サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  よりよい人間関係のために ー学び直しと悩み解決のヒントー ~2/16

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/03/03
  • 出版社: キネマ旬報社
  • サイズ:19cm/243p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87376-469-6

紙の本

俳優原田芳雄

著者 原田 章代 (著),山根 貞男 (著)

1970年代から2011年までの長きにわたって活躍し、変動する日本映画を支えた俳優・原田芳雄。妻・章代、石橋蓮司らのインタビューを通して、彼の作品と魅力をあらためて振り返...

もっと見る

俳優原田芳雄

税込 2,420 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1970年代から2011年までの長きにわたって活躍し、変動する日本映画を支えた俳優・原田芳雄。妻・章代、石橋蓮司らのインタビューを通して、彼の作品と魅力をあらためて振り返る。原田芳雄のインタビューも再録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

原田 章代

略歴
〈原田章代〉岡山生まれ。原田芳雄と結婚。俳人協会会員。茶道裏千家準教授。著書に「遊」など。
〈山根貞男〉1939年大阪生まれ。映画評論家。著書に「映画狩り」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

芳雄さんという問い掛けは!

2020/12/07 20:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るい - この投稿者のレビュー一覧を見る

芳雄さんと対談で質問される方の文字を目にすると井上芳雄さんが浮かぶ私。もちろん、原田芳雄さんの名前とお姿はテレビでも拝見した事はあったのですが、演じられた作品を観た記憶が無く。でも、調べてみると、いくつか拝見している事がわかりました。
役の中では、観た目も声も役の人そのままで、原田芳雄さんと認識する事がなかったことに気付きました。
子役時代から観ていた三浦春馬さんも、子役の時からそういう役者さんだったと思いました。
最初のプロデューサーである奥様と山根貞雄さんとの対談が一番私には興味深く面白く感じました。
仲代達矢さんと奥様の宮崎恭子さん、舞台の前後にお見かけしたり、本を読んでいて、お二人の関係性をふと思い出したり、演劇に対する想いを新たにしました。
又、前半を繰り返し繰り返し読みたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。