サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「デザインで読むハヤカワSFフェア」ポイント5倍キャンペーン (~7/24)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

私たち異者は
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/06/25
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:20cm/244p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-560-09710-6

紙の本

私たち異者は新刊

著者 スティーヴン・ミルハウザー (著),柴田元幸 (訳)

【The Story Prize(2012年)】〈異者〉となった私と2人の女性との奇妙な交流を描く表題作をはじめ、通りすがりの男がいきなり平手打ちを食わせてくる事件が続発...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【The Story Prize(2012年)】〈異者〉となった私と2人の女性との奇妙な交流を描く表題作をはじめ、通りすがりの男がいきなり平手打ちを食わせてくる事件が続発する「平手打ち」など、驚異の世界を緻密に描き、リアル現出せしめる蠱惑的な全7篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

平凡なものが奇怪になる瞬間

 職人的に精緻な筆致で、名匠が切り拓く新たな地平。蠱惑的な魔法に満ちた7篇を収録した、最新の傑作短篇集。
 翻訳者の柴田元幸氏は、「ミルハウザーといえば『驚異』がトレードマークとなってきたが、この短篇集では(中略)驚異性はむしろ抑制され、ごく平凡な日常生活に小さな異物を(あるいは異者を)挿入することで、日常自体に蠱惑的な魔法を息づかせ、と同時に日常自体の奇怪さを浮かび上がらせている」と、本書の魅力を指摘する。
 通りすがりの男がいきなり平手打ちを食わせてくる事件が続発する町の動揺を描く「平手打ち」。放課後も週末もいつも一緒にいる仲の彼女が決して話したがらず、だからこそ僕は気になって仕方ない「白い手袋」。いつのまにか町に現われ、急速に拡大していく大型店舗の侵食ぶりを描く「The Next Thing」。ある日目覚めると、ベッドに横たわり動かぬ自分を見下ろしていた私は、事態を呑み込めないままさまよいだす。やがて出会ったある女性との奇妙な交流とその行方を描く表題作など、どの作品も筆が冴えわたっている。
 本書は、優れた短篇集に授与される《The Story Prize》を受賞している。【商品解説】

収録作品一覧

平手打ち 7−52
闇と未知の物語集、第十四巻「白い手袋」 53−96
刻一刻 97−108

著者紹介

スティーヴン・ミルハウザー

略歴
〈スティーヴン・ミルハウザー〉1943年ニューヨーク生まれ。アメリカの作家。「マーティン・ドレスラーの夢」でピュリツァー賞を受賞。ほかの著書に「エドウィン・マルハウス」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ミルハウザーの入り口に良い!

2019/07/10 08:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りー - この投稿者のレビュー一覧を見る

一人の少年が摩天楼のようなホテルを建てるまでを描いた『マーティン・ドレスラーの夢』でミルハウザーデビューをしたのもあって、彼の作品はどこかでボタンを掛け違えてしまった奇妙さと切なさを伴ったものという印象が強く、本作はまさにそんな僕のど真ん中を撃ち抜く痒いところに手が届く短編集だった。特に「The Next Thing」はドレスラーの夢を思わせる施設が出てきて胸が熱い。作品のボリュームも適度で読みやすく、ミルハウザー始めの一冊としてもおすすめ。ちょっと奇妙な味の小説を求める方に!ぜひ!
そして次作にはぜひマーティンドレスラーの夢を!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/07/21 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/28 10:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/25 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。