サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/06/10
  • 出版社: せせらぎ出版
  • サイズ:21cm/409p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88416-263-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

異邦人の時再考 年代学とキリストの再臨

著者 C.O.ヨンソン (著),クリスチャンブック研究会 (訳)

聖句「異邦人の時代」は、過去2世紀のあいだ、キリストの再臨を期待する人々に推測と失望をもたらしてきた。エホバの証人の教えの信憑性とその主張の根拠を検証すると共に、教えに対...

もっと見る

異邦人の時再考 年代学とキリストの再臨

税込 4,180 38pt

異邦人の時 再考

税込 2,926 26pt

異邦人の時 再考

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 133.7MB
Android EPUB 133.7MB
Win EPUB 133.7MB
Mac EPUB 133.7MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

聖句「異邦人の時代」は、過去2世紀のあいだ、キリストの再臨を期待する人々に推測と失望をもたらしてきた。エホバの証人の教えの信憑性とその主張の根拠を検証すると共に、教えに対する異論また証拠に基づく反論を提起する。【「TRC MARC」の商品解説】

聖書の読み方、理解の仕方は一通りではない。物の姿かたちを正確に知るには「群盲評象」の諺どおり、一部分だけではなく全体を見る必要がある。この事は聖書研究においても同様で、ある宗派の解釈を聞き、一通り学んだだけでそれが真実であると結論する間違いをしない最善の方法は、異なる考えに耳を貸すことである。本書はエホバの証人が熱意と信仰を抱いて世界的に広めている教えの信憑性と、その主張の根拠を検証すると共にエホバの証人の教えに対する異論また証拠に基づく反論を提起している。この訳をお読み下さる方は、双方の言い分を間き、証拠を調べた上で心証を形成する裁判官と同様な立場にある。客観性がなく、自分だけが正しいと思っている独善、権威を絶対視して無批判に従う権威主義に捕らわれているのは「大海を知らずにいる井の中の蛙」と同じであり、「知らぬが仏」の座に安住しているのは誤謬を犯す危険と隣り合わせではあるまいか。批判的思考力を働かせることによって信仰の根拠を自ら確かめる一助にして頂けるならば望外の幸いである。
―訳者あとがき【商品解説】

目次

  • 前書き
  • 序文
  • 第1章 解釈の歴史
  • 第2章 聖書の年表と世俗の年表
  • 第3章 新バビロニア諸王の治世の長さ
  • 第4章 新バビロニア時代の絶対年表
  • 第5章 バビロンのために七十年
  • 第6章 ダニエル書4章の「七つの時」
  • 第7章 証拠を覆そうとする企て
  • 付録

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

「良心の危機」に出て来る本

2019/07/21 12:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「良心の危機」の原書と同じ版元から原書が出ていたが、「良心の危機」は違う版元から最終版が出ているし、巻末に解説があるので著作権はハッキリとしている。しかし、この本の場合は分からないようだ。
 さてエホバの証人独特の「エルサレムの陥落によってユダ王国が滅亡するのは紀元前607年」という珍説は、たまたまラッセルが「異邦人の時の終わり」が第1次世界大戦が始まった1914年だったので、これを変える事は教義を変えない限り不可能だ。それを通説の紀元前587年ないし586年と説明する為に書かれたのが、この本だ。
 今のイラク南部で発掘された粘土板を元にしてエホバの証人の教義を批判するのは専門的だが、なかなか面白い。結局、このような記録があるからこそ、この時期を書いた聖書の日付が分かるのだから。「聖書と聖書外史料が矛盾すれば、聖書を選ぶ」という福音派の牧師が書いた本がある。バビロンにネブカドネザル2世の賓客となったユダのエホヤキン王の即位年齢が列王記では18歳、歴代誌では8歳となっているから新改訳聖書は新世界訳同様、歴代誌の本文を18歳にしているが、これが列王記優先説ではなく説明出来るのはバビロンで見つかった彼と息子達に支給された油の記録があるからだ。
 ただし「新バビロニア時代から保存された国立の文書庫は発見されていない」という箇所がある。「皮紙やパピルスに(アラム語)で書かれたからである」というが、この時代に皮紙など存在していないし、パピルスは敵であるエジプトから輸入していたのだろうか?「アビオーンへの反論」の写本と校訂本についての註釈は、このヨセフスの著作の邦訳者である秦剛平氏の「ヨセフス」を参照するとニーゼとナーバーはいいとしても、サッカレーはローブ古典叢書の英訳者でギリシャ語のテキストはニーゼを元にして手を入れているとあるし、ライナッハとレオン・ブルムはフランス語訳の翻訳者で、やはり「ニーゼの校訂本にもとづく」とあるから、特に触れる必要はなかったのではないか。
 この本はバビロン捕囚を「国外追放」とか「流刑」とかと表記しているが、一般的な「捕囚」でいいと思う。またエウセビオスを「エウスビオス」や「ユウセビウス」、カンビュセスを英語読みの「キャンビセス」といった表記も目につく。固有名詞の表記は統一していないから、おそらく複数の人による翻訳だろうが、一般的な表記に統一した方がいいのではないか。「フィリスティア人」はペリシテ人の事で邦訳新世界訳独特の表記だから元エホバの証人の翻訳だろうか?
 エレミヤ書29章10節についての箇所で邦訳の新世界訳には「バビロンで」(この本で使われている英訳は1984年版だが、最近出た邦訳は同じで底本の2013年版英訳は1984年版と同じ"at Babylon")となっているが、この本の著者に反論したノルウェー人のエホバの証人に対する再反論でスウェーデン語訳では1984年版を底本にしているはずなのに「バビロンで」から「バビロンのために」と表現を変えたとある。またデンマーク語訳では元々「バビロンのための」となっているという。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。