サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 技術・工学・農学の通販
  4. エネルギー・インフラの通販
  5. コモンズの通販
  6. 日本の水道をどうする!? 民営化か公共の再生かの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/08/03
  • 出版社: コモンズ
  • サイズ:19cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86187-159-7

紙の本

日本の水道をどうする!? 民営化か公共の再生か

著者 内田 聖子 (編著)

水は人権であり、自治の原点。再公営化に向かう世界のトレンドを紹介し、逆行する日本の水道政策の意図を暴き、民営化に反対する市民の声を伝え、「公共の水」をどう維持し、発展させ...

もっと見る

日本の水道をどうする!? 民営化か公共の再生か

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

水は人権であり、自治の原点。再公営化に向かう世界のトレンドを紹介し、逆行する日本の水道政策の意図を暴き、民営化に反対する市民の声を伝え、「公共の水」をどう維持し、発展させるかを考える。【「TRC MARC」の商品解説】

2018年暮れに水道法が改正され、水道事業の運営権を民間企業に売却すること=民営化が可能になった。しかし、水は単なる経済財ではない。水へのアクセスは人権だ。民営化に失敗したヨーロッパや南米などでは、再公営化がトレンドである。専門家、市民運動家、労働組合リーダーが30年間にわたる内外の豊富な事例から民営化の問題点を明らかにし、住民が参画する管理のあり方を探る【商品解説】

目次

  • 第1章 世界の水道民営化の30年――「人権としての水」を確立してきた国際市民社会の闘い                              内田聖子
  • 1 古くて新しい問題
  • 2 途上国に広がった民営化――1990年代の失敗の連鎖
  • 3 民営化の転換と市民社会の攻防――2000年代の変化
  • 4 人権としての水か、新たな民営化か――2010年代の攻防
  • 第2章 公共サービスの再公営化が世界のトレンド         岸本聡子
  • 1 民営化は失敗だった●パリ市(フランス)
  • 2 市民参画を求める再公有化運動●バルセロナ市(スペイン)
  • 3 鉛汚染との闘い●ピッツバーグ市(米国)

収録作品一覧

世界の水道民営化の三〇年 内田聖子 著 11−49
公共サービスの再公営化が世界のトレンド 岸本聡子 著 51−91
徹底解剖 水道法&PFI法 内田聖子 著 94−121

著者紹介

内田 聖子

略歴
〈内田聖子〉1970年生まれ。大分県出身。NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)共同代表。WTO等の自由貿易・投資協定のウォッチと調査等を海外の市民社会団体とともに行う。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

いのちの水

2019/10/27 10:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怪人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

災害や渇水などで断水騒ぎがあるとニュースになるが、身近な水道事業について報じられることは多くない。蛇口の水がどこからどうやって運ばれてくるのか、関心が無い、あるいは知らない人も多いようだ。
 世界の水問題については現天皇も皇太子時代から強く関心を持ち、講演などを積極的に行われている。その水問題について日本でも今後に大きな課題が控えているのだが認知度は低いようである。一方では、その課題の解決策としてそれなりの理屈を付けて水道事業の民営化に邁進する自治体もある。水道法の改正がそれを後押しする。
 世界の水情勢を冷静にみれば、PFI、コンセッション方式で民営化した水道事業の失敗は明らかであり、本家イギリスでも問題が多いとしてPFI は止めている。日本ではこれから始めようとしている。住民の反対で中止や延期された自治体もあるが、住民不在で知事が暴走している県もある。詳細を知ればいかにおかしいかわかるのだが、県民には情報が行き渡っていない。県民置いてけぼりの県知事による民間のための水道事業の民営化のようだ。
 今後将来の水道事業についてそれぞれの住民が真剣に向き合わなければならない大きな課題の一つであることは間違いがなく、そのことを考える手がかりと指針を与えてくれる本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。