サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクションの通販
  4. エッセイの通販
  5. 新潮社の通販
  6. ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー The Real British Secondary School Days 1の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1,119件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/06/21
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-352681-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー The Real British Secondary School Days 1

著者 ブレイディみかこ (著)

【Yahoo!ニュース|本屋大賞ノンフィクション本大賞(第2回)】【毎日出版文化賞特別賞(第73回)】【新風賞(第55回)】優等生の「ぼく」が通い始めたのは、人種も貧富も...

もっと見る

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー The Real British Secondary School Days 1

税込 1,485 13pt

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 無料お試し版

税込 0 0pt

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 無料お試し版

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.2MB
Android EPUB 5.2MB
Win EPUB 5.2MB
Mac EPUB 5.2MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【Yahoo!ニュース|本屋大賞ノンフィクション本大賞(第2回)】【毎日出版文化賞特別賞(第73回)】【新風賞(第55回)】優等生の「ぼく」が通い始めたのは、人種も貧富もごちゃまぜの「元・底辺中学校」。世界の縮図のような日常を、思春期真っ只中の「ぼく」と著者である母は、ともに考え悩み乗り越え…。傑作エッセイ。『波』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

大人の凝り固まった常識を、子どもたちは軽々と飛び越えていく。優等生の「ぼく」が通う元・底辺中学は、毎日が事件の連続。人種差別丸出しの美少年、ジェンダーに悩むサッカー小僧。時には貧富の差でギスギスしたり、アイデンティティに悩んだり。世界の縮図のような日常を、思春期真っ只中の息子とパンクな母ちゃんの著者は、ともに考え悩み乗り越えていく。落涙必至の等身大ノンフィクション。【商品解説】

著者紹介

ブレイディみかこ

略歴
〈ブレイディみかこ〉1965年福岡市生まれ。保育士・ライター・コラムニスト。96年から英国ブライトン在住。「子どもたちの階級闘争」で新潮ドキュメント賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1,119件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

「はじめに」を読むだけでも買うべき

2019/08/07 11:33

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

2018年1月号から新潮社「波」が届くのが待ち遠しい。それはブレイディみかこさんの連載がとてつもなく面白いからだ。その連載タイトルが本書『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』です。新刊案内にこのタイトル名があるのを見て<エエーッ!!連載が終わって終うの??>と落胆していたら違った。連載の方も継続中でホッとした。内容があまりにもフレッシュだから一度出版してリアルタイムを感じる読者が増えるのは大いに賛成と思った。新しい読者がこの本を購入するのは喜ばしいことだと他人事のように思っていたのだが。私は?どうするの?買うの?と逡巡しているうちに4刷になってました。まえがきにあたる「はじめに」を読み、「波」で読んでいるからなどと言い訳をしないで買ってよかったと思った。それは「波」8月号の連載で触れられるアニーのことが「はじめに」で少し明らかになるからです。息子さんの言動の中にベテラン保育士アニーさんが授けたモノが顕れるのを母のブレイディみかこさんがキャッチしてはこの連載に上げてくださっている。予定調和ではないフレッシュな連載の書籍化第二弾も待たれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

わくわくがとまらない!

2019/06/27 21:21

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きなブレイディみかこさんの新刊。息子さんの中学校のお話は、イギリスの階級社会とそこにすむコミュニティの物語。これは、また続きを読みたすぎて購入するしかないかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イギリス中学教育にショックを受け、かつ、うらやましくなる本

2020/01/31 22:01

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kittihei - この投稿者のレビュー一覧を見る

読むかどうか、書店でさんざん迷った本。行くたびに目に入るし、なにより黄色い表紙が目立ってる。目の前を往復しすぎて、タイトルもインプット済み。

著者はプレイディみかこという人。外国人男性と結婚した日本人女性だろうか。タイトルから察するに、白人の父と日本人の母を持つ息子の話か。手に取ってみると、元底辺中学校に通う息子とその母のノンフィクションとある。

息子がいじめに遭う暗い話だったら、いやだな。でも、やっぱり気になるので読むことにした。

まずは、イギリスの公立中学校教育に衝撃。すごすぎる。特に性教育。貧困、人種差別、階層差別、社会の分断、LGBTQ、EU離脱など、社会問題も、てんこ盛り。

ヘビーすぎる内容なのに、実に軽妙な文体で、悲観的な雰囲気はゼロ。ちょっとせつないシーンはあるが、一気に読破。イギリス中学教育って、衝撃を通り越して、感嘆するレベル。そして、ちょっとうらやましくなった。

中学生を子に持つ親としては、素直に興味深く、面白かった。

だが一番グッときたのは…。息子がクールでかっこいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イエロー

2020/01/22 17:25

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

本屋大賞で話題になっていたので、読みました。イギリスの普通の人たちの生活ぶりについて、知らないことばかりだったので、面白く読ませていただきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白いというより良い本です

2021/02/23 18:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジミーぺージ - この投稿者のレビュー一覧を見る

イギリスで暮す家族(3人)の毎日の日常を通じて
貧困、差別、分断,多様性、・・・などについて
自分で考えてみることのきっかけを与えてくれる本です。

主な内容は、息子の学校での出来事を題材に現代社会の色々な
差別などの問題とその本質について、本の著者である母ちゃん、
本の中で配偶者と言われている夫、そして成長期の息子の3人の会話から
教えてもらうような考えさせられるような本になっています。
物語としてもとても面白いです。

世界共通のテーマを身近な日常生活の中から体験出来るよい本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』

2020/01/22 20:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

英国ブライトンで暮らすコラムニストによるエッセイ

イギリス人の配偶者とのあいだに授かった息子が元底辺中学校に入学してから1年半の「親子の成長物語」

イギリスの学校生活、異文化の衝突、貧富と差別の現実、アイデンティティの悩み、思春期の母子関係……ときに笑い、ときに憤り、ときに涙しながらの日々に興味はつきない

正直、中学生の日常を書き綴ることが、こんなに面白くなるとは考えたこともなかった。──「はじめに」より

《一生モノの課題図書》──帯のコピー

「Yahoo!ニュース|本屋大賞 2019年ノンフィクション本大賞」受賞作

なんと言っても息子がかっこいい
元銀行員、現大型ダンプの運転手という配偶者がユニーク
子どもとしっかり向き合う母がすてき

そして、文章がうまい!

子育てエッセイの域を超えた社会批評、文句なしにおもしろい

初出は『波』(2018年1月号~2019年4月号)、連載は継続中
(こんなに書かれていいのか、息子)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

素敵な親子関係

2019/12/22 22:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りり - この投稿者のレビュー一覧を見る

イギリス社会を見つめる息子さんの考えや行動を見守るお母さんの視点と、そこに向き合っていく親子関係と、とてもよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

差別がどういうものかリアルにわかる

2021/07/23 08:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

英国で英国人の夫と中学生になった息子と暮らす女性が、息子の中学校生活を通して現在のイギリス社会(しかも庶民生活)を活写した本。私立のカトリック校の方が色々な人種の人が集まって多様性が維持されていること、差別されていると思われている側が実は差別する側になっている実態、日本人がいまだに外国人と日本人の間に生まれた子に対して偏見を抱いていること(「ハーフ」という言い方は差別的)等、日本でぼんやり暮らしていては知ることのできないイギリス社会の実態が記されていてとても興味深く読みました。あちこちで高く評価されているだけのことはあると思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読んでよかった!

2021/03/08 20:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なっとう - この投稿者のレビュー一覧を見る

★気づきや学びが多すぎました!
私は本当に無知だなぁと痛感しました。
人種差別や階級、貧富による格差。
「それって大昔にあったことでしょう?」という認識だったのです。大変お恥ずかしい。日本ではなかなか直面しない問題だらけ。でもだからこその美点も感じましたし、すごくいい学びになりました。

★心に刺さる言葉だらけ
著者である母ちゃんや、息子、息子を取り巻く近い年代の子供達の言動や行動。心を揺さぶって突き刺さりました。
何度も涙がこぼれました。

なんとなく読み損ねている人がいたなら、どうにかこうにか読んでほしいなと思いました。素晴らしかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こどもはこどもなりに、というか大人以上に考えている

2020/10/06 22:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者の作品は「子どもたちの階級闘争」を読んでいる。「ぼくは・・・」の大ヒットは、もちろん全然面識のない私にとってなぜかうれしい出来事だった。作者風に言うと「胸のすく思い」がした。これは、前作を読んで大ファンになった私が勝手に作者の応援団長になったつもりだったからかもしれない。作者の息子が「日本に行けば『ガイジン』って言われるし、こっちでは『チンク』とか言われるから、僕はどっちにも属さない。だから、僕のほうでもどこかに属している気持ちになれない」と作者につぶやいた。この年ごろ(日本だったら小6のころ)の男の子って、同い年の女の子に比べたら周りの大人たちからは幼く見えるかもしれないけど、結構、いろいろと悩みもあるし、深く考えたりもするんだよと何十年か前の私にどこからかつぶやかれた気がした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

深刻で明るい進行形。

2020/08/28 21:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

イギリスで暮らす著者と配偶者と息子。息子はカトリックで上品な小学校から、雑多なな環境の、著者が底辺と評する中学校に入学する。
 そこで体験する悲喜こもごもと、イギリスの諸問題、子どもの成長。
 思春期、子育て、人付き合い、あらゆる世代に共通する悩みをエンパシー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

彼らは私達とそんなに変わらないのだ

2020/08/26 18:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なーつー - この投稿者のレビュー一覧を見る

他所の家を覗いて、そこの母ちゃんと息子のやりとりを盗み見してたら、すんごい勉強になった!その上面白い!という感じ。
楽しみながらグローバルな視野を手に入れてしまった!←大袈裟かな…(^-^;

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ガーーーン、となった。 ★5つです。

2020/08/17 20:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオハシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どなたかにこの本めっちゃいいですと薦められたことしか頭にない中、なんの本なのか中身の確認もせずに、あぁ本屋大賞な本なら間違いないよねと(複数冊購入した際に)ついで買いした本なのですが、大変失礼しました。
ガーーーン、となった。 ★5つです。

帯に「多様性ってやつは、喧嘩や衝突が絶えないし、そりゃないほうが楽よ」と書いてあったり「楽じゃないものが、どうしていの?」と書かれていたり、思春期真っただ中な息子とパンクな母ちゃんの著作は、ともに考え悩み乗り越えていく、私的で普遍的な『親子の成長物語』とあり、何にも知らずに読んでからこちらに至って、なるほど帯というものはすごいものだな、と妙に感心したりしてもいた(超個人的レビュですみません)。

僕も一応学生の時にニュージーランドに留学したり、アイルランドやイングランド、フランス、スペイン、シンガポール、ミャンマーほかもろもろ自分の目で見たことはあるので、一定の理解は頭ではあるが、さてこの著書に出てくるだけの世界観を日本のみに住み続けていたら全く知りえることもできない。 多様性の受容なんて言葉では言っているものの、この日本人社会で一体何が学べるというのか、中学の息子を持つ親として本当に考えさせられる本。

途中、シティズンシップ・エデュケーションの話や、大雪の日の「緊縮財政で、自治体は何の緊急支援もできなくなっているから、民間が何とかするしかない」「こういうときの英国の草の根の機動力には驚かされる」というくだりがあるが、こんなこと、日本でおきえるのだろうか? お上がやらないなら自分たちでやらなきゃ、として行動できる人はいったいどれほどいるのか?
(英国のこうした助け合いの機動力は、まんざら個人の善意のみに頼っているわけではなく、教育というシステムの中にしっかりと根付いているとも言えるのだろう、と記載はあるが)

貧富の差や国籍の差、価値観の差、それぞれまぜまぜになってこその多様性、(後半はドラッグリスクの話や里親の話もあり)
どこまで言っても均質化を求める、出る杭は打たれて、しかしながら町会などの地域活動は見て見ぬふりをされる日本社会、本当に自分の子らが育った狭い社会での価値観に、ある意味、恐怖を覚えてしまった。 こんな狭い世界の凝り固まった社会で生きていていいんだろうか、と。

『多様性は、うんざりするほど大変だし、めんどくさいけど、無知をへらすからいいことなんだと母ちゃんは思う』 との記載あり、 いいのか本当に無知で?

どこまでが普通なのか、一般的なのか、と思いながらも、実は『エンパシー』というところは私はかなり苦手な能力であって『誰かの靴をはいてみること』は実際のところ僕もまだまだ努力していかなきゃな(これが不足しているからいろんな衝突を生むともいわれています)とも思う。

なんだかへんなレビュになってしまいましたが、とにかくオススメすぎる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読書でしか知らない世界

2020/08/01 23:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みっきー - この投稿者のレビュー一覧を見る

イギリス南部の都市ブライトンにある中学校の様子など普段の生活や本にはなかなか載っていないのでとりわけ興味深かった。多感な中学生の息子を持つ母親が、息子の交友関係、学校のカリキュラムを通してイギリス社会を洞察している。読んでいると日本の格差、教育環境についても少し考えさせられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

評判以上

2020/06/14 22:18

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

久々に、人に自信をもってすすめられる本でした。
テレビで著者のお話も聞けたし、大学生たちにも推薦できました。
日本人には特に読んでほしいです。
井の中の蛙にならないために。
筆者も、けっこう目が覚まされましたよ。
ありがとうございます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。