サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/03/17
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-02872-9

紙の本

小津安二郎の俳句

著者 松岡 ひでたか (著)

稀代の名監督・小津安二郎は、味わい深い俳句を多く残した。確認できる生涯二百二十余句すべてを掲載し、その映画人生との関連も含めて味わう、小津俳句鑑賞本。〔交友プランニングセ...

もっと見る

小津安二郎の俳句

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

稀代の名監督・小津安二郎は、味わい深い俳句を多く残した。確認できる生涯二百二十余句すべてを掲載し、その映画人生との関連も含めて味わう、小津俳句鑑賞本。〔交友プランニングセンター 2012年刊の加筆〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松岡 ひでたか

略歴
〈松岡ひでたか〉1949年兵庫県生まれ。俳人、俳句研究家、浄土真宗本願寺派僧侶。「竹久夢二の俳句」で俳人協会評論新人賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

そういえばあの映画のタイトルも季語

2020/08/13 16:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小津安二郎。日本の映画史上、あの黒澤明と人気を二分するだろう映画監督である。
 代表作といえば、「東京物語」(1953年)となるだろうが、「晩春」「秋日和」「秋刀魚の味」など美しい日本語を使ったタイトルの名画が多い。
 特に夏の季語にも採られている「麦秋」はラストの風に揺れる麦の穂の美しさ(白黒映画だが色を感じさせる映像の美しさ)に胸を打たれた人も多いと思う。
 そんな小津だが、生涯200句以上の俳句を残している。
 これは、自身俳人でもある松岡ひでたか氏が、小津の日記に残された俳句を読み解いた作品である。

 映画監督として巨匠と呼ばれた小津であるから、さぞかし俳味のある俳句を残していると思いきや、一つの句の中に季語を二つ詠み込む「季重ね」(しかも、別々の季節の季語を重ねていたりする)や「切れ字」を一つの句に二つ入れたりといった、俳句初心者がしばしばおかすミスの句がかなり多い。
 そういう点では小津の俳句は正式な勉強をしたわけではなさそうだ。
 もちろん、これだけの数を詠んでいるから、いい句もあって、私が気に入ったのは「藤咲くや屋根に石おく飛騨の宿」(昭和9年)や「春風や小田原外郎藤右衛門」(昭和10年)といったあたりだ。

 著者の松岡氏は「小津の“俳句”は、その俳句作品よりも、むしろそれ以上に映画作品に色濃く反映している」と見ている。
 小津安二郎の映画の魅力を読み解く、ひとつの鍵かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。