サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】「hontoブックツリーでつながる ミステリ“この一冊”」ポイント5倍キャンペーン ~11/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

光の子ども 3
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/09/05
  • 出版社: リトルモア
  • サイズ:21cm/256p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89815-511-0
コミック

紙の本

光の子ども 3

著者 小林 エリカ (著)

戦争、科学、ファシズム、女たち、地震、デマ−。2011年生まれの少年光と猫のエルヴィンが「放射能」の歴史をひもとく物語。放射能をとりまく歴史がわかる年表、地図、ブックリス...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

光の子ども 3巻セット

  • 税込価格:5,28048pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦争、科学、ファシズム、女たち、地震、デマ−。2011年生まれの少年光と猫のエルヴィンが「放射能」の歴史をひもとく物語。放射能をとりまく歴史がわかる年表、地図、ブックリストも収録。【「TRC MARC」の商品解説】

第一部、ここに完結。

1898年、マリ・キュリーが名づけた〈放射能〉の歴史を、2011年生まれの光少年と猫のエルヴィンが案内します。

戦争、科学、ファシズム、女たち、地震、デマ ――
重層的なテーマを、和紙に描かれた漫画、テキスト、写真や図など
膨大な資料のコラージュで表現。

1915年 フリッツ・ハーバーの毒ガスが初めて戦場で使われる。その妻クララ・イマーヴァール自殺。
1918年 リーゼ・マイトナーら新元素プロトアクチニウム発見。
1919年 アインシュタイン、(最初の妻)ミレヴァと離婚成立。
1920年 ラジウムペイントの腕時計が大流行。
1921年 ヒトラー、NSDAP通称ナチ党の代表に。
1923年 関東大震災。
1925年 ムッソリーニ、イタリアで独裁を開始。日本で治安維持法公布。

〈放射能〉と、今日直面するエネルギー問題のつながりを読みとくアート・コミック。
注目の作家がライフワークとして取り組む,、〈歴史〉を捉え直す試み。【商品解説】

著者紹介

小林 エリカ

略歴
小林エリカ(こばやし えりか)
1978年生まれ。作家・マンガ家。著書、小説『マダム・キュリーと朝食を』(集英社)にて
芥川賞・三島賞候補に。アンネ・フランクと実父の日記をめぐる『親愛なるキティーたちへ』
(小社)、短編集『彼女は鏡の中を覗き込む』(集英社)、作品集『忘れられないの』(青土社)他。
展示に、個展『野鳥の森 1F』(Yutaka Kikutake Gallery 、東京)、
グループ展『The Radiants』(Bortolami Gallery、ニューヨーク)他。
〈kvina〉としてポストカードブック『Mi amas TOHOKU 東北が好き』(小社)など。
http://erikakobayashi.com/

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。