サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0810-13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 205件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/07/11
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/545p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-391054-3

紙の本

夏物語

著者 川上 未映子 (著)

【毎日出版文化賞文学・芸術部門(第73回)】パートナーなしの妊娠・出産を目指す夏子。彼女のまえに、精子提供で生まれ「父の顔」を知らない潤が現れ…。芥川賞受賞作「乳と卵」の...

もっと見る

夏物語

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【毎日出版文化賞文学・芸術部門(第73回)】パートナーなしの妊娠・出産を目指す夏子。彼女のまえに、精子提供で生まれ「父の顔」を知らない潤が現れ…。芥川賞受賞作「乳と卵」の登場人物たちが新たに織りなす物語。『文學界』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

毎日出版文化賞 芸術部門受賞
2020年 本屋大賞ノミネートの話題作
パートナーなしの妊娠、出産を目指す夏子のまえに現れた、
精子提供で生まれ「父の顔」を知らない逢沢潤――
生命の意味をめぐる真摯な問いを、切ない詩情と
泣き笑いに満ちた極上の筆致で描く、21世紀の世界文学!
世界25ヵ国で翻訳。米TIME誌が選ぶ 2020年ベスト小説10冊、米New York Timesが選ぶ今年の100冊に選ばれるなど絶賛の嵐に包まれ、いま世界が最も注目する作家、川上未映子の圧倒的長編!

* * * * * *


生まれることに自己決定はない。だが産むことには自己決定がある。
この目も眩むような非対称を、どうやって埋めればよいのか?
母になる女たちは、この暗渠をどうやって越したのか?
どうすれば、そんな無謀で勝手な選択ができるのか?
作者は、「産むこと」の自己決定とは何か? という、怖ろしい問い、だが、
これまでほとんどの産んだ者たちがスルーしてきた問いに、正面から立ち向かう。
――上野千鶴子(「文藝」秋季号)


笑橋で今日も生きる巻子の、物語終盤での言葉に、誰もが泣くだろう。(中略)
この作品は間違いなく傑作である。
――岸政彦(「文學界」8月号)



この作品は、全方向からの意見に耳を傾けているような、
極めてフェアな作りになっている。
それも生殖医療を論じる難しさの中で、
子どもを持つ、というシンプルな願いをどう叶えるかと、模索した結果であろう。
川上未映子は、難しいテーマを、異様な密度で書き切った。
――桐野夏生(「文學界」8月号)


これ以上ないほどシリアスな倫理問題を扱っているが、
大阪弁を交えた語りやセリフの爆発的な笑いの威力よ。
破壊と創造を同時になしとげる川上語も堪能されたし。
――鴻巣友季子(「毎日新聞」7月28日書評)

川上は、女性が女性の身体に与える影響¬力について考え、意図的なものもそうでないものも含めた身体の変化の背景にある感情を、ユーモアと共感をもって描きだしている。
(米「ニューヨーカー」2020年5月11日)

川上は身体について動揺するくらい的確に描いている。(中略)そしてこの作家は身体が求めているものを捉えるのがとりわけうまいのだ。
——ケイティー・キタムラ(作家)米「ニューヨーク・タイムズ」2020年4月7日

* * * * * *

この物語には、人が生まれて生きて、そしていなくなることの、
すべてがある。【商品解説】

著者紹介

川上 未映子

略歴
1976年大阪府生まれ。2007年『わたくし率 イン 歯ー、または世界』『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』で早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞、08年『乳と卵』で芥川賞、09年詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で中原中也賞、10年『ヘヴン』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、紫式部文学賞、13年詩集『水瓶』で高見順賞、『愛の夢とか』で谷崎潤一郎賞、16年『マリーの愛の証明』でGRANTA Best of Young Japanese Novelists、『あこがれ』で渡辺淳一文学賞を受賞。他の著書に『すべて真夜中の恋人たち』、『きみは赤ちゃん』、『みみずくは黄昏に飛びたつ』(村上春樹氏との共著)、『ウィステリアと三人の女たち』など。17年には「早稲田文学増刊 女性号」で責任編集を務めた。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー205件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

大きな意思と強さで語られた作品

2019/12/02 17:21

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

SNSで「いいね」する人じゃなくて、困ったときに側にいてくれる人が大切、そんな人間関係もキャリアのひとつだ。女性が子供を産むことをめぐって、さまざまな意見が響き合う、出産の倫理に関して真摯でシリアスな物語。子どもを産むこと、生まれるということについてのあらゆる声、声、声。子どもを持ちたいと思わない人でさえ引き込まれるのではないかと思った。だってみんな生まれてきたのだから。女性の視点で反出生主義について触れていて、贅沢なほど女性性が詰め込まれている。読者に「あなたは?」と強く思わせ考えさせる小説。親になったこと親であることは私のエゴではないのか?日頃の、昨日の、自分の言動を振り返り、心のうちを覗き込む感覚が、読み終わっても続く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ザ・等身大!ザ・リアル!

2020/04/21 20:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼぶ - この投稿者のレビュー一覧を見る

文体は、文学作品に比べると少しぎこちない感じがするかもしれないし、無骨に思うかも知れません。また、最初はつまらないと思うかもしれません。でも、我慢して読み進めて欲しい。
悪い意味での小説臭さ、「作ったんやろう」感が全く無いのです。描かれている情景、感情はひたすらリアル。特に、自分が「何かをしたい」と思案しているときや、思いが浮かび上がってくるときの心の動きが、とても自分に似ていました。
等身大の自分を曝け出す、というのは難しいもの。でも、どれだけ無骨で、ごつごつしていて、生々しくても、自分は自分。自分を受け入れて、進んでみようと思わせてくれる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

多様な生命の価値観

2020/04/08 22:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

結婚や家族に捉われずに、子を持とうとする夏子の生き方に共感できます。生物学上の父を探す、潤とのコントラストも際立っていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最終的に好きな結末でした。

2019/08/13 10:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さくら - この投稿者のレビュー一覧を見る

みんないい加減に生きてきて、つまづいて、人に迷惑をかけて。自分がしたいことを追求している。「この世界に誰一人として望んで生まれてきたひとはいない」
自分がやろうとしている事は、最初からぜんぶ間違っている事かもしれないけれど、忘れることにしないで、間違うことを選ぼうと思います。夏目夏子の決意。受け止めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夏さんの物語

2021/04/05 12:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nap - この投稿者のレビュー一覧を見る

書きたいテーマが見つかったときに、だったら前の作品のあのキャラクターが使いたいって
思ったんでしょうか。
前半は「乳と卵」のリライト
後半は新規のストーリー。
最後が、おもったより普通でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本屋大賞ノミネート

2021/02/01 02:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2020年本屋大賞ノミネート。38歳、独身、行き詰まった小説家夏子の“生”を窮極まで描いた大長編。自分の子供に会いたいという漠然とした思いからパートナーなしでのAIDの道を実体験者と接触し思索していくずっしり重いテーマ。二部構成で、一部の家族についての回顧はめちゃくちゃ笑える譬喩や、不思議な観点からの表現が多く面白かった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

辛すぎて読み進められない

2020/08/29 13:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くつした - この投稿者のレビュー一覧を見る

母子家庭で貧困だった主人公の描写が辛すぎて読み進められていません。これから先も様々な辛い出来事が待っていそうなので、精神的に大丈夫な時にしか読めないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/08/06 03:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/28 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/10 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/29 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/22 04:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/09 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/03 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/28 15:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。