サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2020/03/06
  • 出版社: 文学通信
  • サイズ:22cm/447p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-909658-24-1
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

近世前期江戸出版文化史

著者 速水 香織 (著)

江戸の大衆文化を作りあげた書肆たちの活動とは。断片的な情報しか残されていない享保期以前の江戸出版界とその文化を、当時の作品群の分析を交えつつ明らかにする。近世前期に活動し...

もっと見る

近世前期江戸出版文化史

税込 9,680 88pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

江戸の大衆文化を作りあげた書肆たちの活動とは。断片的な情報しか残されていない享保期以前の江戸出版界とその文化を、当時の作品群の分析を交えつつ明らかにする。近世前期に活動した「万屋清兵衛出版年表」も付す。【「TRC MARC」の商品解説】

近世前期の江戸大衆文化を醸成した書肆たちと、そこから生み出された文化を探る。
三都(京・大坂・江戸)の出版界が互いに結びつきはじめる1670年代から、三都に本屋仲間が結成されて後、より組織的な活動が確立してゆく1750年代までの、江戸を中心とした出版文化の具体的な姿は、個々の書肆に関する資料が極めて乏しく、捉えきれていなかった。
そこで本書は、近世前期の江戸において大規模な出版活動を展開した書肆を複数選定し、その出版物を調査して年表化を行い、個々の出版活動の具体像を構築し直し、そこから地域としての特性や活動傾向を推測、書肆活動の文化史的な意義を明確にする。また商品として世に送り出された浮世草子を中心とする作品群と出版文化との係わりについても検討し、読者に受け容れられることを前提とした作品解釈をも試み、江戸前期の出版文化を立体的に提示した。付表として、近世前期に活動した「万屋清兵衛出版年表」を備える。
はじめて明らかになる、近世前期の江戸出版文化。

【近世前期の江戸に発達した出版文化は、同地が上方から見て文化的な後進地域であったこともあり、一六〇〇年代においては主体的な文芸の創出基盤として機能していたとは言い難い。しかし、元禄後期から宝永・正徳期、さらに享保期に本屋仲間が結成された出版機構が確立した後は、地域全体が活動幅の拡大を見せ、近世後期に至って上方を凌ぐまでの大衆文化を醸成してゆくのである。
 この文化的基盤形成の過程には、万屋清兵衛ら近世前期に活動を展開した書肆の存在がある。本書では、この文化史としての出版活動の展開の一端を、その流通経路に乗って世に送り出された作品群の分析を交えつつ明らかにすることを目的に、江戸文化の基底を成す出版文化の具体的様相を探った。】【商品解説】

目次

  • 第一編 近世前期における江戸出版界の諸相
    • 第一章 貞享・元禄期における三都の出版書肆
    • 第二章 元禄末年の江戸出版界
    • 第三章 正徳・享保期における江戸出版界と上方浮世草子
    • 第四章 中山道関連書籍の出版に見る三都本屋仲間の相克
  • 第二編 文芸の創出と出版文化
    • 第一章 近世前期文芸における大神宮と伊勢参宮
    • 第二章 『好色五人女』巻二「情を入し樽屋物かたり」における「ぬけ参り」の意味
    • 第三章 遊女となった息女
  • 第三編 江戸書肆万屋清兵衛

著者紹介

速水 香織

略歴
〈速水香織〉1974年三重県生まれ。皇學館大学大学院文学研究科博士後期課程国文学専攻修了。博士(文学)。信州大学学術研究院人文科学系日本文学分野准教授。専門は日本近世文学、出版文化史研究。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。