サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 『大人のための「絵」本』 ~10/28

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理の通販
  4. 心理の通販
  5. 木立の文庫の通販
  6. からだの病いとこころの痛み 苦しみをめぐる精神分析的アプローチの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2019/11/01
  • 出版社: 木立の文庫
  • サイズ:22cm/234p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-909862-06-8
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

からだの病いとこころの痛み 苦しみをめぐる精神分析的アプローチ

著者 村井 雅美 (著)

人生の始まりにおいて、疾病が対象の〈関係の相互性〉に及ぼす影響について、先行研究を踏まえ、自身の心理臨床経験を省み、探究する。エッセンスを抽出し、著者の“こころの情景”も...

もっと見る

からだの病いとこころの痛み 苦しみをめぐる精神分析的アプローチ

税込 3,960 36pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人生の始まりにおいて、疾病が対象の〈関係の相互性〉に及ぼす影響について、先行研究を踏まえ、自身の心理臨床経験を省み、探究する。エッセンスを抽出し、著者の“こころの情景”も添えた「もの想うこころ」も同時刊行。【「TRC MARC」の商品解説】

私たちは人と出会うなか、いつしか“こころが通っている”感覚に包まれていることがあります。
「いつも微かに」あるいは「この瞬間とてつもなく」…… 

それは、相手に同調できて寄り添えたからでしょうか? 
自分を思いやって手を差し伸べてくれたからでしょうか?
 
じつは“こころが通った”という感覚は、そうした応報のなかにではなく、「自分のなかに相手のこころが贈り物のように宿って、その包みの紐をそっと解いて、相手を暖かく見つめ返す」、そんな響きあいの場面にこそあるのではないでしょうか。

○ 本書では、こうした “内面の響きあい”を見つめて、人の《苦しみ》にアプローチします。
それも、人間が避けてとおれない「病気に見舞われる」状況で「大切な他者」とのあいだに起きている“こころの動き”に、眼差を据えます。

○ 病気という体の故障は医療で改善できても、もつれてしまった不幸は、人と人の出会いのなか“こころが通う”感覚でしか、暖かく受け留められることはないのかもしれません。【商品解説】

目次

  • 三つの視点 関係とは?相互性とは?
    • CHAPTER 1 臨床の知
    • CHAPTER 2 病むということ
    • CHAPTER 3 病むことへの関わり
  • 四つの出会い 病むこととは?生きることとは?
    • CHAPTER 1 阻まれた「つながり」そして孤独
    • CHAPTER 2 分断された「つながり」そして怯え
    • CHAPTER 3 傷つきと「つながり」のほころび
    • CHAPTER 4 病いと「つながり」の解体

著者紹介

村井 雅美

略歴
村井雅美(むらい まさみ)
1993年、米国ニューハンプシャー大学大学院心理学部博士課程中途退学。
2018年、京都大学大学院教育学研究科博士後期課程(臨床実践指導学講座)単位取得退学。博士(教育学)。
臨床心理士。
日本精神分析学会認定心理療法士スーパーバイザー。

著書に『もの想うこころ——生きづらさと共感 四つの物語』〔木立の文庫, 2019年〕がある。

ほかに『対象の影——対象関係論の最前線』共訳〔館直彦監訳:岩崎学術出版社, 2009年〕、
『フロイト——視野の暗点』共訳〔後藤基規・弘田洋二監訳: 里文出版, 2007年〕、
『被虐待児の精神分析的心理療法』共訳〔平井正三・鵜飼奈津子・西村富士子監訳: 金剛出版, 2006年〕、
『精神分析という経験——事物のミステリー』共訳〔館直彦・横井公一監訳: 岩崎学術出版社, 2004年〕、
『パニック障害の心理的治療法——理論と実践』共著〔佐藤啓二・高橋徹編著: ブレーン出版, 1996…

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。