サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

2022冬の読書応援 200万ポイント山分けキャンペーン ~2/28

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. オンデマンドブックの通販
  4. 技術・工学・農学の通販
  5. 【オンデマンドブック】常温核融合炉(金属結晶閉じ込め型核融合炉)の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日:2019/05/15
  • 出版社: 大山パワー
  • サイズ:A5/243ページ
  • ISBN:978-4-9910812-0-0
  • 国内送料無料

紙の本

【オンデマンドブック】常温核融合炉(金属結晶閉じ込め型核融合炉)

著者 大山 和男(著者)

常温核融合炉が実用化されれば、人類はほとんど無尽蔵の安全なエネルギーを手にすることができます。常温核融合炉の燃料は安定原子の重水素で、生成されるのも安定元素のヘリウムです...

もっと見る

【オンデマンドブック】常温核融合炉(金属結晶閉じ込め型核融合炉)

税込 15,125 137pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

常温核融合炉が実用化されれば、人類はほとんど無尽蔵の安全なエネルギーを手にすることができます。常温核融合炉の燃料は安定原子の重水素で、生成されるのも安定元素のヘリウムです。原理的には放射線や放射性廃棄物が出図、メルトダウンも起こさない理想的な原子炉です。他の原子炉や核融合炉に対する利点は明らかで、地球温暖化対策の有力な手段です。

常温核融合の研究は、多くの情報の中から「常温核融合」と言えるものを選択することに始まります。本書には過去の実験の解説から始まり、常温核融合のメカニズムと理論を解明する過程が書かれています。著者はジグソーパズルを解くようにその解明に当たります。

常温核融合は金属の結晶構造によるチャネリング現象と、金属の導電性の性質による特殊な核融合環境により成り立っています。熱核融合炉がその形態から「磁場閉じ込め型核融合炉」と呼ばれますが、常温核融合炉はその形態から「金属結晶閉じ込め型核融合炉」と呼ぶべきものになります。最終的には常温核融合は原子物理学の100年前のわずかな間違いを修正することで、理論的な全ての説明がつくようになります。本誌に記載されたメカニズムと理論により、これまでの電解実験の過剰熱から核変換までの実験結果が全て説明できるようになります。常温核融合は「核変換反応」という結果が出るまでに「着火反応」、「燃焼反応」、「核変換反応」に類別される反応を経由します。

著者は、このうちの「燃焼反応」を利用する常温核融合炉を創案し、実際に実験炉を製作し、起動に成功しました。本誌にはこの実際の実験炉の形態及び実験経過が再現可能に詳細に書かれています。更に常温核融合実用炉製作の際の実施形態と課題を提示しています。

しかし、ここまで解明されても原子炉である以上、常温核融合炉の開発には放射線を扱う必要があり、私企業としての開発には制約が多くあります。そのために更なる開発には、国の熱核融合炉へ開発資源を集中している現状の見直しが必要だと考えています。著者としては、一日も早く常温核融合炉の実用炉を造りあげ、人類の未来がより明るく輝くものになるようにしていきたいと考えています。【本の内容】

著者紹介

大山 和男(著者)

略歴
著者略歴 大山 和男(おおやま かずお)

1952年 東京都文京区出身

1974年 東京工業大学工学部金属工学科卒業

1976年 東京工業大学工学部材料工学科大学院了

1976年 本田技術研究所入社

2004年 株式会社JOHO設立 代表取締役就任

2010年 常温核融合研究を開始

2016年 大山パワー株式会社に社名変更 常温核融合炉専業に

2019年1月 常温核融合炉起動成功

取得資格(未登録) 弁理士

オンデマンドブックに関するご注意

摩擦熱により印刷の文字が消える場合がございます。消しゴム、フリクション等の使用はお控えください。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。