サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ギフトラッピング 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~8/21

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクションの通販
  4. ノンフィクション・ルポルタージュの通販
  5. 誠文堂新光社の通販
  6. 自衛隊最強の部隊へ 戦法開発・模擬戦闘編 敵の戦闘重心を打ち砕く“勝つため”の戦い方の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/03/09
  • 出版社: 誠文堂新光社
  • サイズ:19cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-416-52058-1

紙の本

自衛隊最強の部隊へ 戦法開発・模擬戦闘編 敵の戦闘重心を打ち砕く“勝つため”の戦い方

著者 二見龍 (著)

訓練ばかりでは、決して強くなれない! 福岡県北九州市小倉に駐屯する第40普通科連隊が、実戦で勝つための新戦法開発からその戦法を用いた模擬戦まで、実戦に特化した訓練に明け暮...

もっと見る

自衛隊最強の部隊へ 戦法開発・模擬戦闘編 敵の戦闘重心を打ち砕く“勝つため”の戦い方

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

訓練ばかりでは、決して強くなれない! 福岡県北九州市小倉に駐屯する第40普通科連隊が、実戦で勝つための新戦法開発からその戦法を用いた模擬戦まで、実戦に特化した訓練に明け暮れた日々の記録。電子書籍を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

(まえがきより抜粋)
 私が連隊長を務めた福岡県北九州市小倉に所在する第40普通科連隊は、ガンハンドリング・インストラクターのナガタ・イチロー氏からCQB技術を学び、市街地戦闘や小部隊の戦闘において高いレベルを保持していました(『自衛隊最強の部隊へ-CQB・ガンハンドリング編』参照)。
 同時期に、S氏を中心とするスカウト・インストラクターチームから、スカウトの技術も学び、敵に見つからない動き、偵察技術を身に付けました(『自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編』参照)。スカウトの技術は、他部隊にはほとんど広めていません。当時、他部隊がなかなか40連隊に追いつけなかったのは、40連隊がCQB技術とスカウトの技術を融合させていたからです。
 しかし、40連隊が全力で取り組んでいたものは、高強度の戦闘や火力戦闘であり、戦闘における戦法の開発だったことは、あまり知られていません。
 40連隊が一番得意なものは、戦車、特科火力を組み込んだ高強度の戦闘です。CQBとスカウトの技術を学ぶことにより、隊員個々の戦闘技術・情報収集能力を向上させ、高強度戦闘能力全体のレベルを上げ、40連隊としての新たな戦法の開発を第1の目標としました。
 戦法開発後、新たな戦法を駆使して連戦連勝のFTC対抗部隊を撃破することが、次の目標です。さらにその先の目標は、編み出した戦法を陸上自衛隊へ普及することです。連隊長でいられる時間は、通常2年でそんなに長い時間ではありません。どこまでいけるか、時間との戦いでした。

本書は、福岡県北九州市の小倉駐屯地に駐屯する第40普通科連隊が、真に、戦場で必要となる戦法の開発経緯、そして、実際にその戦法を用いた連隊規模での模擬戦闘を記録した電子書籍『戦闘重心を破壊せよ―40連隊の新戦法―PART.1』、『戦闘重心を破壊せよ―40連隊の新戦法―PART.2』の2冊を合本・再編集したものです。
どうしたら強くなれるのか…、その答えを求めて訓練に明け暮れた陸上自衛隊・第一線部隊の記録です。

■目次
◇第1部 戦法開発編
第1章 無敗の対抗部隊
第2章 小隊同士の自由対抗戦闘
第3章 無敗の部隊との戦い
第4章 「40連隊に戦闘技術の負けはない」始動
第5章 戦闘の重心を破壊し敵を崩壊させる

◇第2部 模擬戦闘編
第1章 戦法を作り練り上げる
第2章 ターゲティング・システム
第3章 LRRP(ラープ)
第4章 新戦法システム始動
第5章 実動による新戦法の運用
第6章 いざ、FTC部隊との戦いの地へ

******************************【商品解説】

目次

  • はじめに
  • ◇第1部 戦法開発編
  • 第1章 無敗の対抗部隊
  • 富士トレーニングセンター(FTC)
  • 敵陣地へ突入できない攻撃
  • 教範通りでは勝てない
  • 通常の訓練では真の情報の重要性が理解されていない

著者紹介

二見龍

略歴
〈二見龍〉防衛大学校卒業。中央即応集団司令部幕僚長、東部方面混成団長などを歴任し、陸将補で退官。株式会社カナデンに勤務。戦闘における強さの追求、生き残り任務の達成方法などを執筆。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2020/07/16 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/26 18:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。