サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「デザインで読むハヤカワSFフェア」ポイント5倍キャンペーン (~7/24)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

楽園の歴史 3 喜びへの希望
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/06/13
  • 出版社: 新評論
  • サイズ:22cm/722p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7948-1123-3
  • 国内送料無料

紙の本

楽園の歴史 3 喜びへの希望新刊

著者 ジャン・ドリュモー (著),西澤 文昭 (訳),永見 文雄 (訳)

「この地上に存続しているはずだと人々が信じた楽園」への希求を紹介する楽園の歴史。3では、古代〜20世紀末、天国が形を変え、ついにはほとんど消えてしまうまでを、資料を駆使し...

もっと見る

楽園の歴史 3 喜びへの希望

税込 9,720 90pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「この地上に存続しているはずだと人々が信じた楽園」への希求を紹介する楽園の歴史。3では、古代〜20世紀末、天国が形を変え、ついにはほとんど消えてしまうまでを、資料を駆使し、様々なテーマを見出し描写する。完結。【「TRC MARC」の商品解説】

本書は西洋キリスト教文化圏における宗教的心性史研究の最高峰、〈楽園の歴史〉三部作の最終巻にあたる。第Ⅰ巻『地上の楽園』ではキリスト教初期の時代から18世紀まで、西洋の心性と多くの学究が素朴にかつ真剣に挑んできた「地上の楽園探し」(「創世記」のエデンの園はこの世のどこにあるのか)の総体を明らかにした。続く第Ⅱ巻『千年の幸福』では、千年王国論という異端の思想が歴史の伏流として同時に存続し、時代が動くたびにその影響力が突出した形で現れてくることを論証した。
 一方、第Ⅲ巻の本書『幸福への希望』は、天国に幸福を求めた人類の努力とその帰結、すなわち、宗教的心性が各時代の学芸・文化をいかに刺激し発展させてきたのか、またそれらによって生み出された「天国」の形象が近代によっていかに解体されたかをたどる探究の書となった。そもそも、西洋的幸福感を強力に支配してきた天国とはどのように定義されてきたのか。その位置は、形状は、そこに住むのは誰なのかなど、無数の問いに対する回答が彫刻・絵画・音楽・建築物といったさまざまな文物によって提出されてきた。著者ドリュモーは、膨大な一次資料と考証によって「天国」を解き明かすが、31章にわたる長い探究の案内人として彼が選んだのは、15世紀ネーデルラント絵画の鼻祖、ファン・エイク兄弟の手になるゲント〔=ヘント。ベルギー〕の祭壇画(「神秘の子羊」)である。われわれは本書のさまざまな議論をたどった後、「天国」を決定づけたこの奇蹟の作品に立ち返ることを求められ、結論をそこに見出すことになろう。また、天国の形象を作り出したさまざまな文物への精緻な分析に立ち会いながら、「神秘の子羊」に描かれた細部を読み直すことになろう。こうした往還はおそらく、西洋キリスト教文化を支えてきた「人間の営為」そのものの理解へとわれわれを誘うはずである。
 『恐怖心の歴史』(1978年、邦訳1997年)から始まる著者の心性研究のテーマは「恐怖心」から「安心感」、そして「幸福感」へと至るべく構想されていた。本書はまさに、著者が当初より見定めていた宗教的心性史研究の未踏の到達点である。(にしざわ・ふみあき 中世フランス文学)【商品解説】

目次

  • 古代から近代まで、西洋の文物と科学を刺激し続けたキリスト教的「幸福=天国」観の生成と解体。宗教的心性史研究の金字塔。〈楽園の歴史〉Ⅲ(全3巻完結)

著者紹介

ジャン・ドリュモー

略歴
〈ジャン・ドリュモー〉1923年ナント生まれ。パリ高等師範学校卒業。コレージュ・ド・フランス名誉教授。アナール派第3世代に属する歴史家。著書に「恐怖心の歴史」「罪と恐れ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

キリスト教 ランキング

キリスト教のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。