サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/12/13
  • 出版社: アルタープレス
  • サイズ:19cm/330p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-910080-00-0

紙の本

東西冷戦史 1 二つに分断された世界 (戦史・紛争史叢書)

著者 山崎 雅弘 (著)

朝鮮戦争、ベトナム戦争、インドシナ戦争−。東西冷戦期に勃発した数々の凄惨な戦いを多角的に検証。現在も繰り返される「不信と憎悪の構造」を解き明かす。『歴史群像』掲載を加筆・...

もっと見る

東西冷戦史 1 二つに分断された世界 (戦史・紛争史叢書)

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

朝鮮戦争、ベトナム戦争、インドシナ戦争−。東西冷戦期に勃発した数々の凄惨な戦いを多角的に検証。現在も繰り返される「不信と憎悪の構造」を解き明かす。『歴史群像』掲載を加筆・改稿。【「TRC MARC」の商品解説】

なぜ人々は世界を分断し、対立するのか?
多方面で活躍中の論客・山崎雅弘(戦史・紛争史研究家)がそのメカニズムを詳細に、かつ明快に分析。近現代の“戦争のリアル”を描く歴史書籍シリーズの第1弾となる本書では、第二次大戦後の世界で現在も繰り返される「不信と憎悪の構造」の始まりとなった東西冷戦について深く分析。朝鮮戦争、ベトナム戦争、インドシナ紛争など、東西冷戦期に勃発した凄惨な戦いの数々を多角的に検証する。

目次

はじめに
第一章 戦後世界の新秩序と「国連」の誕生
第二章 ベルリン封鎖 1948
第三章 朝鮮戦争 1950 ~ 1953
第四章 インドシナ戦争
第五章 ベトナム戦争 1965 ~ 1975
第六章 ラオス・カンボジア紛争【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 第一章 戦後世界の新秩序と「国連」の誕生
  • 第二章 ベルリン封鎖 1948
  • 第三章 朝鮮戦争 1950 ~ 1953
  • 第四章 インドシナ戦争
  • 第五章 ベトナム戦争 1965 ~ 1975
  • 第六章 ラオス・カンボジア紛争

著者紹介

山崎 雅弘

略歴
〈山崎雅弘〉1967年大阪府生まれ。戦史・紛争史研究家。著書に「日本会議」「「天皇機関説」事件」「歴史戦と思想戦」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

初学者のテキストに

2020/01/25 23:59

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:市民市 - この投稿者のレビュー一覧を見る

時事問題関連の著作の話題性の故か、そちらが山崎氏の本業と思われている方も多そうですが、今刊は戦史・紛争史研究者たる山崎氏の本領発揮といったところでしょうか。

ベルリン封鎖や朝鮮戦争、インドシナ〜ベトナム戦争の流れなどは、それぞれ個別のキーワード群は目にしていても、それらがどう連関して事態が推移していったのかを捉えきれている人は少数でしょう。
近現代史に多いそうした「名前しか知らない」実質未知部にサクッと触れられるので、期待よりも読後の満足感が上回るように感じます。

敗戦後の日本は冷戦構造下「外国≒アメリカ」のシンプルな(画一的な)世界認識価値観に基づき、わき目も振らず(何も考えず)自動車など工業生産を主とした経済活動に専念し、朝鮮戦争特需や世界的な成長傾向に助けられ、それなりの復興を遂げました。
そのベース、時代背景である冷戦構造というものがどのような経緯で形成されたものなのかを知らず、通り一遍の「資本主義と共産主義の対立」という耳なれたフレーズに括るだけでは理解不能なところが多く、そうした態度では今後の正しい状況判断の妨げともなりかねないとの認識を新たにしました。

映画や書籍などでベトナム戦争にはある若干の予備知識や断片的なイメージを持っていましたが、例えば「テト攻勢」がどのような意味でアメリカにダメージを与え、なぜ北ベトナム側に全く予想し得なかった戦略的効果をもたらしたのかといったことなどは、正直知りませんてした。

全編にわたって簡潔にまとめてあり、とても分かりやすいです。

初学者のための入門テキストとして、非常によいと思います。

シリーズものらしいので続刊にも期待しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。