サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  懐かしくて新しい "昭和"に遊ぶ ~8/24

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 493件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/06/06
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/468p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-791290-1
文庫

紙の本

マチネの終わりに (文春文庫)

著者 平野啓一郎 (著)

【渡辺淳一文学賞(第2回)】深く愛し合いながら一緒になることが許されなかった蒔野聡史と小峰洋子。2人はなぜ別れなければならなかったのか。そして、再び巡り逢えるのか。恋の仕...

もっと見る

マチネの終わりに (文春文庫)

税込 935 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【渡辺淳一文学賞(第2回)】深く愛し合いながら一緒になることが許されなかった蒔野聡史と小峰洋子。2人はなぜ別れなければならなかったのか。そして、再び巡り逢えるのか。恋の仕方を忘れた大人に贈る恋愛小説。2019年11月公開映画の原作。【「TRC MARC」の商品解説】

平野啓一郎のロングセラー恋愛小説、ついに文庫化!

たった三度出会った人が、誰よりも深く愛した人だった――

天才ギタリスト・蒔野聡史、国際ジャーナリスト・小峰洋子。

四十代という〝人生の暗い森〟を前に出会った二人の切なすぎる恋の行方を軸に

芸術と生活、父と娘、グローバリズム、生と死など、現代的テーマが重層的に描かれる。

最終ページを閉じるのが惜しい、至高の読書体験。

第2回渡辺淳一文学賞受賞作。【商品解説】

クラシックギタリスト・蒔野と国際ジャーナリスト・洋子。 四十代に差し掛かった二人の切なすぎる恋。平野啓一郎のベストセラー作。【本の内容】

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー493件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

M氏

2019/07/27 10:04

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M氏さん - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気に読み終える文章力。
すごく好きな作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

分人主義の進化

2019/06/30 03:17

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゅん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「決壊」以降、平野さんが作品の中で提唱してきた、「分人主義」がこの作品で、進化している。
「愛すること」の意味が、「かたちだけの愛」の時の解釈より深まっている。哲学的に捉えて読んだとしても、かなりいい作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どうしようもない、もどかしさが。。。

2019/11/16 12:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杏実 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハッピーエンドな恋愛物語ではないけど、二人の関係がとてももどかしく、でも現実でもこうゆうもどかしさってよくあるよなーと思いつつ、主人公の二人がそのもどかしい運命を知ってどう行動するのかが気になって最後まで読めました。
本人の意思に反して起こってしまったことは仕方のないことだし、人生には自分でコントロールできずに、苦労したり喜んだりすることばかりだと思うけど、そんな中、主人公二人が起きた出来事を知ってそれを踏まえてとっていく行動がシュールでもあるけど強さと優しさを感じるものでとても感動しました。
強さと優しさと人生のもどかしさを感じる物語だったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しく、苦しい世界

2021/02/05 23:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sekainohate - この投稿者のレビュー一覧を見る

彼らには、その選択肢しか残っていなかったのだろうか。
数多の選択肢を選び続けて生き続ける私たちは、ふとすると、選んでいるということそのものを忘れてしまう。しかし、私たちは選び続けねばならない。
そして、その選択も毎回正しいほうを選んでいるとは誰も言い切れない。むしろ、その選択の結果、悲劇が訪れることが分かっていようとも、破滅するほうを何としてでも選ばねばならぬ、という情動に駆られることも多い。
情動と愛憎が渦巻く、湿度の高い時間が流れる名作である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生には主役を演じることのできる人とそうでない人がいる

2020/10/17 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は単行本が出た時から評判が良かったので、読みたい読みたいと思っていたのだが渋ちんの私は「人気があり本だから文庫本になるやろ」と待っていたのだ。早苗は「人生には主役を演じる人と、演じることのできない人がいる。私は主役を演じる人を支える脇役として人生を生きていきたい」と語る。その言葉に同感してしまった私は、本当は敵役として憎むべきである彼女のことをあまり憎めなかった、主人公二人があまりのも輝いている主人公だから。主人公二人が出会う場面で物語は終わるのだが、もし続きがあるとしたらどんな終わり方がいいのだろう。友達として再会を喜び合うのか、それとも・・・。早苗に肩入れする私としては、やはり前者になってほしい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

重いテーマも感じる1冊

2019/11/27 22:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦場ジャーナリスト後藤さんから色々とお話を聞いていたのですね。ギターの音色や恋愛模様だけじゃなく、見えない何かが伝わるのは、そのせいだったんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今、ベストセラーの小説です!

2019/11/26 14:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、平野啓一郎氏による作品です。私は、同書を読むまで、平野氏のことを知らなかったのですが、この作品を読んで平野氏の作品がもっと読みたくなりました。内容は、天才クラシックギタリストである蒔野聡史と国際ジャーナリストの小峰洋子という二人が、40代という、いわば「人生の暗い森」を目前に出会った切ない恋の物語です。様々な思惑や状況がきめ細かに描かれており、とても心染みる作品となっています。ベストセラーになるだけのことはあります!ぜひ、多くの方がtに読んでいただきたい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しい

2019/11/02 10:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marietta - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく美しい。読み終わるのがとても寂しく何度もページをめくりたくなる。
そんな大切にしたい詳説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人の恋愛小説

2019/10/24 13:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雄ヤギ - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても読みやすい文体でサクサク読み進めることが出来、同時に音楽家や文学者、哲学者の名前もでてきて勉強になる。自分のためだけではなく、相手のことも思って行動するのが大人の恋愛なのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読書芸人さん

2019/08/08 20:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

などを中心におすすめ本として話題になり、ついに秋には映画化ですね。読むのが遅い自分は公開までには読みたいけれど、映画を見に行ってから、読んで主人公達の声が福山雅治と石田ゆり子で脳内補完されるのも楽しいな!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知的な世界観

2019/09/30 03:20

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:une femme - この投稿者のレビュー一覧を見る

ある程度年齢を重ねると、未来だけを見ていきていけなくなる。過去を振り返る時間が、未来だけを見つめていられたまっすぐだった若い頃より、多くなる。そんなことを考えるようになって、この小説を読み、読むことができ、良かったと思った。
主人公の 芸術や音楽の解釈も、面白い。時々、音楽の演奏を、自分なりに解釈してみても、それを言葉にして、表現する機会がない自分にとっては、主人公の言葉を読むことが、面白いのである。ただ、主人公が、恋をする相手が、完璧過ぎて、こんなに完璧な女性は存在するのだろうかという思いに駆られながら、読んだ。そこには、少し違和感があった。
芥川賞受賞時、三島由紀夫の再来と謂われた、作者の文体は、変化しているようにも思われますが、やはり、今や日本の他の作家にはない、知的な世界観があり、また乱れた言葉がなく、素晴らしいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぜひ読んで欲しい一冊

2020/05/21 16:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

それぞれの人生、それぞれの考え方、それぞれのタイミング、色んなものが、ふたりの2つの人生をくっつけたり、離したり...
切ないすれ違いが読んでいて、『この2人はどうなるんだろう、この2人は何がきったかけとなるのだろう』と思い巡らし、読み進めるのが楽しかった一冊です。
最後の締めくくり方も、なかなか私は好きな感じでした。
映画は見ていませんが、本のいいところはやはり、主人公の微妙な表情を『想像』できるのが、楽しいところですよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

号泣しながら読んだオトナ恋愛本

2020/04/30 08:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TKYite - この投稿者のレビュー一覧を見る

予告で気になっていた同名の映画が、観る前に上映が終了してしまい、原作本を購入しました。

遠く離れた男女2人の長年に渡る愛の話。時系列で両者の立場から書かれており男女どちらも読みやすいと思いました。

「恋愛は2人でするもの」ですが、主人公2人の周囲にいる色々な人間が絡み、憧れや無情さに一部号泣しながら読了。実話が基になっているフィクション。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恋愛小説としては…?

2021/02/06 20:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チェリーマム - この投稿者のレビュー一覧を見る

人気があり、評判にもなっていたので文庫で初めて読みましたが、私は感情移入できませんでした。ストーリーの展開に無理が多すぎると思います。主人公のこころの変化に「ありえない」と感じるところがあり、ついていけませんでした。恋愛小説としても、評価ほどの内容か、非常に疑問です。辛口でごめんなさい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ネタバレ

2021/01/19 23:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ギタリストの主人公とジャーナリストの女性の偶然と必然の擦れ違いを描いた恋愛小説。40歳手前にして出逢ったかなり大人な二人ではあるが、幼い初恋の様な後引く触れられぬ神聖さが感じられた。

【ネタバレ】でもやっぱ年齢が年齢なのにイジイジしてるし、子を授かってるのにまだぐちゃぐちゃしてるのが許せなかった。モデルが居るみたいだけど流石にその部分は完全なるフィクションである事を子供のためにも願いたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。