サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ポイントUPキャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 本・読書・出版・全集の通販
  4. 本・読書の通販
  5. 興陽館の通販
  6. 本は読んだらすぐアウトプットする! 「書く」「話す」「伝える」力がいっきにつく55の読書の技法の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/07/10
  • 出版社: 興陽館
  • サイズ:19cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87723-240-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

本は読んだらすぐアウトプットする! 「書く」「話す」「伝える」力がいっきにつく55の読書の技法

著者 齋藤孝 (著)

アウトプットすれば読んだ本がいっきに役立つ! 仕事に必要なあらゆる能力を一気に上達させる「アウトプット読書の技法」を具体的に紹介する。おすすめの図書や、能力アップのトレー...

もっと見る

本は読んだらすぐアウトプットする! 「書く」「話す」「伝える」力がいっきにつく55の読書の技法

税込 1,430 13pt

本は読んだらすぐアウトプットする!

税込 1,320 12pt

本は読んだらすぐアウトプットする!

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 18.4MB
Android EPUB 18.4MB
Win EPUB 18.4MB
Mac EPUB 18.4MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アウトプットすれば読んだ本がいっきに役立つ! 仕事に必要なあらゆる能力を一気に上達させる「アウトプット読書の技法」を具体的に紹介する。おすすめの図書や、能力アップのトレーニング方法も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

‟読書の大家 “さいとう先生が直伝!
「読んだら忘れない」「スキルがつく」アウトプット読書法!

□伝える力□書く力□話す力□語彙力□思考力□集中力□指導力□プレゼン力・・・・がつく!

「本はよんだらすぐアウトプットする」ことで、自分の血となり肉になります!
インプットをアウトプットに変える55の読書の技法をこの一冊に!

◎横書きでさくさくっとどこからでも読めて、わかりやすい!
☆読みっぱなしじゃもったいない。読んだらすぐ実行!!

読んでも忘れない!効果を最大化する読書法ががこの一冊に!あなたの本の読み方がどんどん充実していきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本離れ」が叫ばれて久しい昨今ですが、おそらく多くの人が本を読まななくなった理由の一つは「読んだそばから忘れるから、何のために読んでいるかわからない」ことにあるのでしょう。本書で紹介する「アウトプット読書」は、そのむなしさを払拭するものであり、「話す」「伝える」「書く」力など、仕事に必要なあらゆる能力を一気に上達させる読書法です。

読んだ本を自分のスキルに変えていくためには、本は読んだらすぐアウトプットしていくことです。
本を読むことそのもので養われる力もあります。

たとえば「思考力」「集中力」「忍耐力」、「文脈を理解する能力」「要点をつかむ能力」「語彙力」「文章力」など、仕事に必要な基本能力が養われます。

本書では、「どんな本を、どう読めば、どんなスキルが身につくか」を、おすすめ図書の紹介や能力アップトレーニング方法などをまじえて解説していきます。

本書はどのページから開いてみてもかまいません。
気にいったページの「アウトプット読書の技法」を実践してみてください。
一つひとつはちょっとした簡単なことばかりです。
実践していくと、読書がもっとたのしなり飛躍的に仕事の力がついてきます。


(本書の構成)
PART1読んだ本は忘れてしまうまえにアウトプットすればいい!
PARTⅡ読んだ本から「伝える」「話す」「書く」力を引き出す!
PARTⅢ本は読めば読むほどいろんな「スキル」があがる
PARTⅣ本を読めば心がしなかやかに整う【商品解説】

著者紹介

齋藤孝

略歴
〈齋藤孝〉1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。明治大学文学部教授。「声に出して読みたい日本語」で毎日出版文化賞特別賞、「身体感覚を取り戻す」で新潮学芸賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

これは「ビジネス本」に入るかな

2019/09/05 17:10

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

講演する人に昔聞いた話ですがが、聴衆が老若男女幅広い層というのが一番やりにくいといいます。
 同じ志向の人であればそちらの方向で話ができるが、志向が違えば話が多方面になって収拾がつきにくいのでしょう。
 本をどう読むか、さらには副題にあるように「書く」「話す」「伝える」力がいっきにつくというこの本の場合、著者は読者をどう設定したのだろう。
 その答えは冒頭に出てきます。
 よく読む本の傾向を尋ねるページが最初にあって、「ビジネス本」をよく読む人は「自分の能力を伸ばして仕事に役立てよう」とするタイプで読んだ本をスキルに変えることを、「小説・漫画」をよく読む人には、読んだ内容を忘れない方法を学べるとあります。
 つまりは、どちらのタイプでも大丈夫だというわけですが、文章のトーンはどちらかといえばビジネス志向。文章の端々に「仕事でうまくいくには」的な書き方があります。
 なので、この本は本好きの人というよりは「ビジネス本」に近いように思います。

 目次を読むと、さらによくわかります。
 「伝える力」「引用力」「雑談力」「文章力」「スキルアップ」「リーダーシップ」などの項目名が並んで、「ビジネス本」でよく見かけるような構成になっています。
 斎藤孝さんが親切なのはそれらの項目の時々で、本の紹介が入ること。それらの本のほとんどが古典というのもいいし、「ビジネス本」もカバーしているのも、想定した読者向けの選択です。

 読書をどう仕事に生かすか、そんな「ビジネス本」と割り切って読むのがいいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/07/22 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/23 12:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/29 09:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/14 12:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/21 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/17 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/06 19:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/18 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/16 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/10 08:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/01 01:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/10 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/23 10:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/12 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。