サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

2022冬の読書応援 200万ポイント山分けキャンペーン ~2/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 85件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/03/24
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/372p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-108896-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

凶犬の眼 (角川文庫 「孤狼の血」シリーズ)

著者 柚月裕子 (著)

日本最大の暴力団、神戸の明石組のトップが殺され、日本全土を巻き込む抗争が勃発。首謀者は対抗組織である心和会の国光寛郎だった。広島県北の駐在所で無聊を託っていた日岡秀一巡査...

もっと見る

凶犬の眼 (角川文庫 「孤狼の血」シリーズ)

税込 858 7pt

凶犬の眼

税込 858 7pt

凶犬の眼

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.4MB
Android EPUB 3.4MB
Win EPUB 3.4MB
Mac EPUB 3.4MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本最大の暴力団、神戸の明石組のトップが殺され、日本全土を巻き込む抗争が勃発。首謀者は対抗組織である心和会の国光寛郎だった。広島県北の駐在所で無聊を託っていた日岡秀一巡査の前に、潜伏していたはずの国光が現れ…。〔2018年刊の加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

悪徳刑事・大上章吾の血を受け継いだ日岡秀一。広島の県北の駐在所で牙を研ぐ日岡の前に現れた最後の任侠・国光寛郎の狙いとは?日本最大の暴力団抗争に巻き込まれた日岡の運命は?『孤狼の血』続編!【商品解説】

著者紹介

柚月裕子

略歴
1968年、岩手県生まれ。2008年、『臨床真理』で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、デビュー。13年『検事の本懐』で第15回大藪春彦賞を受賞。16年『孤狼の血』で第69回日本推理作家協会賞を受賞。丁寧な筆致で人間の機微を描きだす、今もっとも注目されるミステリ作家の一人。他の著書に『最後の証人』『検事の本懐』『検事の死命』『検事の信義』『蟻の菜園‐アントガーデン‐』『パレートの誤算』『朽ちないサクラ』『ウツボカズラの甘い息』『あしたの君へ』『慈雨』『盤上の向日葵』などがある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー85件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

最高です

2021/09/22 21:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Jung - この投稿者のレビュー一覧を見る

警察小説の最高峰に値する話だと思います。あっという間に柚月ワールドに引き込まれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

狂犬の目

2020/11/22 18:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

孤狼の血で村上(ガミさん)が死んで後を継いだ日岡の物語だがハードボイルドの世界が前作に引く続き前面に出て男の世界を描いていたように思います。女性の作家でありながら迫力もすごいと思いました。三部作ということなので次回作を楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魅力的なヤクザたち

2020/12/27 08:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

極道の話はあまり好きではないのに、柚木さんのこのシリーズは別格!今回は仁義に篤いヤクザから、料理のうまいヤクザと、沢山の魅力あるヤクザが登場。おかしな話ですけど、それが皆、妙に礼義正しい!そして前回同様、小料理屋志乃の料理も思わず食べたくなり、蛸飯が食べたいっ!と強く思います。こんな魅力的な設定がストーリーに色を添えていて、最後まで面白く読みました。いよいよ決断した日岡、次作が本当に楽しみです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

三部作で一番痺れる

2021/07/11 18:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チェリまほっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

日岡と国光の近づきすぎてはいけないけど絆が生まれてのやりとりが
ヒリヒリした。正義とは悪とは、と何度も何度も考えさせられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ガミさんなくとも…

2020/05/07 21:10

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

田舎の風景も多少味わいながら、一見スローペースと思いきや後半は動く感じです。ガミさんのいた前回とはまた違った静かな展開といった感じですが、最後の最後で続きが気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

★★★

2020/10/07 13:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハマさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「虎狼の血」シリーズの第2作です。
基本やくざ物はあまり好まないのです。
特に、やくざが美化されて描かれているものは
読み物としては面白いのですが、「良いやくざ」が描かれているので、★三つにしました
でも、たぶん第3作も読むと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

主人公に魅力がない

2021/05/21 14:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hid - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作の主人公はバックボーンと経歴があったからこその唯一無二の存在だったけど、
今作の主人公は、たまたま前作の主人公と一緒に活動してただけ。
それなのに、なんでやたらとヤクザに気に入られれてるのか不明。
大したことしてないし。
流されてるだけ。
ヤクザの話も分かりにくい。
敵対してた組織の傘下にあっさり入っちゃうの?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/04/10 09:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/30 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/17 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/11 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/18 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/19 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/16 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/06 07:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。