サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/07/20
  • 出版社: トランスビュー
  • サイズ:20cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7987-0173-8

紙の本

死者の民主主義

著者 畑中 章宏 (著)

私たちは「見えない世界」とどのようにつながってきたのか。大震災をめぐる幽霊と妖怪、渋谷のハロウィン、ITと怪異現象、熊を神に祀る風習など、古今の現象を民俗学の視点で読み解...

もっと見る

死者の民主主義

税込 2,310 21pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私たちは「見えない世界」とどのようにつながってきたのか。大震災をめぐる幽霊と妖怪、渋谷のハロウィン、ITと怪異現象、熊を神に祀る風習など、古今の現象を民俗学の視点で読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

人ならざるものたちの声を聴け

20世紀初めのほぼ同じ時期に、イギリス人作家チェスタトンと、当時はまだ官僚だった民俗学者の柳田国男は、ほぼ同じことを主張した。それが「死者の民主主義」である。
その意味するところは、世の中のあり方を決める選挙への投票権を生きている者だけが独占するべきではない、すなわち「死者にも選挙権を与えよ」ということである。

精霊や妖怪、小さな神々といったものは、単なる迷信にすぎないのだろうか。
それらを素朴に信じてきた人びとこそが、社会の担い手だったのではなかったか。
いま私たちは、近代化のなかで見過ごされてきたものに目を向け、
伝統にもとづく古くて新しい民主主義を考えなければならない。

死者、妖怪、幽霊、動物、神、そしてAI……
人は「見えない世界」とどのようにつながってきたのか。
古今の現象を民俗学の視点で読み解く論考集。


〔本書に登場するものたち〕
柳田国男、南方熊楠、宮本常一、今和次郎、ギルバート・K・チェスタトン、網野善彦、宮沢賢治、谷川健一、諸星大二郎、道祖神、河童、天狗、ザシキワラシ、潜伏キリシタン、仙童寅吉、熊、猫、アイボ、VTuber、浦野すず、飴屋法水、齋藤陽道……【商品解説】

目次

  • Ⅰ 死者の民主主義
  • いまこの国には「死者のための民主主義」が必要である
  • 「死者を会議に招かねばならない」
  • 祖霊の政治参加を促す
  • 妖怪や精霊にも選挙権を
  • 「死者の立憲主義」
  • 南方熊楠の戦い
  • 「平凡人は人生を内側から見ている」

著者紹介

畑中 章宏

略歴
〈畑中章宏〉1962年大阪生まれ。作家、民俗学者。著書に「災害と妖怪」「ごん狐はなぜ撃ち殺されたのか」「蚕」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

妖怪にも民主主義を

2019/11/03 12:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けいちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

2019年7月の参議院議員選挙で、日本初の障害者議員が誕生した。
また、最近のビジネス界ではSDGsが流行となっており、将来のことを見据えた持続可能な開発を考えている人が増えているように見える。
本書の中でも著者は、「草の根民主主義」が広がってきていると認めているが、その一方で、「死者のための民主主義」が必要であると主張する。

「死者のための民主主義」は、元々はイギリスの作家であるギルバート・キース・チェスタトンと、日本の民俗学者である柳田国男が提唱したものである。
日本やイギリスといった国家は、「今の人間」だけのものではない。将来の国民となる、我々の子孫のものでもある。それと同様に、過去にこの国に生きていた者たちのものでもある。

本書で著者は、「死者や精霊や妖怪、あるいはそのほかの人間ならざるもの、また人間と人間ならざるものの境界にいるような存在の事情に思いをいたし、彼らの言い分を聞いてみよう」と呼びかける。「彼らの政治参加を促し、彼らが現代社会の重要な構成員であることを知らしめたい」とも主張する。
確かに、「日本」という国家は、「今の人間」だけで構成されるものではない。「今」ではなく、過去も未来も包摂するし、「人間」以外のものも重要な国家の構成要素である。
著者は今までにも、「日本列島に棲息してきた「妖怪」たちは、災害や戦争などにより不慮の死を遂げた人びとの集合霊であり、彼らにも選挙権を与えるべきだと主張」している。「精霊や妖怪、小さな神々を素朴に信じる人びと、信じてきた人びとこそが民主主義の担い手であると私は考える」という。

本書では、タイトルにもなった「死者の民主主義」以外にも、「妖怪と公共」、「ITと怪異現象」、「VTuberは人形浄瑠璃と似ているか?」、「アイボの慰霊とザトキワへのご褒美」、「『この世界の片隅に』は妖怪映画である」、「熊を神に祀る風習」など、様々なテーマを民俗学と結び付けて語っている。
民俗学も妖怪も、時代に合わせて変化するものである。
新しい民俗学の書が、「死者の民主主義」というタイトルで出されたことは、非常に興味深い。
「今の人間」中心主義から脱却すべく、人ならざるものたちの声を聴くきっかけとして、今読むべき本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/08/04 17:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/17 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/04 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。