サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/11/29
  • 出版社: 英明企画編集
  • サイズ:21cm/175p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-909151-05-6

紙の本

弔いにみる世界の死生観 (シリーズ比較文化学への誘い)

著者 小西 賢吾 (編),山田 孝子 (編)

世界各地の人々は、死と死後の世界をどのように認識し、いかなる儀礼によって送るのか。思想や教義、伝統に基づく弔いのありようと死のとらえ方を観察し比較するなかから、共通性と差...

もっと見る

弔いにみる世界の死生観 (シリーズ比較文化学への誘い)

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界各地の人々は、死と死後の世界をどのように認識し、いかなる儀礼によって送るのか。思想や教義、伝統に基づく弔いのありようと死のとらえ方を観察し比較するなかから、共通性と差異を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

死と死後の世界をどう認識し、いかなる葬送儀礼を執り行って送り出すのか。

死者と生者との関わりをいかに取り結び、どんな供養をいつまで続けるのか。

そもそも死とは恐れるべきものか、喜ぶべきものなのか──。

死に対する考え方は、世界の各民族・宗教によってさまざまです。

輪廻転生の考えに基づいて遺体を「器」としか捉えていない人びともいれば
火葬など遺体が損壊されることは許されないと考える社会も存在します。

「あの世」の存在を認め、死後はそこに行き
特定の時期に「この世」に戻ると考える社会もあれば
来世での復活までは死者はお墓で待機していると考える民族もいます。

こうした死に対する多様な考え方とそれに基づく弔いの方法はすべて、
個人では受け止めきれない人の「死」という社会的喪失を
いかに受け止めて乗り越えてゆくか
その知恵と方法論が蓄積され結晶化されたものだと考えることができます。

本書では、日本、ヨーロッパ、アフリカ、インド、中央アジア、東南アジア、
ミクロネシア、極北地域などの各地について
仏教、イスラーム、キリスト教等の教義に基づく弔いのありようと
死生観・来世観を比較して観察し
世界の各地に暮らす人びとが、全生物に共通して訪れる「死」をいかに受け容れ
乗り越えているのかを学びます。【商品解説】

目次

  • 刊行にあたって
  • ◆座談会Ⅰ
  • 「『死』と『死者』と『死後』のとらえ方──死は悪であり、死者は畏怖の対象なのか」
  • 小河久志+川村義治+川本智史+桑野萌+小磯千尋+小西賢吾+坂井紀公子+アヒム・バイヤー+藤本透子+本康宏史+山田孝子
  • ◆論考
  • 「人はなぜ弔うのか──『弔い』の宗教的・社会的意味の比較文化」
  • 山田孝子

収録作品一覧

「死」と「死者」と「死後」のとらえ方 小河久志 述 9−38
人はなぜ弔うのか 山田孝子 著 39−64
イスラームとキリスト教の弔いと死生観 小河久志 述 65−86

著者紹介

小西 賢吾

略歴
〈小西賢吾〉金沢星稜大学教養教育部准教授。著書に「四川チベットの宗教と地域社会」など。
〈山田孝子〉金沢星稜大学人文学部教授。京都大学名誉教授。著書に「アイヌの世界観」「南島の自然誌」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。