サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  よりよい人間関係のために ー学び直しと悩み解決のヒントー ~2/16

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2019/05/07
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくまプリマー新書
  • サイズ:18cm/217p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-480-68351-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

物語は人生を救うのか (ちくまプリマー新書)

著者 千野帽子 (著)

人生はままならないもの。それを引き受け、困難を乗り越えるためには物語が必要だ。私たちの周りにあふれている物語とは何かを考える。「人はなぜ物語を求めるのか」につながる本。『...

もっと見る

物語は人生を救うのか (ちくまプリマー新書)

税込 924 8pt

物語は人生を救うのか

税込 825 7pt

物語は人生を救うのか

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.6MB
Android EPUB 6.6MB
Win EPUB 6.6MB
Mac EPUB 6.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人生はままならないもの。それを引き受け、困難を乗り越えるためには物語が必要だ。私たちの周りにあふれている物語とは何かを考える。「人はなぜ物語を求めるのか」につながる本。『webちくま』連載を加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

人生はままならないもの。それを引き受けるには人は弱い生きものだ。困難を乗り越えるためには物語が必要だ。それは私たちを救ってくれるのだろうか?【商品解説】

人生はままならないもの。それを引き受け、困難を乗り越えるためには物語が必要だ。それは私たちを救ってくれるのだろうか。【本の内容】

目次

  • はじめに
    • 人間は物語を必要としている?/人間は不可避的にストーリーを合成してしまう/『人はなぜ物語を求めるのか』
  • 第1章 人間は派手なできごとが好き?
    • 1 犬が人を嚙むか、人が犬を嚙むか
    • 人が犬を嚙んだらニュースになる?/外的要点−なぜ「その」ストーリーを語るのか?/人が犬を嚙むストーリーを語る理由
    • 2 珍しいできごとと、けしからぬできごと
    • 報告価値とは、通常の意味の「価値」ではない/中居正広さんと〈紀州のドン・ファン〉夫人/報告価値は意識的判断の問題ではなく、ミームの問題?/蓋然性の公準からの逸脱/現象が報告価値を持つかどうかは、人が置かれた状況によって違う/報告価値=確率の低さ(情報量)+意味づけ可能性?/道徳規範、その他の規範からの逸脱
  • 第2章 それ、ほんとの話?
    • 1 ストーリーには、派手なできごとさえあればいいのか?
    • 受信者が好むと好まざるとにかかわらず、受信者にアピールする型のニュース/個人的な意志あるいは意識とは無関係に、情報として取りこまれやすいできごと/「ひどい話」情報が人を動かすのはどういうときか/フィクションには「ほんとうらしいこと」が必要、という説/「実話」になにを期待し、「フィクション」になにを期待するか/人はフィクションのストーリー展開に「必然性」を求めがち

著者紹介

千野帽子

略歴
〈千野帽子〉パリ第4大学博士課程修了。文筆家。公開句会「東京マッハ」司会。著書に「読まず嫌い。」「文藝ガーリッシュ」「俳句いきなり入門」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

「救う」「救わない」の分かれ道は?

2019/10/05 15:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の「人はなぜ物語を求めるのか」の続編。前作ではなんでも「お話」にして意味づけてしまう人間の性質が出てきた。本書ではさらにそれを展開していく。

人は意味づけをして「自分なりのストーリー」をつなげて安心する、というところがある。「自分の人生」を理解するのにも自分なりの意味づけをしたストーリーを作っている。ただ。この物語については「自己否定」をさけたいという力も働くのだろう、筋立てを間違うことも多くなるのではないだろうか。物語をまとめることで安心することもできるが間違うこともある。書いてみれば当たり前かもしれないがなかなか「そう考えるのは間違い」とは言えないということだろうか。

小説に救われるかどうか、は別として自分の人生の物語は作り方によってはどちらにもなり得るようだ。そのあたりの「物語の性質」を知っておいて頼りすぎない、ということぐらいしかなのかな、と思った。

前著と同じく哲学的用語を使った解説も入ってくるので「楽に読める」話ではなかった。著者のストーリーが読み手に取って意外な部分が多いということかもしれない。

本書自身は私にとってまだ「一つの物語」の形をとってくれていない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

主観と客観の区別があいまい

2019/07/01 21:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まるこぽーろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

たくさん参考文献を提示されているので一見論説のように見えますが、根拠の例示がなかったり、人文科学として先行文献に触れてないのではないかと思わせる箇所があったり、いちいち「それって本当?」と首を傾げながら読んでいました。表象を解説する書籍でありながら、表象と社会の相関関係を無視するような記述が多いので、言葉遊びで結論を導き出しているような印象です。参考図書や散りばめられたキーワードはとても勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/06/23 14:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/03 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/12 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/09 14:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/15 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/21 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/14 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/18 07:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/14 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。