サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

8/1~ 本のご購入で全員もらえる! 夏のポイントキャンペーン(~8/31)

8/1~ あなたの”ほしい本”がもらえるキャンペーン(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理の通販
  4. 哲学・思想の通販
  5. 学芸みらい社の通販
  6. バートランド・ラッセル反核の論理学者 私は如何にして水爆を愛するのをやめたかの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バートランド・ラッセル反核の論理学者 私は如何にして水爆を愛するのをやめたか
バートランド・ラッセル反核の論理学者 私は如何にして水爆を愛するのをやめたか バートランド・ラッセル反核の論理学者 私は如何にして水爆を愛するのをやめたか
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/07/23
  • 出版社: 学芸みらい社
  • サイズ:21cm/287,7p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-909783-13-4

紙の本

バートランド・ラッセル反核の論理学者 私は如何にして水爆を愛するのをやめたか (みらいへの教育)新刊

著者 三浦 俊彦 (著)

論理の体系を探究したイギリスの哲学者バートランド・ラッセルは、第二次世界大戦後に反核平和運動の実践家となった。人類絶滅の可能性に最も敏感に反応した「機知と怒りの哲人」の行...

もっと見る

バートランド・ラッセル反核の論理学者 私は如何にして水爆を愛するのをやめたか (みらいへの教育)

税込 2,808 26pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

論理の体系を探究したイギリスの哲学者バートランド・ラッセルは、第二次世界大戦後に反核平和運動の実践家となった。人類絶滅の可能性に最も敏感に反応した「機知と怒りの哲人」の行動の軌跡を、美的アプローチで描く。【「TRC MARC」の商品解説】

美しい数理論理の体系を探究した大著『プリンキピア・マテマティカ』で知られる哲学者ラッセル(1872~1970年)。しかし第一次世界大戦、第二次世界大戦での広島・長崎への原爆投下、戦後の水爆実験が彼を、反核・平和運動の激烈な実践家に変えた。
ノーベル文学賞受賞という最高の栄誉と投獄2回・教職剥奪2回という受難に引き裂かれ、数理・論理学から世界平和を実現する手段の構想に至るまで、みずからの生命の躍動にしたがうように千変万化したラッセル──。
核時代に生きる人間が想像力の裡から消し去ってはならない人類全滅の可能性に最も人間的に、過剰なまでに敏感に反応し、人々を刺激、世界を挑発した「機知と怒りの哲人」の軌跡を論理学の泰斗が描く。【商品解説】

目次

  • まえがき
  • 序 章:美的アプローチ宣言
  • ◆第1部──大正日本とラッセル
  • 第1章:日本思想界のラッセル
  • 第2章:人間ラッセル対極東
  • ◆第2部──ラッセルの機知と怒り
  • 第3章:機知と怒り・素描
  • 第4章:背徳としての論理
  • ◆第3部──核時代のドン・キホーテ
  • 第5章:水爆愛、そして懐疑の終焉

著者紹介

三浦 俊彦

略歴
〈三浦俊彦〉1959年長野県生まれ。東京大学大学院比較文学比較文化専門課程単位取得退学。同大学大学院人文社会系研究科・文学部/美学芸術学研究室教授。著書に「ラッセルのパラドクス」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

哲学・思想 ランキング

哲学・思想のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。