サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/01/23
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/192,18p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431805-7
新書

紙の本

江南の発展 南宋まで (岩波新書 新赤版 シリーズ中国の歴史)

著者 丸橋 充拓 (著)

中国は、北は草原世界、南は海域世界へと開かれている。長江流域に諸文化が展開する先秦から、モンゴルによる大統一を迎える南宋末までの長いスパンで「海の中国」を俯瞰。栄えゆく姿...

もっと見る

江南の発展 南宋まで (岩波新書 新赤版 シリーズ中国の歴史)

税込 902 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中国は、北は草原世界、南は海域世界へと開かれている。長江流域に諸文化が展開する先秦から、モンゴルによる大統一を迎える南宋末までの長いスパンで「海の中国」を俯瞰。栄えゆく姿を、社会の重層性にも着目しつつ描く。【「TRC MARC」の商品解説】

ユーラシアを見わたせば,中国は,北は遊牧世界,南は海域世界へと開かれている.第二巻は,長江流域に諸文化が展開する先秦から,モンゴルによる大統一を迎える南宋末までの長いスパンで「海の中国」を通観.中原と対峙・統合を重ねながら,この地域が経済・文化の中心として栄えゆく姿を,社会の重層性にも着目しつつダイナミックに描く.【商品解説】

先秦から南宋まで,社会の重層性にも着目しつつ,栄えゆく「海の中国」をダイナミックに描く.【本の内容】

目次

  • いま 、中国史をみつめなおすために――シリーズ 中国の歴史のねらい(執筆者一同)
  • はじめに
  • 第一章 「古典国制」の外縁――漢以前
  •  一 長江流域の諸文化
  •  二 「楚」の血脈
  •  三 「古典国制」と対峙する人びと

著者紹介

丸橋 充拓

略歴
〈丸橋充拓〉1969年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。専門は中国隋唐史。島根大学学術研究院人文社会科学系教授。著書に「唐代北辺財政の研究」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

江南とそこから広がる水運で繋がる世界の話と共に専制国家と対置する民衆・アウトローの話についても著述

2020/02/20 14:33

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

劉邦は咸陽を落とした際に蕭何を使って秦の統治制度を支える図籍・文書を抑えた。長安のある帝国の西半分は郡県政、東半分は封建制とする現実主義的な郡国制をとったのは、旧六国への配慮だったが、功臣たちを王として処遇した後は、徐々に勢力を削ぎ(狡兎死して走狗煮らる)、劉一族を王に据える。やがてその王たちも封土を減らされ、反発した諸侯は呉楚七国の乱を起こす。アウトローの世界を感じるために副読として水滸伝は欠かせないな、と感じた。中国社会と欧州・日本社会との違いについても述べられていて改めて気付かされるところもあった。『侯景の乱始末記 南朝貴族社会の命運』(吉川忠夫、志学社)と一緒に読むと興味深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新しい試み

2020/01/23 10:10

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

歴史書、それも中国史の書籍は星の如くあります。本シリーズは、単にコンパクトで読みやすいだけでなく、歴史の縦と横を考えて構成されているのが良いです。歴史の縦は、時間の流れです。横は空間的(地域的)広がりです。本書は、シリーズ第2巻ですが、宋あるいは南宋(横)がメインでそれに至る歴史(縦)も説明されており分かりやすいです。第1巻の唐の時代などと重なることがありますが、また違った視点で説明されているので、復習にもなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

江南の発展に由来する中国社会構造の独特さ

2020/03/08 17:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Takeshita - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国社会の特殊性として一君万民的な社会が未だに続いていること、日本の村落や西洋のギルドのような一定の法治共同体が発達せず社会的流動性が高いこと、従って真の民主主義がないこと、一方人民は個々には極めて逞しく活力に満ちていることが指摘されている。中国の統治は中原から江南に次第に広がるが、実質的な統治権力は地方の郷党にあった。ただ郷党内は利益で結びついており、西洋の教会や日本の天皇のような権威はないからいざと言う時は脆い。その代わりに幇と言う横の繋がりが発達する。こうした中国社会の特殊性を江南を舞台に歴史的に叙述しており大変勉強になった。中国と言う国は一筋縄ではいかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/05/27 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/25 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/03 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/23 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/23 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。