サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/12/25
  • 出版社: フィルムアート社
  • サイズ:19cm/204p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8459-1830-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

男らしさの終焉

著者 グレイソン・ペリー (著),小磯 洋光 (訳)

男性が変われば世界全体をより良い場所にできるはず。異性装者でもあるアーティストが、「権力・パフォーマンス・暴力・感情」といった男性性の4エリアを検討し、新しい時代のジェン...

もっと見る

男らしさの終焉

税込 2,200 20pt

男らしさの終焉

税込 2,200 20pt

男らしさの終焉

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 12.3MB 無制限
Android EPUB 12.3MB 無制限
Win EPUB 12.3MB 無制限
Mac EPUB 12.3MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

男性が変われば世界全体をより良い場所にできるはず。異性装者でもあるアーティストが、「権力・パフォーマンス・暴力・感情」といった男性性の4エリアを検討し、新しい時代のジェンダーとしなやかな男性のあり方を模索する。【「TRC MARC」の商品解説】

どうしたら窮屈な“男らしさ”のスーツを脱げるのか?
男性はどこへ向かうべきなのか?

男性が変われば世界全体がより良い場所になる

──ターナー賞アーティストであり異性装(トランスヴェスタイト)のクレアとしても知られるグレイソン・ペリーが、新しい時代のジェンダーとしなやかな男性のあり方を模索する。


英国生まれのアーティストであり、TVメディアでパーソナリティを務めるグレイソン・ペリーは、12歳の時に自分の男性性に疑問を抱き、やがて女性の服を着ることに魅力を感じるようになりました。

暴力的な継父など周囲の男性たちやジェンダーの縛りのせいで苦しんだ経験をもつグレイソン・ペリーは、男性の最大の敵は、男性自身だといいます。
男性性の被害者は女性だけではありません。
男性自身もまたジェンダーを演じることに駆り立てられている犠牲者といえます。

大抵の男性はいい人で道理をわきまえています。
しかし、乱暴な人間、レイピスト、犯罪者、殺人者、脱税者、汚職政治家、セックス中毒、ディナーで退屈な話をするのは、なぜ男性ばかりなのでしょうか。

世界は絶えず変化しています。男性にも変化が必要です。
マッチョで時代遅れの男らしさと距離を置き、それとは別の男らしさを受け入れることで、世界にポジティブな変化をもららすことができるのです。

本書では主に男性性が支配する四つのエリアについて言及しています。
・権力(男性が世界を支配する様子)
・パフォーマンス(男性の服装と振る舞い)
・暴力(男性が犯罪や暴力に手を出す様子)
・感情(男性の感情)

グレイソン・ペリーは、人種、階級、性別、セクシュアリティ、経済学、人類学、社会学、および心理学など、さまざまな分野を横断しながら、冷静な(時には風刺を交えて)分析をしています。そして、本書の最後に、男性向けの未来のマニフェストを提示しています。

《男性の権利》
傷ついていい権利
弱くなる権利
間違える権利
直感で動く権利
わからないと言える権利
気まぐれでいい権利
柔軟でいる権利
これらを恥ずかしがらないでいい権利

社会で規範とされている男性像、男らしさの固定観念から自由になるために。
世界を少し違った形で見るために。

これからのジェンダー論、ついに刊行。【商品解説】

目次

  • 序:壊れてないなら直すなよ
  • 1章:魚に水のことを聞く
  • 2章:男性省
  • 3章:ノスタルジックマン
  • 4章:客観主義という殻
  • 終わりに:男たちよ、自分の権利のために腰をおろせ

著者紹介

グレイソン・ペリー

略歴
〈グレイソン・ペリー〉1960年イギリス生まれ。現代社会を風刺した、陶芸やタペストリーといったメディアの現代アート作品で知られる。テレビ番組の司会者、リース・レクチャーの講師、作家。ターナ賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

マチズモと距離を置きたい男性視点の本

2020/09/29 22:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゃび - この投稿者のレビュー一覧を見る

言ってること正しいと思えるし、面白いし読ませる。一番あーーーーと思わされたのは、女性はこれからの時代になりたい姿、目指したい姿がはっきりしているのに対し男性の理想像は未だ過去にしかない、有害な男らしさを抜きにした男性のロールモデルは未だ存在しないということ。でもそれってどんな姿なんだろう。
有害な男らしさから脱却した方が世のためでもあり自分のためでもあると理屈ではわかるし納得できたけど、実際のところ(著者もチラッと指摘しているように)家事をする人間はセクシーではないし、育児は重労働なわりに退屈でつまらない。こういう意識を捨て去るには相当強力なロールモデルが必要だと思う。でもそれがどういう姿だったら現実味を帯びるのか、自分にはまだピンとこない。これも著者が指摘していたことだけど、ジェンダーやフェミニズムに理解を示す男の中には他の男にマウントをとりたいがためにそうした振る舞いをする奴もいて、なんか信用できないんだよな……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

白人男性からの言葉。

2020/08/23 20:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性著者ではない。異性装をする、イギリスの白人男性が書いた本である。
 かつてあった男らしさが現代では有用でない、むしろ男性女性双方に害をもたらしているのではないか。その分析を解りやすい文章で綴っていく。
 男性だって弱い部分があるし、腕力に自信のない者だっているだろうし、LGBTQの問題だってある。一概に男はかくあるべきで、その規格で人の行動や社会を決めつけるのは窮屈であろう、著者はそう訴えていく。
 女性の服装とされるスカートを穿くのは異性装をする男性ばかり、なんて皮肉な事実も現れる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/03/21 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/28 11:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/11 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/24 01:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/10 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/06 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/04 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/21 03:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/04 16:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/02 02:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/26 10:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。