サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「身近なことから科学する」ポイント5倍キャンペーン(~5/22)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

令和と万葉集
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日:2019/06/12
  • 出版社: 西日本出版社
  • サイズ:160ページ
  • ISBN:978-4-908443-46-6

紙の本

令和と万葉集新刊

著者 村田右富実 (著)

『よみたい万葉集』監修、『おさんぽ万葉集』著の、村田右富実関西大学教授最新作。 新元号「令和」の典拠となった「万葉集の梅花歌の序」は、話題の『帰田賦』の載っている『文選...

もっと見る

令和と万葉集

税込 1,080 10pt

価格は予価のため、お支払額が変更となる場合がございます。

紙の本を予約購入する

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『よみたい万葉集』監修、『おさんぽ万葉集』著の、村田右富実関西大学教授最新作。
新元号「令和」の典拠となった「万葉集の梅花歌の序」は、話題の『帰田賦』の載っている『文選』だけではなく10以上の中国文学の典拠が複雑に入り組んでいる。
現代人の目から見ると「知識のひけらかし」、いや「オマージュ」「リスペクト」。
どちらともいえるが一つ言えるのは、オリジナリティがあるとはとうてい思えないということ。
ところが典拠とは万葉人の教養、典拠がないのは当時の人としては無教養の証なのです。
なので、典拠の意味を探ってもしかたがない、でもその心根を読み解くことが面白い。

日本最初の元号は「大化」、その後「白雉」「朱鳥」など散発的に用いられた後、「大宝」から元号はレギュラー化していく。
西暦749年は、1月1日から4月14日までが「天平」21年、4月14日から7月2日は「天平感宝」元年、7月2日から「天平勝宝」元年と、年に二回も改元。
ちなみに、「白雉」は山口県で文字通り白い雉が見つかったことで改元。「天平勝宝」は、陸奥の国で黄金が見つかったから、「天平」は平城京で「天王貴平知百年」という文字が背中に浮き出た亀が見つかったことで改元。
そんな改元話のあれこれから万葉集の歌との関連まで、上代研究の一線で活躍する著者が、縦横無尽な筆致でつづる万葉集の話。
理解しているようであやふやな、万葉集と万葉仮名との関係など、知っておきたい知識も満載です。

「万葉集の梅花歌の序」を書いたと言われる大伴旅人の大宰府での生き様を万葉歌で綴った附章、「大伴旅人という生き方ー万葉集への扉ー」は、酒宴での山上憶良との関係、旅の地で亡くなった妻への思いなど、令和の背景を読み解くためには必読。【商品解説】

著者紹介

村田右富実

略歴
1962年生まれ、北海道小樽市出身。北海道大学大学院修了。現在、関西大学教授。上代日本文学専攻 博士(文学)。著書 『柿本人麻呂と和歌史』和泉書院刊(上代文学会賞受賞) 『おさんぽ万葉集』『よみたい万葉集 ポケット万葉写真帖』(小社刊)
監修に『わかる古事記』(古事記出版大賞太安万侶賞)『よみたい万葉集』(小社刊)

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。