サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

終電前のちょいごはん 薬院文月のみかづきレシピ(ポプラ文庫ピュアフル)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2019/06/05
  • 出版社: ポプラ社
  • レーベル: ポプラ文庫ピュアフル
  • サイズ:15cm/301p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-591-16306-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

終電前のちょいごはん 薬院文月のみかづきレシピ (ポプラ文庫ピュアフル)

著者 標野 凪 (著)

福岡薬院の裏通り、古いビルの2階にある小さなお店「文月」は、本が読めて手紙が書ける店。営業は三日月から満月の夜の間だけ。店主の文がつくるやさしいご飯に癒されるほっこり美味...

もっと見る

終電前のちょいごはん 薬院文月のみかづきレシピ (ポプラ文庫ピュアフル)

税込 734 6pt

終電前のちょいごはん 薬院文月のみかづきレシピ

税込 734 6pt

終電前のちょいごはん 薬院文月のみかづきレシピ

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 22.4MB 無制限
Android EPUB 22.4MB 無制限
Win EPUB 22.4MB 無制限
Mac EPUB 22.4MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

福岡薬院の裏通り、古いビルの2階にある小さなお店「文月」は、本が読めて手紙が書ける店。営業は三日月から満月の夜の間だけ。店主の文がつくるやさしいご飯に癒されるほっこり美味しい物語。巻末にレシピ付き。【「TRC MARC」の商品解説】

あなたに寄りそう「こつまみ」をどうぞ。
福岡が舞台のほっこり美味しい物語


福岡薬院の裏通り、古いビルの2階にある小さなお店「文月」は《本が読めて手紙が書ける店》。開いているのは三日月から満月の夜の間だけ。仕事でうまくいかなかったり、恋愛が不安だったり、誰かと話したかったり、家に帰る前にちょっとどこか寄りたいとき、店主の文がつくる気の利いた季節のちょいごはんが、誰の心もやさしく癒してくれます。
ほっこりあたたかくなる美味しい物語。巻末にレシピ付き。

<MENU>
月夜のグリューワイン
森のカクテル
本とおさかなのスープ
池田飲みとしろくま
柚子と適燗
スルメとてんとう虫
バレエシューズとうすぎりショウガハイボール
新茶と煮物
七月のみかづき
文さんの一言メモつき「みかづきレシピ」


■著者
標野凪(しめの・なぎ)
静岡県浜松市出身。
グラフィックデザイナー、建築士の傍ら、移り住んだ福岡でカフェを開業。
現在も東京都内で小さなお店を切り盛りしている現役カフェ店主でもある。
2018年第1回おいしい文学賞にて最終候補となり、2019年に本作でデビュー。

カバーイラスト:ゆうこ【商品解説】

ここは、三日月から満月のあいだだけ営業する不思議なお店——福岡を舞台に紡がれる、おいしくて心温まる人情ドラマ。【本の内容】

収録作品一覧

プロローグ 4−5
月夜のグリューワイン 7−40
森のカクテル 41−78

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ほっと一息

ジュンク堂書店福岡店スタッフさん

福岡薬院の裏通りにあるカフェ「文月」は「こつまみ」(小さく盛られたおつまみたち)をつまみながら、本が読めて手紙が書ける、というコンセプトのお店で、毎月23日の「ふみの日」には便箋と封筒が用意されている。
おっとりとした雰囲気の店主と店の雰囲気に惹かれて人々はたずねてくるが、営業はなんと三日月から満月の間まで。つまり月の半分ほどしか営業していないという不思議なお店だ。
なかなか自分のイメージ通りに仕事がすすまない悩めるデザイナーや、TODOリスト通りに人生を歩みたい女性、地元の出版社で働きながら「物語のちから」を信じている男性や、年老いたやや過干渉な母と、その関係が疎ましかった娘など、文月をたずねてくる人たちは職業も性別も年齢もばらばらだが、共通点があるとすれば「まじめな性格」であるということだろうか。
がんばって、がんばって、まじめに生活を営もうとしている人が本当に疲れてしまったとき、「元気なお店」は少し敷居が高い。
相手ががんばっていれば、自分それにがんばって向き合わないといけなくなってしまう、そういうきまじめさがある人達にこそ、この場所は心地よいにちがいない。
文月の店主は多くを語らず、とにかく押しつけがましくない。
この物語はフィクションだが、福岡薬院をたずねてみれば、おいしい食事と飲み物を提供し絶妙な距離で接してくれる「文月」がそこで待っていてくれるのではないか?そんな気持ちにさせてくれる1冊だ。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

風景描写が丁寧!

2019/07/07 09:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

福岡を舞台にした小説になると、なぜか博多弁がやたら強い…
博多に住む者としては、そこにちょっと違和感を感じます。
今どき、老年の人でも、ここまで博多弁が強い人は稀ですから(いるにはいる)。

…が、いい感じに文月さんが標準語を入れてくれるので、くどさはそこまでないかな。

薬院の雰囲気はしっかり描かれていて、地元民ならすぐに「モデルとなった地域はあそこか」とわかるかも。
それぐらい、描写は丁寧で福岡の町を知らない人を置き去りにすることもありません。

全体的にほっこり。
ポプラ文庫ピュアフルは、主に中高生をターゲット層にしていますが、この小説に出てくる登場人物や設定は、おおよそ20代後半~30代ぐらいで、このレーベルにしてはちょっと異色とも言えるかもしれませんが、もちろん中高生でも…そして、大人でも楽しく読めます。

巻末のレシピもありがたい。

柚子ごはんとおさかなのスープ…作ってみようかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/06/01 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。