サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 46件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/07/17
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/477p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-517048-9
新書

紙の本

「カッコいい」とは何か (講談社現代新書)

著者 平野啓一郎 (著)

「カッコいい」は人間にポジティヴな活動を促す大きな力。「カッコいい」を考えることは、いかに生きるべきかを考えること−。一見単純でありながら、複雑な概念「カッコいい」につい...

もっと見る

「カッコいい」とは何か (講談社現代新書)

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「カッコいい」は人間にポジティヴな活動を促す大きな力。「カッコいい」を考えることは、いかに生きるべきかを考えること−。一見単純でありながら、複雑な概念「カッコいい」について、多角的に論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

本書は、「カッコいい」男、「カッコいい」女になるための具体的な指南書ではない。そうではなく、「カッコいい」という概念は、そもそも何なのかを知ることを目的としている。

「カッコいい」は、民主主義と資本主義とが組み合わされた世界で、動員と消費に巨大な力を発揮してきた。端的に言って、「カッコいい」とは何かがわからなければ、私たちは、20世紀後半の文化現象を理解することが出来ないのである。

誰もが、「カッコいい」とはどういうことなのかを、自明なほどによく知っている。
ところが、複数の人間で、それじゃあ何が、また誰が「カッコいい」のかと議論し出すと、容易には合意に至らず、時にはケンカにさえなってしまう。

一体、「カッコいい」とは、何なのか?

私は子供の頃から、いつ誰に教えられたというわけでもなく、「カッコいい」存在に憧れてきたし、その体験は、私の人格形成に多大な影響を及ぼしている。にも拘らず、このそもそもの問いに真正面から答えてくれる本には、残念ながら、これまで出会ったことがない。

そのことが、「私とは何か?」というアイデンティティを巡る問いに、一つの大きな穴を空けている。

更に、自分の問題として気になるというだけでなく、21世紀を迎えた私たちの社会は、この「カッコいい」という20世紀後半を支配した価値を明確に言語化できておらず、その可能性と問題が見極められていないが故に、一種の混乱と停滞に陥っているように見えるのである。

そんなわけで、私は、一見単純で、わかりきったことのようでありながら、極めて複雑なこの概念のために、本書を執筆することにした。これは、現代という時代を生きる人間を考える上でも、不可避の仕事と思われた。なぜなら、凡そ、「カッコいい」という価値観と無関係に生きている人間は、今日、一人もいないからである。

「カッコいい」について考えることは、即ち、いかに生きるべきかを考えることである。

――「はじめに」より

【目次】
第1章 「カッコいい」という日本語
第2章 趣味は人それぞれか?
第3章 「しびれる」という体感
第4章 「カッコ悪い」ことの不安
第5章 表面的か、実質的か
第6章 アトランティック・クロッシング!
第7章 ダンディズム
第8章 「キリストに倣いて」以降
第9章 それは「男の美学」なのか?
第10章 「カッコいい」のこれから
【商品解説】

著者紹介

平野啓一郎

略歴
〈平野啓一郎〉1975年愛知県生まれ。北九州市出身。京都大学法学部卒業。小説家。「日蝕」で芥川賞、「ドーン」でBunkamuraドゥマゴ文学賞、「ある男」で読売文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー46件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

カッコつけるのをやめてみては?

2021/12/31 22:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:昏倒遊民 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まずは「何がカッコいいのかなんて、人それぞれの主観に過ぎないよ」で片付けられてしまいそうなテーマに、敢えて挑んだ著者に敬意を表したい。ボリュームも新書版とはいえ500ページ近くと、かなりの力作である。

だが文章の構成に難があり、非常に読みづらい。また言いたいことが多過ぎるのか、衒学趣味が強過ぎるのか、色々詰め込み過ぎて骨子が何なのかよくわからない。個別には興味深いことも書かれているが、評論としてしっかりまとまっているとは思えなかった。

むしろ興味深いのは、内容がシモがかる第9章で、卑猥な表現のある文献を「引用するのが憚られる」と断りつつしっかり引用するあたり(p.395)など、平野先生のムッツリ性が遺憾なく発揮されており、断然文章に力がある。これぞ著者の真骨頂なのではないだろうか。

あまりカッコつけずに素の自分をさらしてくれたほうが、読者としては面白く読めそうだし、著者としても新境地を開けるし、良いことづくめなのではないだろうか。余計なお世話だろうが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/08/18 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/12 12:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/14 15:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/27 09:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/04 17:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/26 09:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/13 20:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/22 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/15 16:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/16 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/14 18:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/10 13:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/31 12:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/06 18:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。