サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ポイントUPキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/03/21
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/226,15p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431806-4
新書

紙の本

草原の制覇 大モンゴルまで (岩波新書 新赤版 シリーズ中国の歴史)

著者 古松崇志 (著)

中国はいかにして中国になったか。五胡十六国の戦乱から大元ウルスの統一まで、騎馬軍団が疾駆し隊商が行き交う広大なユーラシア東方を舞台に展開する興亡史を描きだす。【「TRC ...

もっと見る

草原の制覇 大モンゴルまで (岩波新書 新赤版 シリーズ中国の歴史)

税込 924 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中国はいかにして中国になったか。五胡十六国の戦乱から大元ウルスの統一まで、騎馬軍団が疾駆し隊商が行き交う広大なユーラシア東方を舞台に展開する興亡史を描きだす。【「TRC MARC」の商品解説】

南の中原に拠る農耕王朝と北の草原に拠る遊牧王朝。生業を異にする二つの王朝は、千年にわたり対峙し、たがいに覇権を争った。五胡十六国の戦乱から大元ウルスの統一まで、騎馬軍団が疾駆し隊商が行き交う、広大なユーラシア東方を舞台に展開する興亡史。伝統的な中華史観の枠組みを超え、多様な民族が往来する多元世界の歴史を描きだす。【商品解説】

五胡十六国時代から大元ウルス一統まで,騎馬軍団が疾駆する広大なユーラシア東方を舞台に展開する興亡史.【本の内容】

目次

  • いま、中国史をみつめなおすために――シリーズ 中国の歴史のねらい(執筆者一同)
  • はじめに
  • 序 章 ユーラシア東方史と遊牧王朝
  •  一 中央ユーラシアの騎馬遊牧民
  •  二 遊牧と農耕が出会うユーラシア東方史
  • 第一章 拓跋(タブガチ)とテュルク
  •  一 鮮卑拓跋部と北魏

著者紹介

古松崇志

略歴
〈古松崇志〉1972年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程退学。同大学人文科学研究所准教授。博士(文学)。専門はユーラシア東方史。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

歴史に興味ある人が現在の到達点をさらいたい時に読むと良い作品

2020/05/19 15:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この四半世紀の日本を中心に進んだ研究を網羅した決定版の趣がある。そしてついに「征服王朝」というタームが消えた。日本史だけでの理解はありえない。中国はもとより半島との関わりを考えないと、列島の歴史を動かす要因は見えてこない。もっといえばヨーロッパまで横断可能は機動力と戦闘力を持つ草原の騎馬民族の興亡史が背景にない各国史は意味なくなるかも。徹底的に中国史を「草原から」描くというのがこの本の狙いか。唐を拓跋政権としたり、宋を沙陀系王朝の系譜に繋げたりとかなり強い言葉を使っているが、それくらいのインパクトが必要ということか。北魏や突厥、契丹、金に大きく紙面をさき、普通中国史では宋がメインで「その他諸々」になってしまうところを、宋代をユーラシア東方の「他国体制」として周辺の国家の存在を宋と「同等に」扱う概念など、「中国史」とされてきた考え方を打ち破るインパクトが感じられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界史的意味

2020/03/22 10:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国史における元の時代は、世界史的に見てとくにユーラシア大陸ではジンギス汗以来大転換期の時代である。それを踏まえての中国史である。つまり、中国史という縦軸とユーラシア・大モンゴルという横軸をどのように交差させるかが重要です。本書は、とくに東アジアについてその視点を踏まえて説明がされていて、入門書として良いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/03/31 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/28 12:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/22 11:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/16 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/18 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/27 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。