サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】東京ニュース通信社 全品ポイント5倍

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン(~1/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

月の満ち欠け
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 53件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/10/05
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:15cm/408p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-001411-3
文庫

紙の本

月の満ち欠け (岩波文庫的)

著者 佐藤 正午 (作)

【直木賞(157(2017上半期))】自分が命を落とすようなことがあったら、もういちど生まれ変わる−。この娘が、いまは亡き我が子? いまは亡き妻? いまは亡き恋人? そう...

もっと見る

月の満ち欠け (岩波文庫的)

税込 935 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【直木賞(157(2017上半期))】自分が命を落とすようなことがあったら、もういちど生まれ変わる−。この娘が、いまは亡き我が子? いまは亡き妻? いまは亡き恋人? そうでないなら、はたしてこの子は何者なのか。さまよえる魂と数奇なる愛の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

あたしは,月のように死んで,生まれ変わる――この七歳の娘が,いまは亡き我が子? いまは亡き妻? いまは亡き恋人? そうでないなら,はたしてこの子は何者なのか? 三人の男と一人の女の,三十余年におよぶ人生,その過ぎし日々が交錯し,幾重にも織り込まれてゆく,この数奇なる愛の軌跡.プロフェッショナルの仕事であると選考委員たちを唸らせた第一五七回直木賞受賞作,待望の文庫化.(特別寄稿:伊坂幸太郎)【商品解説】

目次

  • 午前十一時
  •  1
  •  2
  •  3
  •  4
  • 午前十一時半
  •  5
  •  6
  •  7

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー53件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

一気読みしました

2019/12/11 21:48

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いろは - この投稿者のレビュー一覧を見る

出だしは、よく分からないな、どういう話になるのかなとゆっくり読み進めていったが、いつの間にか引き込まれていた。
何がどうとかは説明できないのに、読んでよかった、面白かったと思える小説だった。
何かを信じるということ、何かを信じないということ、何かを信じたいと思うこと、それをもたらした強い執着を愛情という言葉で置き換えていいものか。あるいはそれこそが人の求める運命の愛というものなのか。などと考えること自体が余計なことかもしれない。とにかく面白い小説だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

直木賞を受賞した傑作です!

2019/11/26 14:22

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、佐藤正午氏による作品で、直木賞を受賞されたということで、私は同氏の小説を初めて読みました。内容は、少し複雑で、三人の男と一人の女の30余年におよぶ人生とその過ぎし日々を幾重にも織り込みながら描かれており、なかなか数奇と言える作品です。私もいろいろな小説を読みましたが、このような小説は初めてでした。ぜひ、一度多くの方々に読んでいただきたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトルからは。。。

2019/12/24 16:41

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:deka - この投稿者のレビュー一覧を見る

佐藤正午さんのものを初めて読みました。がタイトルだけだと穏やかな感じなのかなと勝手に想像して読み始めたのですが時間・場面が行き来するのにどんどんひきつけられていきました。
初代瑠璃の年齢まで2代目3代目が生きていたらどうなっているのか、色々想像が広がっていく余韻が残る面白い本だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女性目線でも読んでみたい

2019/11/14 13:32

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

生まれ変わってでも添い遂げたい、と思わせる男ってどんな感じだろう。その思いで再度の人生で前世の男を追い求める女性は、一歩間違えればストーカー。この物語は終始焦燥感にかられた不安感、漠然とした忌避感を感じさせる。それでも最後まで読まれるのは物語の力。男の勝手な妄想的ロマンにも感じるから、女性目線でも読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気読みしました

2019/11/15 15:23

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

輪廻転生がモチーフになると、時を超えて、時代をまたいでの大きな話になるものと思っていました。この作品は「月の満ち欠け」のタイトルのように、その際来るが短さが一つのキーになっていました。物語の週末で明らかになる、主人公の妻の夫への秘めた思いがじんわりと心にしみました。
登場人物のエピソードが前後して展開するので、間を開けずに一気に読んだ方が流れを終えると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/12/31 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/26 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/15 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/25 17:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/22 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/03 11:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/16 18:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/01 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/13 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/18 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。