サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 医学の通販
  4. 医学の通販
  5. 金剛出版の通販
  6. 心の解離構造 解離性同一性障害の理解と治療の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

心の解離構造 解離性同一性障害の理解と治療
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:医療従事者
  • 発売日:2020/02/25
  • 出版社: 金剛出版
  • サイズ:22cm/425,28p
  • 利用対象:医療従事者
  • ISBN:978-4-7724-1744-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

心の解離構造 解離性同一性障害の理解と治療新刊

著者 エリザベス・F・ハウエル (著),柴山雅俊 (監修),柴山雅俊 (訳),宮川麻衣 (訳)

虐待・暴力から生き延びるために解離した「私」の痕跡たち。彼ら内なる他者との対話を始めるために何ができるのか? 症例呈示、脳科学、夢体験、鑑別診断論を通じて解離を象り、多彩...

もっと見る

心の解離構造 解離性同一性障害の理解と治療

税込 5,720 52pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

虐待・暴力から生き延びるために解離した「私」の痕跡たち。彼ら内なる他者との対話を始めるために何ができるのか? 症例呈示、脳科学、夢体験、鑑別診断論を通じて解離を象り、多彩な精神療法を提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

怒れる迫害者あるいは弱き幼き子として、虐待・暴力から生き延びるために解離した「私」の痕跡たち……彼ら内なる他者との対話を始めるために治療者には何ができるのか?
解離された自己状態は、解離性障害のみならず、境界性パーソナリティ障害、さらには健康度の高い神経症の患者においても経験され、そこでは解離がスプリッティングや葛藤として体験されている。ハウエルが拠って立つ関係論志向のアプローチでは、他者との対人関係から心の構造を理解しようとし、個人の病理は患者の主体と他者の主体との関係から生じ、治癒過程は患者の主体と治療者の主体の相互関係によって促されると考える。症例呈示、ヒステリーの歴史、精神分析、脳科学、夢体験、鑑別と併存、治療など、幅広く解離の全体像を描き出し、ミラーニューロンからポージェスの多層迷走理論、動物の防衛反応、ショアの右脳による暗黙のプロセスまで多彩な神経生物学的研究に言及し、さらに内的家族システム療法、カープマンのドラマ三角形、催眠療法、イメージ療法などについても紹介して、精神分析の枠を越えた様々な精神療法の試みをバランス良く提示している。
サンクチュアリを確保する「段階的治療」と交代者の内なる対話を起動する「関係論志向の統合的技法」からなる、解離治療技法の決定版。【商品解説】

目次

  • 第1部 解離性同一性障害を理解する
  • 1-解離性同一性障害を有する三人の人生と精神療法
  • 2-力動的無意識と心の解離構造
  • 3-「(私のなかの)私たち」――解離性同一性障害における人格構造
  • 4-トラウマ障害としての解離性同一性障害
  • 5-解離した自己状態、トラウマ、無秩序型アタッチメント
  • 6-解離された自己状態の構造と精神力動に関連する神経生物学的研究
  • 7-解離した自己状態――その生成と文脈化
  • 第2部-解離性同一性障害を治療する

著者紹介

エリザベス・F・ハウエル

略歴
〈エリザベス・F.ハウエル〉精神分析家・トラウマ研究者。国際解離研究会の解離性障害治療研修部会の共同監修者、国立精神療法トラウマ研究プログラム協会の教員を務めている。執筆・講演活動に加えて、ニューヨークでの個人開業にも従事する。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

精神神経科学 ランキング

精神神経科学のランキングをご紹介します精神神経科学 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。