サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/08/22
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/261p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-206769-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

おばちゃんたちのいるところ (中公文庫)

著者 松田青子 (著)

追いつめられた現代人のもとへ、おばちゃん(幽霊)たちが一肌脱ぎにやってくる。失業中の男に牡丹燈篭を売りつけるセールスレディ、シングルマザーを助ける子育て幽霊…。嫉妬や怨念...

もっと見る

おばちゃんたちのいるところ (中公文庫)

税込 704 6pt

おばちゃんたちのいるところ Where The Wild Ladies Are

税込 704 6pt

おばちゃんたちのいるところ Where The Wild Ladies Are

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.3MB
Android EPUB 4.3MB
Win EPUB 4.3MB
Mac EPUB 4.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

追いつめられた現代人のもとへ、おばちゃん(幽霊)たちが一肌脱ぎにやってくる。失業中の男に牡丹燈篭を売りつけるセールスレディ、シングルマザーを助ける子育て幽霊…。嫉妬や怨念こそが人々を救う!? 愉快な怪談集。【「TRC MARC」の商品解説】

追いつめられた現代人のもとへ、おばちゃん(幽霊)たちが一肌脱ぎにやってくる!



失業中の男に牡丹灯籠を売りつけるセールスレディ、シングルマザーを助ける子育て幽霊、のどかに暮らす八百屋お七や皿屋敷のお菊……そして、彼女たちをヘッドハントする謎の会社員・汀。

古より疎まれた嫉妬心や怨念こそが、あなたを救う?! 胸の中のもやもやが成仏する愉快な怪談17連発。〈解説〉はらだ有彩【商品解説】

収録作品一覧

みがきをかける 7−34
牡丹柄の灯籠 35−55
ひなちゃん 57−73

著者紹介

松田青子

略歴
松田青子

一九七九年、兵庫県生まれ。同志社大学文学部英文学科卒業。著書に『スタッキング可能』『英子の森』『ワイルドフラワーの見えない一年』(以上、河出書房新社)、『おばちゃんたちのいるところ』(中央公論新社)、翻訳書に『狼少女たちの聖ルーシー寮』『レモン畑の吸血鬼』(以上、カレン・ラッセル/河出書房新社)、『AM/PM』(アメリア・グレイ/河出書房新社)『問題だらけの女性たち』(ジャッキー・フレミング/河出書房新社)、エッセイ集に『読めよ、さらば憂いなし』『東京 しるしのある風景』(河出書房新社)、『ロマンティックあげない』『じゃじゃ馬にさせといて』(新潮社)などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

面白かった

2019/12/15 22:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:金柑露 - この投稿者のレビュー一覧を見る

松田青子さんの本は初めて読みました。
おばちゃん、おもろいわー。パワーあるわ。
普通に幽霊のおばちゃんと会話してて笑える。おばちゃんは幽霊なっても生きてる時と変わらずパワフル!そして話がそう続くんだ!?と読み始めると止まらない面白さがある。
どれも良いのだけど、「悋気しい」だけはこういう女性がいたので少し怖かった。でも汀さんの口調なのかな?終わりの方は思わずにやにや。

「みがきをかける」「おばちゃんたちのいるところ」←これは1番笑った。
「クズハの一生」「楽しそう」「エノキの一生」「菊枝の青春」「下りない」が好きだ。おばちゃんたちをスカウトする謎のリーマン?汀さんが気になって仕方ないけど、お線香作る会社のぞいてみたい。
一度読んで見てほしい。スッキリとします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

松田青子氏の悩める現代人を救いに幽霊おばちゃんたちがこの世にやってきるという奇想天外、面白い物語です!

2020/07/30 10:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、『スタッキング可能』、『英子の森』、『ワイルドフラワーの見えない一年』などの興味深い話題作を発表されている松田青子氏の作品です。同書は、追いつめられた現代人のもとへ、おばちゃん(幽霊)たちが一肌脱ぎにやってくるという奇想天外な物語です。失業中の男に牡丹灯籠を売りつけるセールスレディ、シングルマザーを助ける子育て幽霊、のどかに暮らす八百屋お七や皿屋敷のお菊、また彼女たちをヘッドハントする謎の会社員・汀といった話が次々に語られます。「嫉妬や怨念こそが、あなたを救う」という著者のコンセプトの下で書き綴られた面白い一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんとなく元気になれる短編集

2020/02/28 21:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やだいつひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

突拍子もないと言えばない話ばかりなのですが、日常と地続きのその先に、(ないと思うけれども)あるかもしれないし、あってほしいと思える世界でした。
どのお話もさして激しい起伏はないので、読んでいてつかれません。
他方で、バラエティにとんでいるので、あきません。
ひとつひとつのお話がゆるく関係していて、全体を通して読むと、別の話に登場したひとのその後がわかったりします。
穏やかな話がよみたいときや、ふふっと笑いたいときに、手に取りたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

作者の

2019/09/30 20:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

松田さんとは、同世代だけど、自分も、もうおばさん世代なんだなぁと苦笑してしまった。
どこかで、自分はこの物語のおばさんよりまだ若いとどこかで思っているのだが、普通にこのおばさんたちと一緒かもしれないww

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんかすごい静かな恐怖

2019/09/03 12:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BHUTAN - この投稿者のレビュー一覧を見る

現代の牡丹灯籠凄いな。
ちょっと怖くて、ちょっと悲しい。
幽霊と普通に話してるって‥‥

どうなってるんだ
でも、それぞれが呼んでるってことよね。

それにしても汀さん。男性かな?女性かな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/09/09 18:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/14 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/08 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/11 13:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/16 09:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/26 10:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/22 13:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/13 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。