学校きてね」「待ってるよ」不登校の子どもがもらって葛藤する「お手紙」問題に迫りました 98−109
「仲間外れにしてほしかった」蛭子さんが群れなかった理由 蛭子能収 述 111−119

著者紹介

withnews編集部

略歴
「withnews」は2014年にスタートした朝日新聞社のニュースサイト。twitterやInstagramなどSNSでバズっているウワサなどを取材するサイトです。その中の1コーナーが「#withyou」。この#withyouは2018年4月に始まった「生きづらさを抱える10代」に向けた企画です。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

すごく勇気をもらいました。

2019/05/13 01:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:崎也 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分も、小学生から高校生にかけて執拗な辛いいじめに遭い、人を信じられなくなって、生きづらさを感じた経験があったので、この本を読んでいて、「辛い思いをしているのは自分だけじゃないんだ。」と背中を押されたような感じがして、勇気をもらいました。今、学校や職場の人間関係で辛い状況に遭っている人達は絶対に読んでほしいです。自分の場合は、大好きな音楽や読書はもちろん、漫画やお笑い番組が唯一の救いですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

児童・青少年 ランキング

児童・青少年のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。