サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2019/07/15
  • 出版社: 大月書店
  • サイズ:27cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-272-40857-3
絵本

紙の本

焼けあとのちかい

著者 半藤 一利 (文),塚本 やすし (絵)

小学5年生でアメリカとの戦争が始まり、東京大空襲の猛火を生きのびたのが中学2年生のとき。焼け跡で誓ったこととは…。東京の下町で生まれ育った作家・半藤一利が、少年時代の戦争...

もっと見る

焼けあとのちかい

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小学5年生でアメリカとの戦争が始まり、東京大空襲の猛火を生きのびたのが中学2年生のとき。焼け跡で誓ったこととは…。東京の下町で生まれ育った作家・半藤一利が、少年時代の戦争体験を描いた絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

日本の戦争に向き合い、戦争の過程を精緻に解明してきた半藤一利。その原点は中学2年で体験した東京大空襲だった。開戦から日に日に苦しくなる下町の生活。そして3月10日。猛火を生きのびた半藤少年は焼けあとでちかった。
半藤一利の初の絵本を描くのは、大胆な画風で注目を集める絵本作家・塚本やすし!

小学校中学年以上向け。
小学校3年生以上の漢字にルビ。用語解説の注あり。【商品解説】

著者紹介

半藤 一利

略歴
〈半藤一利〉1930年東京生まれ。東京大学文学部卒業。文藝春秋専務取締役などを経て作家。
〈塚本やすし〉1965年東京生まれ。絵本作家。子どもの本・九条の会会員。絵本に「せんそう」「いのりの石」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

この世に「絶対」はない、が、……

2020/03/16 07:22

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

近現代史に詳しく、著書も発言も多い半藤一利の、初の絵本です。
自身の東京大空襲の体験が中心ですが、
戦前・戦時下の東京下町のくらしが丁寧に語られ、
空襲に至る道筋がよく分かるようになっています。

空襲を何とか生きのびた著者が得た教訓は、
「この世に「絶対」はない」ということ。
その筆者が、あえて「絶対」という言葉をつかって伝えたいこと、
それが書かれています。

歴史には詳しい著者だけに、内容がしっかりしています。
たとえば、猛獣処分のことは、
戦争が始まって変わっていった世相の説明の部分に、
英語禁止や犬猫の処分と並列して書かれてあります。
不要な説明はなく「動物園のライオンやゾウ、クマやトラなどは殺されました。」と書いてあるだけです。
空襲の始まりよりも、4場面も前のことです。
このあたりの記述は、当時を体験し、
しかも反省的に歴史を研究している人ならではの確かさです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

半藤さんの思想の根っこ

2021/09/10 11:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

「歴史探偵」として親しまれた半藤一利さんの戦争体験(東京大空襲の体験)を描いた絵本。

戦中を過ごした少年時代、「絶対」と信じていたことが、生死をさまよう体験で、すべて崩れ落ち、半藤少年は「絶対」と言わない、と誓う。

でも、最後に「絶対」という言葉をあえて使って読者に呼び掛けるのだ。

半藤さんが、未来にどうしても伝えたかったメッセージなのだろう。

歴史家だけあって、淡々とした筆致ながら、大人にも子どもにも響く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

半藤一利さんが子供たちに託したメッセージ

2021/08/15 07:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「歴史探偵」を自認していた作家の半藤一利さんが亡くなったのは、コロナ禍が猛威をふるっていた2021年1月のことでした。享年90歳でした。
 自身初めての絵本となったこの作品は2019年7月に刊行されたものです。そのテーマは「戦争」です。

 半藤さんは1930年で東京の向島に生まれました。
 この絵本のはじめの方では、友だちと遊びころげていた姿が描かれています。
 そんな生活が一変したのが、1941年12月のアメリカとの開戦でした。その時の町の人々の表情が「晴れ晴れとして明る」かったと、半藤さんは記憶しています。
 しかし、いろんなものが生活から消えていきます。大好きだったベエゴマ、動物園の動物たち。
 やがて、町の人たちから笑顔も消え、母ときょうだいも疎開し、15歳の半藤さんは父と二人残ることになります。
 そして、1945年3月10日、東京下町に大量のB29機が襲いかかってきます。東京大空襲です。
 その時の様子を半藤さんはこの絵本で詳細に綴っています。
 生きるのも死ぬのも、わずかな違いだったともいえます。そんな生死の境を半藤さんは生き延びました。

 「いざ戦争になると、人間が人間でなくなります」と、半藤さんは書いています。
 焼きあとに立った半藤さんは、自分が死なないですんだのも偶然だし、生きているのも偶然、この世に「絶対」はないと思います。
 そして、「絶対」という言葉を使わないで生きていきます。
 そんな半藤さんですが、この絵本でその言葉を使って、こう語りかけます。
 「戦争だけは絶対にはじめてはいけない」
 絵本の形でこのメッセージが残された意義を伝えていかなければなりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この世に『絶対』はない

2021/02/27 15:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:人生やりなおし - この投稿者のレビュー一覧を見る

今この国ではトップ自ら『絶対』に類する言葉を多用している。しかし、著者の言うとおり‘’戦争‘’以外に『絶対』はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦争

2019/08/12 19:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供時代に戦争を体験した話です。戦争はしたらダメなんだということをらためて、しっかり考えることができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/02/17 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/16 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/29 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/24 09:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/18 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/09 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/03 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/14 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。