サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「地球温暖化」の不都合な真実
「地球温暖化」の不都合な真実 「地球温暖化」の不都合な真実
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/06/21
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:19cm/307p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-535-78887-9
専門書

紙の本

「地球温暖化」の不都合な真実

著者 マーク・モラノ (著),渡辺正 (訳)

地球温暖化に警鐘を鳴らし続ける国連やIPCCの真の狙いとは? 温暖化が原因とされる現象すべてに渡り、綿密な調査と説得力ある構成で疑問点を解消する書。人為的温暖化論のあやし...

もっと見る

「地球温暖化」の不都合な真実

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

地球温暖化に警鐘を鳴らし続ける国連やIPCCの真の狙いとは? 温暖化が原因とされる現象すべてに渡り、綿密な調査と説得力ある構成で疑問点を解消する書。人為的温暖化論のあやしさと犯罪性を浮き彫りにする。【「TRC MARC」の商品解説】

アメリカAmazonベストセラー

地球温暖化(気候変動)は心配いらない――とマーク・モラノ
は私たちを安心させる。
――ジョン・コールマン(気象予報士)

科学的事実と理性をもとに、アル・ゴアや国連、大手メディア
が叫ぶ温暖化脅威論を粉砕しきった本書の出版を喜びたい。
移動手段といえば自家用ジェットか大型リムジンしか知らず、
豪邸を何軒か構えながら、つましく暮らせ、エネルギーは
配給制にせよ、と庶民に説教する人々の偽善も暴く。
幼稚園児から十代までの子をもつ親は、本書を読んで
子どもたちを洗脳から守ろう。
――シーン・ハニティー(フォックスニュース『ハニティー』などで活躍)

1880年以降の1℃未満上昇がシロクマを痛めつけ、干ばつや洪水、
暴風雨、山火事を増やしたという主張にも根拠がないことを、
モラノは完膚なきまでに説明した。
脅威派各位の声もとり上げた本書はバランス感覚がいい。
脅威派とちがって彼は公明正大な議論を心から楽しみ、むろん
自分の勝ちを確信している。読了後の皆さんも、きっと
そうお感じだろう。
――カレブ・ロシター(気候統計学者。アメリカン大学教授)

(本書、「推薦の辞」より抜粋)

地球温暖化に警鐘を鳴らし続ける国連やIPCCの真の狙いは何でしょうか。
メディアを含む関連業界が温暖化ホラー話を好むのはなぜでしょうか。
「科学者の97%が人為的温暖化説に合意」は本当でしょうか。
――こうした疑問点を本書が解き明かします。【商品解説】

目次

  • 推薦の辞
  • 序文
  • 1章 嫌われ者の身上書
  • 2章 いつか来た道
  •    気候ホラー話の200年
  • 1970年代の寒冷化騒ぎ
  • 向きの逆転
  • 3章 虚構の「合意」
  • 科学者でさえ騙される
  • じつはせいぜい数十名

著者紹介

マーク・モラノ

略歴
マーク・モラノ(Marc Morano)
1968年、米国ワシントンDC生まれ。
1991年にジョージ・メイソン大学政治学科卒業後、ラジオ・テレビ・ウェブ界のジャーナリストとして活躍。
2006~09年、連邦議会上院の環境・公共事業委員会で広報部長。
2009年よりブログClimate Depotを運営し、各国の科学者等と協働で温暖化関連情報を発信。
2016年に映画『クライメート・ハッスル(温暖化詐欺)』を制作・公開。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2019/09/30 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

環境問題・地球温暖化 ランキング

環境問題・地球温暖化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。