サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ギフトラッピング 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~8/21

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 文藝春秋の通販
  6. 美しき愚かものたちのタブローの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 219件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/05/31
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/441p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-391026-0

紙の本

美しき愚かものたちのタブロー

著者 原田マハ (著)

モネ、ルノワール、ゴッホ…。日本の若者に本物を見せたい。その一心で絵画を買い漁った男がいた−。アートに魅せられ、不可能を可能にした4人の男たちと、国立西洋美術館の礎“松方...

もっと見る

美しき愚かものたちのタブロー

税込 1,815 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

モネ、ルノワール、ゴッホ…。日本の若者に本物を見せたい。その一心で絵画を買い漁った男がいた−。アートに魅せられ、不可能を可能にした4人の男たちと、国立西洋美術館の礎“松方コレクション”の軌跡を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

日本に美術館を創りたい。
ただ、その夢ひとつのために生涯を懸けた不世出の実業家・松方幸次郎。
戦時下のフランスで絵画コレクションを守り抜いた孤独な飛行機乗り・日置釭三郎。
そして、敗戦国・日本にアートとプライドを取り戻した男たち――。
奇跡が積み重なった、国立西洋美術館の誕生秘話。
原田マハにしか書けない日本と西洋アートの巡りあいの物語!

日本人のほとんどが本物の西洋絵画を見たことのない時代に、ロンドンとパリで絵画を買い集めた松方は、実はそもそもは「審美眼」を持ち合わせない男だった。
絵画収集の道先案内人となった美術史家の卵・田代との出会い、クロード・モネとの親交、何よりゴッホやルノアールといった近代美術の傑作の数々によって美に目覚めていく松方だが、戦争へと突き進む日本国内では経済が悪化、破産の憂き目に晒される。道半ばで帰国した松方に代わって、戦火が迫るフランスに単身残り、絵画の疎開を果たしたのは謎多き元軍人の日置だったが、日本の敗戦とともにコレクションはフランス政府に接収されてしまう。だが、講和に向けて多忙を極める首相・吉田茂の元に、コレクション返還の可能性につながる一報が入り――。

世界でも有数の「美術館好き」と言われる日本人の、アートへの探究心の礎を築いた男たち。美しい理想と不屈の信念で、無謀とも思える絵画の帰還を実現させた「愚かものたち」の冒険が胸に迫る。【商品解説】

著者紹介

原田マハ

略歴
〈原田マハ〉1962年東京都生まれ。フリーのキュレーター、カルチャーライター。「楽園のカンヴァス」で山本周五郎賞受賞。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー219件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

この奇跡を多くの人に目撃して欲しい

2019/08/31 09:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mino - この投稿者のレビュー一覧を見る

先日初めて国立西洋美術館に足を運んだ。どうやらモネが観られる様だという期待とル・コルビジェが設計した美術館をついに訪れたという想いしか持たずに。それ故、松方コレクションに触れた衝撃は大きかった。壮絶なドラマに心を打たれた。開館60年、ここにくるまでにどれだけの人々が尽力したのか。名作の数々…。今や世界で最も有名な絵画の一つである『アルルの寝室』もかつてその一部だったとは。帰宅後、奇跡のコレクションをマハさんが本にしていたと知った。この奇跡を多くの人に知ってもらいたい。そして目撃して欲しいと強く願っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私たちが名画を鑑賞できるのは

2019/07/11 17:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第161回直木賞候補作。(2019年)
 巻末に「この物語は史実に基づくフィクション」とある。
 登場人物の誰がフィクションなのか詳しくはわからないが、上野にある国立西洋美術館の礎を作った、いわゆる「松方コレクション」の生みの親松方幸次郎はそのままの名前で登場する。
 主人公的な存在として描かれる美術研究者田代雄一だけは名前を変えられて描かれている。
 そのモデルは美術史家の矢代幸雄と思われる。
 モデル探しをしているのではない。
 この長編小説に描かれた世界そのものを読者は堪能すればいいのだし、「松方コレクション」がどのような意図で生まれてき、戦火の中をどのように生き、戦後日本に戻った経緯を、スリリングな物語として読み切ればいい。

 松方幸次郎が絵画を買い集めた理由を、「欧米に負けない美術館を日本に創り、そこにほんものの名画を展示して、日本の画家たち、ひいては青少年の教育に役立てたいと願ったから」と、この物語で記される。
 もっとも松方はもともとそういう高尚な考えを持っていたわけではない。
 松方の心をひきつけた絵画(タブロー)があったからだし、この作品の中でしばしば具体的な作者と作品名をあげてその前で心を揺さぶられる登場人物の姿を、原田マハさんは描いている。
 絵画(タブロー)の前で敬虔な気持ちで立ち尽くす人たち。そんな人物を描かせれば原田さん以上の書き手は今はいないのではないだろうか。
 アート小説として、この作品は今までになく重厚な構成で作品の奥深さを感じた。

 単行本の表紙装画がいせひでこさんの作品だということを書き加えておく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

松方コレクションの秘密と守り抜いた人たち

2019/10/24 21:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルの通りです。史実を基にしたフィクションもすっかりドキュメンタリーで、ノンフィクションと思わせる。さすがマハさん!!色々言う人もいるかもしれませんが、「想い」は事実です!!当時の日本の背景も勉強になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

松方

2019/09/04 20:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

松方コレクションという存在は知っていましたが、そのことについての話に、ぐいぐい引きつけられて読み上げました。それほど昔の事ではないのだけど、今とは全く違った状況の中、作品を収集する事の難しさに感動しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本物の芸術を日本へ

2019/07/27 19:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大戦前、西洋芸術にまだ昏かった日本国民に本物の西洋芸術を見せたいと一大コレクションを築いた松方幸次郎と、
戦中、コレクションを守った男と、
戦後すぐ、そのコレクションを取り戻すために奔走した男たちの話。
テンポのいいストリー展開と、使命感あふれる男たちのお話。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

史実に基づくフィクションはいいが…

2022/03/23 15:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

直木賞候補にもなった作品。原田マハさんらしく、読みやすい美術小説。
ただ中途半端に美術の知識がある読者にとっては心なしか違和感が。実在する人物を登場させてのフィクションであるがゆえの分かりにくさがある。
フィクションでなければ書けない真実や本質もあるだろう。
ならばもっと踏み外した完全フィクションにするか、ノンフィクションで書いた方が面白かったのではないか、とも思える。
筆者が一番伝えたかった/読者に感じてほしかったのは何だろう。
この中途半端な感じが直木賞選考委員の「何が言いたいのか分からない」との評につながったのではないかという気もした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/08/14 19:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/13 02:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/26 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/24 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/21 18:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/20 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/12 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/21 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/25 08:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。