サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~5/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~今読むべき~ ビジネスに効く教養 ポイント5倍キャンペーン ~6/23

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/07/06
  • 出版社: アグネ技術センター
  • サイズ:22cm/215p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-901496-97-1

紙の本

安曇野の産業遺産 技術史展望

著者 北野 進 (著)

拾ケ堰、和時計、ガラ紡機など、安曇野の一地域の近代化遺産、江戸時代から明治、大正、昭和時代(敗戦まで)の技術文化を探求し、日本全体の技術史を洞察・展望。産業遺産を探る産業...

もっと見る

安曇野の産業遺産 技術史展望

税込 2,750 25pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

拾ケ堰、和時計、ガラ紡機など、安曇野の一地域の近代化遺産、江戸時代から明治、大正、昭和時代(敗戦まで)の技術文化を探求し、日本全体の技術史を洞察・展望。産業遺産を探る産業考古学に、新たな地平と展望を拓く。〔「安曇野の近代化遺産」(近代文藝社 2007年刊)の改題,加筆〕【「TRC MARC」の商品解説】

本書は、信州をフィールドとして、産業遺産の発掘・保存にも深く関わってきた著者が、郷土から忘れられているすぐれた技術文化に光を当てるべく、2007年に近代文藝社から出版した『安曇野の近代化遺産―技術史再考―』を改題し、アグネ技術センターから刊行するもの。
第一章「安曇野と拾ヶ堰」では、江戸時代の文化13年(1816)に、灌漑用水路・拾ヶ堰を造った人々を取り上げている。北アルプスの山麓に広がる安曇野が、長野県を代表する穀倉地帯・米どころになったのは、今から200年以上前に、大自然の中に人工的に組み込まれた灌漑用水路・拾ヶ堰の恩恵によるものである。著者は、今に伝わる貴重な史料・古文書を丹念に紐解き、日本疎水百選にも選ばれた拾ヶ堰が、地元農民によって計画され、松本藩を動かして造られた史実を明らかにしている。
第二章「御時計師・渡辺虎松と和時計」では、江戸時代に機械時計をつくった松本藩御時計師渡辺虎松の仕事について、現存する渡辺虎松銘の三つの時計の細部の説明も交えて記述している。和時計とは、明治時代以前に発達した日本独特の時計で、珍しい文字盤や歯車仕掛けをもった機械時計のことである。著者は、和時計の歯車仕掛けの技術的蓄積が次の時代の発明につながっていったと説いている。
第三章「臥雲辰致とガラ紡機の発明」では、堀金村(現安曇野市)出身で、独創的な紡績機械「ガラ紡機」を発明した臥雲辰致のすぐれた業績にふれる。引き出した糸を回転させながら撚りをかける西洋式紡績機械に対して、臥雲辰致のガラ紡機は、原料の綿に回転を与えながら引き出された糸に撚りをかけていくのが特徴である。この微妙な違いが、一筋の綿糸に目に見えない質の違いを与えて、柔らかな構造の糸、和紡糸を紡ぎ出した。長野県、愛知県を中心に各地に広まり、日本の近代産業発展の一助となった「ガラ紡機」は、西洋式機紡績機械の発達とともに衰退したが、地球と人にやさしい「和布」として、近年再び注目されている。
第四章「安曇最初の電気・宮城発電所」では、明治37年(1904)に創設された安曇電気株式会社宮城発電所(現 中部電力・中房川宮城第一発電所)を取り上げる。そこでは、1903年に設置されたドイツ製造の水車VOITHと発電機SIEMENSが日本の現役最古として現在でも稼動している。
第五章「高瀬川電力開発と森矗昶」では、大正十二年(一九二三)の夏以来、高瀬川第二、第三、第四、第五発電所を二年半の間に建設した東信電気株式会社の建設部長・森矗昶(のぶてる、のちの昭和電工社長)の業績を記述する。高瀬川発電所の電気エネルギーこそ、大町にアルミニウム精錬を根づかせ、「アルミニウム発祥の地」を支え続けることになった。
五つのテーマ・史実に限定した本書は、「安曇野の産業遺産」と銘打ってはいるが、安曇野にとどまらず、日本全体の技術史を展望する一冊である。【商品解説】

目次

  • まえがき
  • 第一章 安曇野と拾ヶ堰
  •  日本疎水百選の拾ヶ堰/拾ヶ堰とは/「拾ヶ堰」の計画から完成まで/保存されていた古文書・計測器・測量図面/測量技術の背景と真相/松本藩の測量術/民間の測量術/拾ヶ堰の記念碑/史料保存のために
  • 第二章 御時計師・渡辺虎松と和時計
  •  渡辺虎松と和時計/真光寺に顕彰碑と墓/和時計の特徴/現存する三つの和時計/時計技術遺産をめぐって
  • 第三章 臥雲辰致とガラ紡機の発明
  •  臥雲の故郷・安曇野を訪ねて/天保十三年のころ/少年時代の栄弥/発明の出発点/仏門に入り智栄となる/出直す「臥雲辰致」/再燃した発明の背景/独自の道を書いてく/松本の連綿社で製造/第一回内国勧業博覧会/出品された綿紡機械/鳳紋褒賞を受賞/世界に誇れる「紡ぐ」アイデア/ガラ紡機の原理と構造/優れた自動制御/技術の再評価を/コンピュータ制御と比較して/明治十一年・天覧のこと/松本の連綿社の盛衰/第二回内国勧業博覧会/幻のガラ紡機と藍綬褒章/明治二十年前後/特許出願のころ/「特許証」第七五二号をめぐって/第三階内国勧業博覧会の出品/豊田佐吉の発明に影響/晩年に向けて/「がうんときむね」でなければ/なぜ間違ったか

著者紹介

北野 進

略歴
〈北野進〉昭和5年長野県生まれ。東京工業専門学校(現千葉大学工学部)機械科卒業。技術史研究家、赤十字史研究家。瑞宝小綬章受章。著書に「臥雲辰致とガラ紡機」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。