サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

 【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 美味しい!を読む ポイント5倍キャンペーン(~9/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクションの通販
  4. 伝記の通販
  5. 創風社出版の通販
  6. 伊予が生んだ実業界の巨人八木龜三郎 北洋漁業に名を刻む蟹工船の先駆者の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

伊予が生んだ実業界の巨人八木龜三郎 北洋漁業に名を刻む蟹工船の先駆者
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/06/25
  • 出版社: 創風社出版
  • サイズ:21cm/279p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86037-276-7

紙の本

伊予が生んだ実業界の巨人八木龜三郎 北洋漁業に名を刻む蟹工船の先駆者

著者 大成 経凡 (著)

愛媛県今治市出身で、かつて蟹缶詰製造量日本一を誇った蟹工船のオーナー・八木龜三郎は、北洋漁業ほか多岐に渡る事業を手がけ、社会事業にも熱心だった。小説とは違う「蟹工船」オー...

もっと見る

伊予が生んだ実業界の巨人八木龜三郎 北洋漁業に名を刻む蟹工船の先駆者

税込 1,944 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

愛媛県今治市出身で、かつて蟹缶詰製造量日本一を誇った蟹工船のオーナー・八木龜三郎は、北洋漁業ほか多岐に渡る事業を手がけ、社会事業にも熱心だった。小説とは違う「蟹工船」オーナーの実像とその業績を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

わが国の母船式蟹漁業(蟹工船)の先駆者・八木亀三郎は、情けに厚いクリスチャンだった。北洋漁業以外にも海運・製塩・金融・造船・ガスなど多岐に渡る事業をてがけ、社会事業にも熱心だった。彼の業績を辿るとともに新資料により明らかになった、小林多喜二『蟹工船』とは違ったオーナーの実像に迫る。

 愛媛県今治市波止浜には、大正時代半ばに愛媛県一の高額納税者だった実業家・八木亀三郎の旧宅が残される。屋敷はその頃に整備された近代和風建築で、八木家の生業は海運業・製塩業であった。亀三郎とその子・實通が蟹工船の先駆者であることから、いつしかそこは「カニ御殿」と称されるようになるが、父子は鮭鱒工船の先駆者でもあり、わが国の北洋漁業のパイオニアとしてその名を刻む。
 蟹工船には負のイメージがつきまとうが、果たしてすべてが真実なのか。新資料から浮かび上がる日本一の蟹工船主の素顔に迫り、時代の波に翻弄され続けたその栄光と挫折の生涯に迫りたい。【商品解説】

目次

  • 1.八木亀三郎翁の評伝に寄せて
  • 2.序章
  • 3.第一章 塩田で栄えた港町 波止浜
  • 4.第二章 多角事業で財をなした浜旦那
  • 5.第三章 愛媛有数の実業家への躍進
  • 6.第四章 蟹工船〝樺太丸〟の船出と今商騒動
  • 7.第五章 企業合同へと向かう北洋水産業界で
  • 8.第六章 解散へと向かう八木本店と父子の死
  • 9.八木亀三郎 略年譜
  • 10.終章

著者紹介

大成 経凡

略歴
昭和48(1973)年、今治市波方町生まれ。東北福祉大学社会福祉学部社会教育学科卒業。
今治市を含む瀬戸内しまなみ海道地域の歴史をフィールドとする地域史研究家。
地元での愛称はケイボンさん。第49回久留島武彦文化賞受賞(2009年)。
『今治発!地域史研究家ケイボンがゆく』(創風社出版)で第29回愛媛出版文化賞奨励賞受賞(2014)。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。