サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 『大人のための「絵」本』 ~10/28

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 欧米の小説・文学の通販
  5. 九州大学出版会の通販
  6. ヘスペルス あるいは四十五の犬の郵便日 新装版の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/08/12
  • 出版社: 九州大学出版会
  • サイズ:22cm/697p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7985-0265-6
  • 国内送料無料

紙の本

ヘスペルス あるいは四十五の犬の郵便日 新装版

著者 ジャン・パウル (著),恒吉 法海 (訳)

【日本翻訳文化賞(第35回)】18世紀末のドイツの小国を舞台に、卿の息子の宮廷医師、実は市民の主人公ヴィクトルの愛と友情を軸に展開する物語。背景として革命家がほとんどいな...

もっと見る

ヘスペルス あるいは四十五の犬の郵便日 新装版

税込 10,340 94pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本翻訳文化賞(第35回)】18世紀末のドイツの小国を舞台に、卿の息子の宮廷医師、実は市民の主人公ヴィクトルの愛と友情を軸に展開する物語。背景として革命家がほとんどいない国での革命の不可能性と現実的な上からの改革という妥協を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

『ヘスペルス』(1795年)はドイツの小説家ジャン・パウルの出世作である。「ヘスペルス」とは「慰謝」の「宵の明星」の意であるが、ジャン・パウルの筆名をドイツ人だからと言って、本名の「ヨーハン・パウル」に変えられないように、「希望」の「明けの明星」、「美」の「金星」も暗示していて、「ヘスペルス」と訳すしかない。

本作は最もジャン・パウルらしさの見られる語り手の奔放な脱線と物語の感傷性の併存する奇妙な混淆物である。

物語は『見えないロッジ』や『巨人』がそうであるように、フランス革命の影響を受けたドイツの青年達の愛と友情を軸に展開する。前景にあるのは主人公達の愛と友情であるが、背景には政治家の父親が控えている。中景にあるのは、風奏琴やフルートの音楽であり、絵画としては「聖セバスティアンの殉教」(三島由紀夫推奨)が印象的である。子供交換や蠟人形による哲学的自我の問題や教育問題も絡んでいる。革命はドイツの小国では不可能で、結局は上からの改革という妥協に終わる。

主人公ヴィクトルは全作品中最も現実のジャン・パウル本人に近いとされる。ヒロインは主人公を「イギリス人とフランス人の二つの部分から組み合わされているように見える」(189頁)と述べている。つまりスウィフトやスターン、それにルソーの組み合わせであろう。

革命と反革命のせめぎ合いの一例を現在に引き寄せて紹介すると、内部告発の問題が考えられよう。例えば、内部告発者は、本作の敵役マチューのように、これはわざとであるが、「世界が破滅しようと、正義のなされんことを」(475頁)と主張するかもしれない。しかし組織擁護論者は、「宮廷では体裁のいい嘘は許されるばかりでなく、要求される」(596頁)として押さえ込みにかかるであろう。特に日本のように同調圧力の高い所では、内部告発の処理は難しい問題である。角界、政界、財界、官界、学界で見聞する諸現象は、『ヘスペルス』で議論されているテーマが古びていないことを物語っている。

ちなみに三島由紀夫はジャン・パウルを知っていて、清岡卓行の芥川賞受賞の選評に「愛すべき作品であり、詩と思索と旅情と風景の織りまぜられたジャン・パウル風の散文である」(1970年)と述べている。【商品解説】

目次

  •    第一小冊子
  •  第三版への序言
  •  第二版への序言
  •  序言、七つの願いそして決議
  • 第一の犬の郵便日
  •  五月一日と四日の違い  鼠の戦争画  夜景画  ズボンを約束された三箇連隊  
  •  内障針  この本の序曲と秘密の指示

著者紹介

ジャン・パウル

略歴
ジャン・パウル(Jean Paul:1763-1825)はドイツの作家。ドイツ文学史上印税だけで生活し得た最初の作家とされる。本名はヨハン・パウル・フリードリヒ・リヒター(Johann Paul Friedrich Richter)であるが、筆名は敬愛したジャン・ジャック・ルソーにちなむ。それ以上に敬愛した作家は英国のスウィフトやスターンであり、諷刺家と感傷家の両面性を有する。バイロイト侯国の田舎の地で牧師の息子として生まれ、父の死後は家庭教師をしながら作家を目指した。『見えないロッジ』でモーリッツに見いだされ(1792年)、成功して行ったが、生誕の地や牧歌的子供時代への憧れは終生消えることがなかった。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。