サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~5/31

honto9周年 ポータルページ ~6/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 政治・行政の通販
  5. 現代人文社の通販
  6. 公文書は誰のものか? 公文書管理について考えるための入門書の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/04/30
  • 出版社: 現代人文社
  • サイズ:21cm/173p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87798-724-4

紙の本

公文書は誰のものか? 公文書管理について考えるための入門書

著者 榎澤 幸広 (編集代表),清末 愛砂 (編集代表)

モリカケ、イラク日報…。近年、公文書の取扱いが問題となっている。公文書問題を概観し、日本の公文書管理体制を確認。さらに、日常生活と公文書問題の関係性を論じ、現状を打破する...

もっと見る

公文書は誰のものか? 公文書管理について考えるための入門書

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

モリカケ、イラク日報…。近年、公文書の取扱いが問題となっている。公文書問題を概観し、日本の公文書管理体制を確認。さらに、日常生活と公文書問題の関係性を論じ、現状を打破するために必要な公文書管理体制を検討する。【「TRC MARC」の商品解説】

公文書の取扱いが問題となっている。隠蔽・改ざん・廃棄・非記録化が頻繁に行われ、政策判断にあたって必要とされる情報の信頼性が確保されていない。この状態が恒常化すれば、民主主義の崩壊につながる。公文書管理のどこが問題なのか、どうすればよいのかを考える。【商品解説】

目次

  • 第1部 国家権力による情報独占と公文書をめぐる事件
  •  1-1 公権力が情報を独占する社会とは?
  •     行政機関が思うままに施策を進めることができる
  •     情報コントロールは独裁国家への道
  •  1-2 憲法から見る公文書とは?
  •     はじめに/公務員とは?/なぜ憲法尊重擁護義務があるのか?
  •     憲法こそが究極の公文書!?/人権保障と公文書問題/おわりに
  •  1-3 日本では公文書をめぐってどのような事件があったのでしょうか?
  •     戦後日本で起きた公文書に関わる事件
  •     直接的、将来的に人権侵害につながる事例

著者紹介

榎澤 幸広

略歴
〈榎澤幸広〉1973年生まれ。名古屋学院大学現代社会学部准教授。著書に「離島と法」など。
〈清末愛砂〉1972年生まれ。室蘭工業大学大学院工学研究科准教授。著書に「自民党改憲案にどう向き合うか」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

公文書管理の入門書として、法の観点で様々なテーマから

2019/11/03 14:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けいちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

公文書管理について、法律の研究者や弁護士などの専門家が、「法」の観点から解説している。
複数著者だが、上記のとおり皆が法律の専門家なので観点が揃っていて読みやすい。
章ごとにまとめが書かれているので、興味のある章だけつまんで読むこともできる。

社会保障、教育、町おこし、公文書館、自治体など、身近なテーマでの公文書管理について語られているので、入門書としてはとても入りやすい。

「入門書」としてはとても分かりやすいが、一方で、上記のとおり「法」の観点が大部分を占めるのが物足りないかもしれない。

デジタルアーカイブだけではなく、電子文書の取扱いや電子決裁加速化など、文書管理システム・電子決裁システムなどITの観点や、文書分類や簿冊管理など実務的な文書管理の観点、公文書を公開することによるデメリットや、セキュリティ、個人情報保護、インテリジェンス等の観点などがあれば面白かったかもしれない。

公文書管理については、様々な問題が噴出し、様々な議論がなされているものの、専門家がほとんどいないという現状がある。
その中で、数少ない公文書管理の入門書として分かりやすく学べる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/11/03 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。