サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~8/31

ギフトラッピング 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~8/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
文庫

紙の本

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 (日経ビジネス人文庫)

著者 大阪大学ショセキカプロジェクト (編)

「ドーナツの穴を残して食べる」という一見矛盾した命題に、大阪大学に所属する多様な研究者が、それぞれの専門領域からアプローチ。同時に、「ドーナツの穴」をめぐって格闘する姿を...

もっと見る

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 (日経ビジネス人文庫)

税込 990 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ドーナツの穴を残して食べる」という一見矛盾した命題に、大阪大学に所属する多様な研究者が、それぞれの専門領域からアプローチ。同時に、「ドーナツの穴」をめぐって格闘する姿を通して、学問とはどういうものかを伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

工学、美学、数学、精神医学、歴史学、人類学、応用化学、法学、経済学――大阪大学の知の精鋭たちは、果たしてドーナツを穴だけ残して食べられるか? 様々なメディアでとりあげられ、ロングセラーとなったユニーク企画を文庫化。

○2014年2月に大阪大学出版会から刊行された同名書の文庫化。

○本書は大阪大学の学生と教員、大阪大学出版会の三者が一緒になって、大阪大学の知を世の中に紹介する本を作りたいという思いから生まれたプロジェクト。2012年春にスタートし、秋にはコンペを行って本企画を採用、出版に至った。第11回出版梓会新聞社学芸文化賞特別賞を受賞している。

○本書の魅力は、それぞれの学問領域ごとに、問題の設定と方法論があることがわかること。例えば、工学ならば「ドーナツという物質を定義し、手段を選び、切削する」であり、数学で言えば「n次元における穴を定義し、次元を超えることで穴を残す」であり、法学で言えば「ドーナツが登場する判例を解釈することによって「穴」を再定義し、穴を残す」となる。【商品解説】

ドーナツを、アカデミックな眼差しで見つめたことはありますか? 無理難題に阪大の教授陣が真剣勝負! 【本の内容】

目次

  • 第0章 ドーナツの穴談義のインターネット生態学的考察 松村真宏
  •  第1部 穴だけ残して食べるには
  • 第1章 ドーナツを削る--工学としての切削の限界 高田 孝
  • 第2章 ドーナツとは家である--美学の視点から「ドーナツの穴」を覗く試み 田中 均
  • 第3章 とにかくドーナツを食べる方法 宮地秀樹
  • 第4章 ドーナツの穴の周りを巡る永遠の旅人--精神医学的人間論 井上洋一

著者紹介

大阪大学ショセキカプロジェクト

略歴
「学生が企画する本を学生の力で出版する」が最終目標のプロジェクトで、大阪大学教員・大阪大学出版会がサポートする。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

ドーナツ片手に読みました。

2019/11/02 13:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ら君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドーナツをかじるのを忘れて読みふけってしまいました。
ドーナツの穴だけで、こんなに色々な切り口で語ることができるのかと驚きました。
様々な分野の入り口を覗かせてもらいました。

ショセキカプロジェクトの第二弾、第三弾はないのでしょうか。続編が読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自身でも考察してみてはいかがでしょうか。

2020/03/01 10:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岩波文庫愛好家 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前半部がタイトル通りの内容になっており、幾つかの学部の先生がご自身の専攻分野からの視点で考察します。後半はどちらかと言うとドーナツから離れて(食べるドーナツから離れ、ドーナツという言葉・連想へ拡がっていく)哲学的なものから法律や社会経済学的な内容などまで多岐に亘る論説になっています。
 私自身の答えは『食べきる』という視点で考えた場合、方法はナシでしたが、数学の視点で考える宮地先生の論は非常に面白かったです。
 タイトル通りの内容だけに期待すると後半が退屈となり、期待半分の著書となってしまいます。ただ個人的には後半部もそれなりに良かったと思います。一書で二度美味しいというか、そんな感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

思考の穴

2020/03/01 22:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドーナツの穴だけ残して食べることを思いつく、そもそもの発想が普通ではありません。さらにそれを面白がって本にしようとし、それに乗っかる先生たちが何人も。そこには世間が求める実学の匂いは薄いかもしれません。それでも、大学らしいアカデミズム&いい意味で世間ズレした気風を感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/09/10 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/07 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/17 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/31 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/18 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/26 09:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/04 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/19 18:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/08 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/07 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/14 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/10 12:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。